お!バカんす家族

劇場公開日

お!バカんす家族
11%
54%
27%
5%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ハングオーバー!」シリーズ、「なんちゃって家族」のエド・ヘルムズが主演し、バカンス旅行にでかけた一家が、次々と思いがけない騒動に巻き込まれていく姿を描いたコメディ。妻と2人の息子を持つラスティは、近頃すっかり薄れてしまった家族の絆を再び取り戻そうと、同じ場所ばかりでマンネリ化していた毎年恒例の家族旅行を一新。国民的テーマパーク「ウィリー・ワールド」を目指し、レンタカーでアメリカ横断の旅に出発する。しかし、楽しいはずの家族旅行は、行く先々で災難に見舞われてばかりで……。「マイティ・ソー」「アベンジャーズ」シリーズで人気のクリス・ヘムズワースが、ラスティの義理の弟役で出演。「モンスター上司」の脚本で知られるジョナサン・ゴールドスタイン&ジョン・フランシス・デイリーが脚本のほかメガホンもとり、監督デビューを果たした。

2015年製作/99分/PG12/アメリカ
原題:Vacation
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

映画レビュー

4.0トップ100

2022年2月11日
Androidアプリから投稿

面白い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ベスト映画トップ100

笑える!豪華カメオスターたちも楽しそう

2021年11月7日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

「ハングオーバー」でも、まじめな性格が邪魔をしてうまくハメを外せないキャラを熱演していましたが、エド・ヘルムズが今回も家族で浮いているお父さんを好演。

謎の装備満載のレンタカーは、秘密のボタンを押すごとに意味不明のアクトを繰り出し爆笑を生み出す。

キャラクターの描き方が自然で、この手の映画にしては演出過剰にならないで地に足が着いた人物描写になっている。

豪華カメオスター陣の登場も嬉しい限り。
「マイティー・ソー」のクリス・ヘムズワース。
「フューリー」のマイケル・ペーニャ。
「ウォーキング・デッド」のノーマン・リーダス。
他にも、あちこちに豪華脇役陣が控えている。

オリジナルキャストのチェビー・チェイスとビバリー・ダンジェロの登場もお楽しみ。

最近見たコメディでは、一番面白かった。
PG12ですが、誰かと一緒にバカ騒ぎしながら見ると楽しいでしょう。

2016.9.5

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ

4.0お!バカんす家族

m@_@mさん
2021年4月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

想像はできていたが

笑えた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
m@_@m

2.5マンネリでも

近大さん
2020年11月17日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

単純

端から日本未公開を狙った気のない邦題のオリジナルおバカコメディかと思いきや(意外にもちゃんと劇場公開)、実は本作、チェヴィー・チェイス主演で1980年代~1990年代に製作されたコメディ『バケーション』シリーズの第5弾。昔、『ナショナル・ランプーン クリスマス・バケーション』とか『~ベガス・バケーション』とか、見た事あるような無いような。
本作でトム・ヘルムズが演じる主人公は旧シリーズでチェイスが演じた主人公の息子が大人になった設定。シリーズのファンなら感慨深いだろう。

パイロットとなったラスティは家庭を持ち、一見平凡で幸せそうに見せるが…
最近どうも家族との関係が薄い事に悩む。
そこで、4000キロ離れたテーマパークまで、アメリカ横断の家族旅行に出掛ける…のだが。
蛙の子は蛙。トラブル、トラブル、トラブル…珍道中の始まり始まり~。

いきなりガス欠。
妻が母校で大ハッスル!&大失態…。
チョー汚いモーテル。
秘湯かと思ったら…。
イケメン筋肉ムキムキな義弟に振り回されっ放し。
川下りでガイドが…。
砂漠のハイウェイで車が大爆発!
そこへ、旅行の始まりから付け狙うトラックが現れて…!
楽しい楽しい(筈の)旅行は…?
家族の絆は…?

ハングオーバーしないトム・ヘルムズの爆笑演技や、しっかり者と思いきや学生時代に武勇伝を持つ妻、センチメンタルな長男、クソ生意気な弟、そのファミリーも愉快。
コリン・ハンクスにマイケル・ペーニャら豪華なゲストも。
あの雷神様も義弟役で! カッコいいヒーローだけじゃなく、こんなおバカ役を楽しげにやってくれるから、幅広く人気あるんだなぁ~。
でも雷神様以上の一番のSPゲストは、やはり“パパ”。歳は取ったけど、まだまだ笑いを誘い、そして息子を思う。

おバカで、おバカで、お下品で、不道徳な、毎度ながらのアメリカン・コメディ。
劇中に掛けて言うなら、マンネリ。
ラスティも旅行の目的はマンネリ打破。
でもマンネリであっても、最後はハッピーエンド。
家族もハッピーエンド。
さあ、家族旅行に行こう!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
近大
すべての映画レビューを見る(全22件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る