劇場公開日 2017年2月25日

  • 予告編を見る

クリミナル 2人の記憶を持つ男のレビュー・感想・評価

3.590
10%
59%
28%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全90件中、1~20件目を表示

4.0実はかなり攻めたことをやっている。

村山章さん
2017年2月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

興奮

ケビン・コスナーがいい。これはスターダムから凋落していった姿をリアルタイムで見てきた身からすると驚くべき復活劇である。まさか還暦を越えて「野蛮な凶悪犯」の役をものにするとは!

もちろん主人公だから物語上では善意に目覚めたりもする。しかし本作のコスナーは常に何をしでかすかわからない得体の知れなさをまとっていて、何やっても優等生キャラが抜けなかった過去とは完全に決別している。

コスナーの新境地が内容とみごとにシンクロしていたのが、後半の敵の女性を撲殺するシーン。敵とはいえハリウッドの娯楽アクションで大のオトナの主人公が戦闘能力を失った女性を叩き殺すなんてあり得ないはずなのだ。

でもこの映画を観て、越えてはいけない一線を越えた衝撃作だと思う人はいるまい。それはコスナーの演技の善と悪の振れ幅に説得力が宿っているからであり、その点だけでも実はとても攻めている、相当な野心作だと思うのである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
村山章

3.5還暦過ぎのコスナーが新境地に挑むが……

2017年2月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

興奮

ケビン・コスナーが珍しく凶悪犯罪者役。幼児期の怪我で脳が一部損傷して共感力や罪悪感が欠落した後天性のサイコパスだ。その未発達の脳部位に、殺されたCIA工作員の記憶を移植するという導入部に興味をそそられる。

でもSF的な要素はそれだけで、あとは基本的に王道のサスペンスアクション。善玉イメージが強いコスナーが、敵でも一般人でも容赦なく叩きのめすのは最初こそ新鮮だが、次第に単調に。

そもそも記憶移植の手術はまだ研究段階で動物実験のみ、主人公が最初の被験者になるという設定なのに、すでに高度な手術装置が完成しているのが変。何人もの患者に実験を繰り返し、その都度マシンを改良して完成に近づけるものだろうに。これに限らず、辻褄があわない点が散見され、ストーリーに入り込めない。

ライアン・レイノルズが早々に殺される役で不憫。ガル・ガドットは平凡な母親役だが、得意のアクションを見せてほしかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
高森 郁哉

4.0図らずも涙が、、、

2021年5月18日
Androidアプリから投稿

ジェリコがケヴィンコスナーだってこと、途中までわからないながらも、なんだか妙に頼りがいがあって、長い間番号でしか名前呼ばれたことがないとか、感情がないとかいうところで、広告で見た(ケーキが切れない子供達?)の本の話で生まれつき感情に乏しい子供達とか言うことを思い出したりしたら、 涙があふれでて、ものすごくいい人に見えてきた。おまけに、ケヴィンコスナーがかっこいい人だと感じたことはなかったけど、当たり前だけど大変外見に恵まれた人なんだと妙なことを再認識してみたり、なかなか面白かったです。ジェリコは脳を他人に云わば乗っ取られた訳だけど、本人はしあわせなのかしらん。ある意味これは大変危険な話です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マッターホルン2

4.0ケビン・コスナーの倍返し

bunmei21さん
2020年11月23日
iPhoneアプリから投稿

Huluで鑑賞。あまりメジャーには扱われず、地方では上映会場も少なかった作品でしたが、ケビン・コスナー主役に、よく練られた内容のサスペンス,アクション。

大切なデータの在処を知らせる前に殺されたCIAエージェントのビルの脳から,大切なデータの在処の記憶を移された悪党犯のジェリコ。悪党としての自分と、エージェントてしての家族思いの自分との狭間の中で、揺れ動くジェイコブの葛藤を、ケビン・コスナーが熱演。

全く、内容を知らないで鑑賞した為、最初、ジョイコブがケビン・コスナーとは気が付かずに観てました。それだけ、今までのスマートなイメージのケビンとは、かけ離れた役柄で、見た目も違っていて、新たな境地への挑戦を感じた。

脇を彩る俳優陣も、ゲイリー・オールドマン、トミーりー・ジョーンズ、そして、ワンダー・ウーマンのガル・カドットと豪華。ただ、トミーの動きには、やや年を感じてしまったのが残念。

