あの頃エッフェル塔の下で

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
あの頃エッフェル塔の下で
6%
34%
40%
20%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「そして僕は恋をする」などで知られるフランスの名匠アルノー・デプレシャンが監督・脚本を手がけた青春ドラマ。長い海外生活を終えて故郷フランスへ戻ることになった外交官で人類学者のポールは、パスポートに問題が見つかり空港で止められてしまう。自分と同じ名前のパスポートを持つ男に共産圏のスパイ疑惑がかけられていると聞いたポールは、心の奥にしまい込んでいた青春時代の思い出を呼び起こしていく。決して平凡とは言えなかった少年時代、危険に満ちたソ連への旅、そして憧れの女性エステルとの恋。パリの大学に通うポールと故郷リールで暮らすエステルは、互いを思いながら毎日のように手紙を書きつづっていた。数十年ぶりにエステルからの手紙を読み返したポールは、ある真実に気づく。若き日の主人公ポールとエステルには、本作が映画デビュー作となる新人俳優カンタン・ドルメールとルー・ロワ=ルコリネを抜擢。デプレシャン監督作の常連で「そして僕は恋をする」でも主人公ポールを演じた名優マチュー・アマルリックが現在のポールを演じた。

2015年製作/123分/R15+/フランス
原題:Trois souvenirs de ma jeunesse
配給:セテラ・インターナショナル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)JEAN-CLAUDE LOTHER - WHY NOT PRODUCTIONS

映画レビュー

5.0神田川だなぁ・・・

きりんさん
2019年1月2日
Androidアプリから投稿

パリなら、エッフェル塔の見える狭い屋根裏部屋。

東京なら、ズバリ神田川を見下ろす小さな下宿だろう。

女を愛しながら 猛烈に勉強もするあの頃の若者たちのララバイだった。

そして、あの日々の思い出をイジイジと今も引きずるってところだよねー。これってあの70年代を生きた人間たちの共通性なのかも知れないです、
かぐや姫ワールドです。

前半は、ラブストーリーのつもりでレンタルしたのにスパイ物を借りてしまったのか ??と面喰らった展開。
旧ソ連への潜入と旅券譲渡の後始末で、どうなる事かと思った。

でも、
「あの頃の自分」と「現在の自分」と、2つのポールのどっちが本物なのか、つながっているのか別物なのか。自分でもわからなくなるって象徴的なエピソードだったわけだ。

"分身"は死んだことを告げられて「自分の死亡報告書」を手に取るポール。刺さるシーン。
「あの頃のきみはもう死んだんだよね?」と、いきなり観賞者に差し向けられる問い。

フランス人も、こんなウェットな映画作るとは知らなかったわ。
------------
で、
唐突に自分語りをしますが-
僕も若い頃、いろいろ挫折して、嫁と子供を残してエッフェル塔に登りに行きました。

学生結婚だったな。
一緒にギリシャ語を勉強したのも映画と同じで(驚)。
塔の上からパリの煤気た象牙色の街並みを見渡して、そして手すりに寄りかかって真下を見下ろしたら、はるか遠くの緑の芝生に

Je t'aime Marie

と。芝生を靴で削って書いたのか、下手くそな大きな文字が読めた。
誰かがここでサプライズの告白したのね・・・

微笑ましくって、そこで日本の連れ合いへの絵はがきを書いた。彼女のあだ名もマリーだったのです。
・・・後年別れたけれど。

うひゃー!!
おいらも モロ「神田川」やってるし。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きりん

5.0振り返ることで見つかるその時には気づかなかった事

R Film Nさん
2018年2月23日
iPhoneアプリから投稿

美しくて知的。
そして俳優たちがまた良いね👍
観ているこっちもエステルの魅力に翻弄されてしまった。

最後のシーンが素敵。

人生に一度はあんな女性に出会いたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
R Film N

3.0若き日の冒険と恋

2017年6月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

楽しい

ポールは高校時代、親友ときゅソ連で向こう見ずなことをやった。
そして大学時代、エステルと熱烈な恋に落ちる。
この恋愛が変わっていて、フランス人もびっくりじゃないかな。
若いということは、それだけで楽しい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

2.0あの頃はあの頃。

ハチコさん
2016年5月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

知的

若気の至りとはよくいったもので、過去の恋愛の狂気性とか
無秩序とか破壊力とか自己中心的な身勝手さなどと色々ある。
それを懐かしむだけならいいのだが、グダグダネチネチ現在
に至るまでそういう執着を持つことはいかに気持ちが悪いか。
そんなカタチで衝撃のラストを観たのだが、ハッキリいって
そこまでのいかにもおフランス(ヌーヴェルバーグ調の)映画
男女遠距離性愛倒錯劇の方もかなり長く感じる。インテリ性
に満ち溢れた手紙の文面といい、まだ中身も分からないのに
語るよな~コイツら^^;とやや笑ってしまう。そこは面白い。
ただ結局やってることは、くっ付いたり離れたりの繰り返し、
段々こちらも疲れてくるのだ。あーあーまたやってる(爆)と。
バカバカしいほどのめり込んだその相手が今どんな風になり
どんな生活をしているのかまでは追いかけないところなんて
自分の想いに酔っていただけじゃないかと突っ込みたくなる。
あの頃エッフェル塔の下で恋愛した過去は汚したくないのね。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ハチコ
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「あの頃エッフェル塔の下で」以外にこんな作品をCheck-inしています。