あやしい彼女

劇場公開日:

あやしい彼女

解説

20歳の姿に若返ってしまった毒舌おばあちゃんが巻き起こす騒動を描いた韓国のヒット映画「怪しい彼女」を、「謝罪の王様」「舞妓Haaaan!!!」の水田伸生監督がリメイク。ヒロインの20歳の姿を多部未華子が、73歳の姿を倍賞美津子が演じる。女手ひとつで娘を育てあげ、自分の望む人生を送ることができなかった73歳の瀬山カツは、ある日、娘とケンカして家を飛び出すい。吸い寄せられるように1軒の写真館にたどり着いたカツは、そこで写真を撮り、店を出ると20歳の姿に戻っていた。かつての美しい姿を取り戻したカツは、髪型や洋服、さらに名前も節子と変え、新しい人生を楽しみはじめる。やがて商店街ののど自慢大会に出場し、昭和歌謡を熱唱して会場中を魅了した彼女に、夢見ていた歌手になるチャンスが舞い込む。

2016年製作/125分/G/日本
配給:松竹
劇場公開日:2016年4月1日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2016「あやカノ」製作委員会 (C)2014 CJ E&M CORPORATION

映画レビュー

4.0多部ちゃんファン必見

2024年1月1日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
プライア

4.5多部未華子がかわいい。 娘と親子喧嘩をした73歳のカツが、ある写真...

2023年8月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

笑える

多部未華子がかわいい。
娘と親子喧嘩をした73歳のカツが、ある写真館を訪れ20歳の頃に戻るというファンタジー。
20歳ながら中身は変わらないので、若いながらも毒舌を吐く多部未華子がおもしろくてかわいい。歌も心地よい声をしていてびっくり。
自分のやりたいことが出来なかったけど、娘のために生き、娘を自慢することが生きがいというのも生き方は人それぞれ。そんなメッセージも良かった。
ローマの休日のお姫様の休日が終わるという表現も素敵だったな。
けっこう楽しめておもしろかったです。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
よっしー

4.0多部未華子の魅力全開

2023年4月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

幸せ

本作は、嫌われ者の毒舌老婆が、あるきっかけで20歳代に若返り、かつて失った青春を謳歌するという異色作品である。

現実離れした話だが、老婆役の倍賞美津子と若返った老婆役の多部未華子の演技力が抜群なので、話の展開がリアルに感じられる。

なんといっても、多部未華子の演技が出色の出来栄えである。元来、この手の役、本作では、老婆の心を持った若い女性という役を演じさせたら、現在の日本では彼女が段トツで上手い。最適役である。

加えて、本作では、『見上げてごらん夜の星を』、『真っ赤な太陽』、『悲しくてやり切れない』などの熱唱シーンが圧巻。選曲も最高だが、多部未華子の哀切感溢れる歌声、表情、仕草、衣装で、我々観客は、老婆が過してきた時代の雰囲気に浸ることが出来る。あの日に戻ることができる。

本作は、多部未華子の代表作になるだろう。

コメントする 4件)
共感した! 20件)
みかずき

3.0多部未華子

2023年3月4日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

演出がベタでしんどいところもあったが、多部さんのスタイル、歌がとても良かった。このあと多部さんは現在に至り、とても綺麗になっておられる。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
ひぐらし
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る