ストーリーとしては、記憶の移植を絡め、途中までは息呑むサスペンス・アクションでした。しかし、最後は、チョット都合良過ぎのエンディングだったかな…(笑)

まぁ、ケビン・コスナーが、老体鞭打ちながらも、肉体改造までして挑んだアクションに、大きな拍手を送りたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
bunmei21

2.0タイトルなし

ケイさん
2020年11月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ケイ

4.0ケビン・コスナーの復活

2020年10月11日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

着想のよい作品だ。似ている作品がありそうでなかったような。
かつてのスターが低迷期を経て、見事に復活した感じ。老いてもまだ颯爽と活躍する。
それに比べると、役柄とはいえ、トミー・リー・ジョーンズは痛々しく感じた。少なくとも犯人を執拗に追い詰める捜査官の力強さや迫力は萎えていた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
bluetom2000

4.0お久しぶりケビン

ほんげさん
2020年10月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

ベテラン俳優集結で安定した演技力。おっさんが主人公好きなんですよね。いきあたりばったりなストーリーでしたが、久しぶりのケビンコスナーを、観れて満足です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ほんげ

2.5そうそうたるメンツ

Kさん
2020年9月6日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
K

3.5おうち-265

かいりさん
2020年8月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

興奮

幸せ

ジェリコって言ったら、有楽町の激ウマ超大盛スパゲッティだよね?と思ったら、ジャリコだったよ。

ここ最近(てかレビューするの3週間ぶりだけど)、貞子ばかり見てたんですけど、、、ちょっと、、、飽きました(笑)
アマプラの「あなたが興味のありそうな映画」が、一瞬にして貞子、伽椰子、貞子、貞子、伽椰子になっちゃって、なんのダンジョンですか?
でも貞ちゃんと伽椰ちゃんの間に、ケビたんを見つけたんです。

死んだ人の大切な記憶を、他人に移す。
似たような映画は、『トランセンデンス』や『レプリカズ』などありますが、私、この手のテーマが大好き。
でも見る前の期待感が大きすぎて、なかなか期待値を上回らないのですが、今回はなかなかの出来!

ツッコミどころは色々ありますが、気になってしかたがなくなるほどではなく、テンポがいいのでそこまでマイナスポイントとはなりませんでした。
『トランセンデンス』も『レプリカズ』も愛する人との別れがターニングポイントとなっていて、ストーリーの鍵でもあるのですが、
この作品、「亡くなった夫の記憶が他人によって甦る」という泣かせどころが上手いんだよねぇ。
夫が急死した妻・ガル姉と、極悪犯罪者でありながら、他人の記憶を移されて二重人格になってしまった男ケビたん。
家にやって来た男が、夫の記憶を移されたと言い、妻は確かめる。
妻が泣きながら話す記憶のひとつひとつが、目の前の男にはある。もう誰とも共有できなくなってしまった、二人だけの思い出が、、、そんなドラマ性も好みでした。
あ、女の子とピアノまで引いちゃうケビたんに萌。
あ、ワンダーウーマンのときの力強さとは正反対で、悲しみを背負ったばかりの儚い感じのガル姉さん、ビビるくらい美しい。

サスペンスのほうも、期待値のまま(超えはしなかったかなぁ、そもそも好きなテーマの映画には期待値高すぎ設定)で、面白かったです。

あ、ジャリコほんとおすすめ。
パスタじゃないよスパゲッティだよ。
TOHO日比谷のあとにどうぞ。
(回し者ではありません)

コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 10 件)
かいり

3.570

Dさん
2020年7月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

設定、ストーリー展開、人間関係がバランス良い。ただCIAも敵もトップが無能すぎるのと、オープニングシーンでのラストネタバレが残念。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
D

3.5豪華キャスト なかなか面白い

papakazuさん
2020年7月7日
iPhoneアプリから投稿

豪華キャスト
なかなか面白い

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
papakazu

4.0なったのか、ならなかったのか?

Tetさん
2020年7月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Tet

4.0クズの死刑囚が脳に記憶移植され、覚醒していく物語。現在の技術なら本...

