われらが背きし者

劇場公開日:

われらが背きし者

解説

「裏切りのサーカス」の原作などで知られ、元MI6(イギリス秘密情報部)という経歴を持つ作家ジョン・ル・カレの同名スパイ小説を、ユアン・マクレガー主演で映画化。イギリス人大学教授ペリーと妻のゲイルは、モロッコで休暇中にロシアンマフィアのディマと偶然知り合う。ディマから組織のマネーロンダリングの情報を聞いたペリー夫妻は、1つのUSBメモリをMI6に渡してほしいとディマに懇願され、突然の依頼に困惑するが、ディマと彼の家族の命が狙われていると知り、その依頼を仕方なく引き受けてしまう。それをきっかけに、ペリー夫妻は世界を股にかけた危険な亡命劇に巻き込まれていく。主人公ペリー役をマクレガー、ディマ役に「ドラゴン・タトゥーの女」のステラン・スカルスガルドがそれぞれ演じるほか、ダミアン・ルイス、ナオミ・ハリスが脇を固める。

2016年製作/109分/PG12/イギリス
原題:Our Kind of Traitor
配給:ファントム・フィルム

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)STUDIOCANAL S.A. 2015

映画レビュー

3.5ル・カレの地味渋な世界観をドッド・マントルの映像美で。

2016年11月7日
Androidアプリから投稿

興奮

知的

ジョン・ル・カレ原作のスパイ映画はいずれもアクションよりもやるせない悲哀に主軸が置かれているが、それは大学教授と弁護士の妻が成り行きでにわかスパイになる本作でも変わらない。リアル志向と言ってしまうのは現実のスパイや組織犯罪のことを知らなさすぎて憚られるものの、相変わらず地味渋な美学が沁みてくる。

そしてなによりも、天才撮影監督アンソニー・ドッド・マントルの映像魔術がたまらない。ストーリー自体はシブいのに、映像には奇妙な悪夢を観ているような酩酊感があり、同じル・カレ原作の「裏切りのサーカス」や「誰よりも狙われた男」のストイックさとはひと味違うアプローチだ。キャストも適材適所でハマっており、いい意味でバランスのいい大人向けエンタメに仕上がっている。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
村山章

2.5家族だけは守るというディマの覚悟

2022年9月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 2件)
Kinoko

3.0命がけのおせっかい

2022年9月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

「命がけのおせっかい」なんて身もフタもないんですが笑、「信義の人」ならアリです。
人質をめぐるやり取りはしつこくて、もっとスッキリ解決できそうに思いましたが、それでは尺が足りないですね。

今日、2本映画を観たのだが、2本ともパーティシーンで花火を上げていた。俺も富豪になったらパーティで花火上げよう。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
arlecchino

3.03.3点

2020年12月20日
PCから投稿

風景のきれいな映画でしたね。
アルプスなんか最高でした。
見終わってみると、なんか旅行しているような映画だったなあって。
ストーリーも複雑なことはなく、見やすかった。

絵になる、そんな映画でした。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
asa89
すべての映画レビューを見る(全44件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る