クリミナル 2人の記憶を持つ男

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
クリミナル 2人の記憶を持つ男
10%
59%
28%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ケビン・コスナー主演で、CIAエージェントの記憶を脳に移植された囚人がテロリストとの戦いに挑む姿を描いたスパイアクション。米軍の核ミサイルをも遠隔操作可能なプログラムを開発した謎のハッカー「ダッチマン」の居場所を知る唯一の人物で、CIAのエージェントのビリーが任務中に死亡した。「ダッチマン」の脅威から世界の危機を救う最後の手段として、ビリーの記憶を他人の脳内への移植する手術が検討され、その移植相手として死刑囚ジェリコ・スチュアートが選ばれた。ジェリコは凶悪犯である自分自身と、脳内に移植されたCIAエージェントのビリーというまったく逆の2つの人格に引き裂かれながら、テロリストとの壮絶な闘いに巻き込まれていく。主演のコスナーほか、ゲイリー・オールドマン、トミー・リー・ジョーンズ、ライアン・レイノルズ、「ワンダーウーマン」のガル・ガドットら、新旧スターが顔を揃える。監督は「THE ICEMAN 氷の処刑人」のアリエル・ブロメン。

2015年製作/113分/G/イギリス・アメリカ合作
原題:Criminal
配給:KADOKAWA

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 発狂する唇
  • インスマスを覆う影
  • 乱歩 妖しき女たち
  • 爆裂魔神少女 バーストマシンガール
  • ハングマンズ・ノット
  • ファミリー☆ウォーズ
  • メランコリック
  • オー・マイ・ゼット!
  • トリハダ 劇場版
  • トリハダ 劇場版2
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2015 CRIMINAL PRODUCTIONS, INC. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0実はかなり攻めたことをやっている。

村山章さん
2017年2月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

興奮

ケビン・コスナーがいい。これはスターダムから凋落していった姿をリアルタイムで見てきた身からすると驚くべき復活劇である。まさか還暦を越えて「野蛮な凶悪犯」の役をものにするとは!

もちろん主人公だから物語上では善意に目覚めたりもする。しかし本作のコスナーは常に何をしでかすかわからない得体の知れなさをまとっていて、何やっても優等生キャラが抜けなかった過去とは完全に決別している。

コスナーの新境地が内容とみごとにシンクロしていたのが、後半の敵の女性を撲殺するシーン。敵とはいえハリウッドの娯楽アクションで大のオトナの主人公が戦闘能力を失った女性を叩き殺すなんてあり得ないはずなのだ。

でもこの映画を観て、越えてはいけない一線を越えた衝撃作だと思う人はいるまい。それはコスナーの演技の善と悪の振れ幅に説得力が宿っているからであり、その点だけでも実はとても攻めている、相当な野心作だと思うのである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
村山章

3.5還暦過ぎのコスナーが新境地に挑むが……

2017年2月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

興奮

ケビン・コスナーが珍しく凶悪犯罪者役。幼児期の怪我で脳が一部損傷して共感力や罪悪感が欠落した後天性のサイコパスだ。その未発達の脳部位に、殺されたCIA工作員の記憶を移植するという導入部に興味をそそられる。

でもSF的な要素はそれだけで、あとは基本的に王道のサスペンスアクション。善玉イメージが強いコスナーが、敵でも一般人でも容赦なく叩きのめすのは最初こそ新鮮だが、次第に単調に。

そもそも記憶移植の手術はまだ研究段階で動物実験のみ、主人公が最初の被験者になるという設定なのに、すでに高度な手術装置が完成しているのが変。何人もの患者に実験を繰り返し、その都度マシンを改良して完成に近づけるものだろうに。これに限らず、辻褄があわない点が散見され、ストーリーに入り込めない。

ライアン・レイノルズが早々に殺される役で不憫。ガル・ガドットは平凡な母親役だが、得意のアクションを見せてほしかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
高森 郁哉

4.0図らずも涙が、、、

2021年5月18日
Androidアプリから投稿

ジェリコがケヴィンコスナーだってこと、途中までわからないながらも、なんだか妙に頼りがいがあって、長い間番号でしか名前呼ばれたことがないとか、感情がないとかいうところで、広告で見た(ケーキが切れない子供達?)の本の話で生まれつき感情に乏しい子供達とか言うことを思い出したりしたら、 涙があふれでて、ものすごくいい人に見えてきた。おまけに、ケヴィンコスナーがかっこいい人だと感じたことはなかったけど、当たり前だけど大変外見に恵まれた人なんだと妙なことを再認識してみたり、なかなか面白かったです。ジェリコは脳を他人に云わば乗っ取られた訳だけど、本人はしあわせなのかしらん。ある意味これは大変危険な話です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マッターホルン2

4.0ケビン・コスナーの倍返し

bunmei21さん
2020年11月23日
iPhoneアプリから投稿

Huluで鑑賞。あまりメジャーには扱われず、地方では上映会場も少なかった作品でしたが、ケビン・コスナー主役に、よく練られた内容のサスペンス,アクション。

大切なデータの在処を知らせる前に殺されたCIAエージェントのビルの脳から,大切なデータの在処の記憶を移された悪党犯のジェリコ。悪党としての自分と、エージェントてしての家族思いの自分との狭間の中で、揺れ動くジェイコブの葛藤を、ケビン・コスナーが熱演。

全く、内容を知らないで鑑賞した為、最初、ジョイコブがケビン・コスナーとは気が付かずに観てました。それだけ、今までのスマートなイメージのケビンとは、かけ離れた役柄で、見た目も違っていて、新たな境地への挑戦を感じた。

脇を彩る俳優陣も、ゲイリー・オールドマン、トミーりー・ジョーンズ、そして、ワンダー・ウーマンのガル・カドットと豪華。ただ、トミーの動きには、やや年を感じてしまったのが残念。

ストーリーとしては、記憶の移植を絡め、途中までは息呑むサスペンス・アクションでした。しかし、最後は、チョット都合良過ぎのエンディングだったかな…(笑)

まぁ、ケビン・コスナーが、老体鞭打ちながらも、肉体改造までして挑んだアクションに、大きな拍手を送りたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
bunmei21
すべての映画レビューを見る(全90件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「クリミナル 2人の記憶を持つ男」以外にこんな作品をCheck-inしています。