劇場公開日 2015年12月19日

  • 予告編を見る

「神田川だなぁ・・・」あの頃エッフェル塔の下で きりんさんの映画レビュー(感想・評価)

3.09
6%
33%
39%
22%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

5.0神田川だなぁ・・・

きりんさん
2019年1月2日
Androidアプリから投稿

パリなら、エッフェル塔の見える狭い屋根裏部屋。

東京なら、ズバリ神田川を見下ろす小さな下宿だろう。

女を愛しながら 猛烈に勉強もするあの頃の若者たちのララバイだった。

そして、あの日々の思い出をイジイジと今も引きずるってところだよねー。これってあの70年代を生きた人間たちの共通性なのかも知れないです、
かぐや姫ワールドです。

前半は、ラブストーリーのつもりでレンタルしたのにスパイ物を借りてしまったのか ??と面喰らった展開。
旧ソ連への潜入と旅券譲渡の後始末で、どうなる事かと思った。

でも、
「あの頃の自分」と「現在の自分」と、2つのポールのどっちが本物なのか、つながっているのか別物なのか。自分でもわからなくなるって象徴的なエピソードだったわけだ。

"分身"は死んだことを告げられて「自分の死亡報告書」を手に取るポール。刺さるシーン。
「あの頃のきみはもう死んだんだよね?」と、いきなり観賞者に差し向けられる問い。

フランス人も、こんなウェットな映画作るとは知らなかったわ。
------------
で、
唐突に自分語りをしますが-
僕も若い頃、いろいろ挫折して、嫁と子供を残してエッフェル塔に登りに行きました。

学生結婚だったな。
一緒にギリシャ語を勉強したのも映画と同じで(驚)。
塔の上からパリの煤気た象牙色の街並みを見渡して、そして手すりに寄りかかって真下を見下ろしたら、はるか遠くの緑の芝生に

Je t'aime Marie

と。芝生を靴で削って書いたのか、下手くそな大きな文字が読めた。
誰かがここでサプライズの告白したのね・・・

微笑ましくって、そこで日本の連れ合いへの絵はがきを書いた。彼女のあだ名もマリーだったのです。
・・・後年別れたけれど。

うひゃー!!
おいらも モロ「神田川」やってるし。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きりん
「あの頃エッフェル塔の下で」のレビューを書く 「あの頃エッフェル塔の下で」のレビュー一覧へ(全9件)
「あの頃エッフェル塔の下で」の作品トップへ