2020年6月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

クズの死刑囚が脳に記憶移植され、覚醒していく物語。現在の技術なら本当にあり得そうなのがより話を面白くしている。さらにそこに国家を揺さぶるサスペンス的な面白さも加わり、これはもう目が離せない。
ケヴィン・コスナーのクズっぷりがお見事だが、他のキャストも何気に豪華です。私の注目はもちろん超絶美人妻ガル・ガドット(笑)
あまりにうまく行きすぎでは、のラストも爽快!こいつは見るべき。
BS12字幕版鑑賞。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
はむひろみ

3.0自分の記憶はあやふや・・・なんなら自分の記憶をくれ!by kossy

kossyさん
2020年6月13日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 手術直後は記憶なんて一切残っていなかったジェリコ。実験台にされたのが嫌で嫌でしょうがない彼はすかさず脱走。すると徐々に断片的ではあるがビリーの記憶が甦ってくる。彼の自宅へと押しかけたときも暗証番号がスラスラ思い出せるくらいになっていたのだ。そして妻ジル(ガル・ギャドット)や幼き娘エマの記憶が・・・

 CIAとしてはダッチマンの居場所を知りたいだけなのに、ジェリコが思い出すのはビリーの家族の記憶ばかり。しかも48時間経ったら移植した記憶は消えてしまうのだと聞かされる。人間で移植手術するのは初めてのハズなのに、よくもまぁこんなに設定が正確なんだよ・・・

 CIA、ロシア側、テロリスト側、と三者ともビリーの作った侵入プログラムが欲しい。序盤はそんなことはどうでもいい、腹が減ってるんだ!金よこせ!てな感じの凶悪犯ジェリコが圧倒的に面白い。家族との愛までもが記憶として蘇ってきたら、ちょっと平凡になってしまうのは仕方のないところだ。

 オチは本当に面白い!勝手にプログラムを作動するとしっぺ返しを食らうんだよ~と。ちょっと間抜けなCIAエージェントを演ずるゲイリー・オールドマンもいい!

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 9 件)
kossy

3.5渋いおっさんずラブ

2020年6月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

楽しい

興奮

憎らしいやつはとことん思いっきり憎らしく、

鬱憤溜まらせ最後に解放、

スカッと爽やかジョルトコーラ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
褐色の猪

4.0ケビンコスナーがいいです。

2020年5月18日
iPhoneアプリから投稿

まさかの犯罪者。なんか善人の役があってるのになあ。

どちらかというとトミーリージョーンズが悪役ぽいのにね。

Amazonプライム・ビデオで鑑賞です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ハリソン

2.0良い人キャラを脱せず…

Iwarenkonさん
2020年5月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人的に、これは全くダメだ…
キャラ的にケビン・コスナーにこの配役は無理だと思う。全ての設定に無理があり過ぎで、記憶の喪失・移植は二番煎じの割に脚本がお粗末過ぎる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Iwarenkon

1.0記憶の移植?

odeonzaさん
2020年3月2日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

3.0意外とおもしろい

marさん
2020年2月12日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

けっこう粗を感じる脚本ってか演出なんだけど
役者の演技が良いせいで最後まで見てられる。

あくまで個人的にだけど気になったのは、
「記憶」なんて他人には見えないんだから、実験失敗って見切るの早すぎない?
というかCIAならエグい拷問するのがセオリーじゃないの?
ジェリコは凶悪犯といえど強すぎない?
その凶悪犯の護送体制が貧弱すぎない?などなど。

ところで、ケヴィン・コスナーの演技は秀逸。
凶暴そうな表情から思慮に満ちた顔まで、
本作の肝と言える「人格の変化」を見事に表現しきっていたと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
mar

3.0死んでなお生き続ける男

2019年12月31日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ケヴィン・コスナー演じるジェリコが、何故ビルの記憶を移植するのに選ばれたのか…
脳の一部が機能していない?的なことを言っていたけど、それにしても あんな極悪非道な人間を開放するなんて 危険極まりないし、なんだかなー(笑)。

でも、豪華なキャストで 安心感はありました。
ハッカーのダッチマンことマイケル・ピットを巡って、死んだビルの記憶を背負った極悪人ジェリコと、核爆弾発射を目論む男と、それを阻止したいゲイリー・オールドマン。
ビルの記憶も24時間しか維持出来ない中、核爆弾の発射時刻が迫る…

なんだか、久し振りに見た気がするケヴィン・コスナーも良かったです!

最後はチョッとムリがあるというか、有り得なさすぎる終わり方で…
それはないだろー!って引いた(笑)。

それにしても…他人の記憶に支配されるなんて…やだな(笑)。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
m@yu-chan-nel
「クリミナル 2人の記憶を持つ男」の作品トップへ