われらが背きし者のレビュー・感想・評価

われらが背きし者

劇場公開日 2016年10月21日
40件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ル・カレの地味渋な世界観をドッド・マントルの映像美で。

ジョン・ル・カレ原作のスパイ映画はいずれもアクションよりもやるせない悲哀に主軸が置かれているが、それは大学教授と弁護士の妻が成り行きでにわかスパイになる本作でも変わらない。リアル志向と言ってしまうのは現実のスパイや組織犯罪のことを知らなさすぎて憚られるものの、相変わらず地味渋な美学が沁みてくる。

そしてなによりも、天才撮影監督アンソニー・ドッド・マントルの映像魔術がたまらない。ストーリー自体はシブいのに、映像には奇妙な悪夢を観ているような酩酊感があり、同じル・カレ原作の「裏切りのサーカス」や「誰よりも狙われた男」のストイックさとはひと味違うアプローチだ。キャストも適材適所でハマっており、いい意味でバランスのいい大人向けエンタメに仕上がっている。

バッハ。
バッハ。さん / 2016年11月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

明快

ジョンルカレの原作にしては話が分かりやすく、結末もストンと明快に終わる。きっと原作はもっと入り組んだものなのだろうけど、本作は伏線もあまりないし、話が二転三転することもなく、ちょっとしたアクション映画のよう。
どの人も、こうあってくれればいいなと期待通りの動きで、すっきりするけど、まぁ非現実的。監督が女性だと映画全体に愛が溢れているように思う。

マッターホルン2
マッターホルン2さん / 2018年10月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

お人よしなユアンマクレガー

派手なアクション等はなく全体的に地味ですが、ストーリーは面白かった。
それにしてもお人よしなユアンマクレガー。

サラ
サラさん / 2018年8月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

結構、みごたえある巻き込まれ型。

ユアンがドンパチやるのかと思ったら。そうじゃなったですね。
旅行で偶然、マネーロンダリングに関与している男に出会ったために・・・。
首根っこつかまれてではなく、家族を守りたいという男の気持ちに同感し、何となくついてきてしまった感満載。

なのでユアンの出番がないシーンも多々あるけれど。
豪傑な男との交流だったりが、「悪いやつだけど、根はいいやつかも」。
冒頭でユアンのクレジットカード番号を即座に覚えた場面は。
ここにつながるのかー。と、合点でした。

この原作者の「裏切りのサーカス」の二の舞にならずに良かった。

fukui42
fukui42さん / 2017年11月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

分かりやすく美しいジョン・ル・カレ

モロッコ、パリ、ロンドン、フレンチアルプスとロケーション色々、パーティーシーンもあり映像がきれい。
ロシアンマフィアの刺青、イギリスとロシアの微妙な関係。
MI6といえど予算も人も無尽蔵に使えるわけでは無かったり話に派手さはないがキャストは何気に豪華。
ステラン・スカルスガルドが刺青だらけのボカシ入り全裸でノシノシ歩く。
髪の毛長めのユアンマクレガーが教え子とつい浮気してしまう意志の弱い大学教授を好演。マネーペニーが女弁護士妻、胸チラみせもあり。
難解な印象のあるルカレ原作スパイ映画の中ではエンタメ度高くみやすい。

e
eさん / 2017年10月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

traitor!

ロンドン、マラケシュ、パリ、ベルン、、俺がたまたま良く訪れた場所で、懐かしさとともに映像美に見入ってしまった
Professor! 女性への暴力だけは許せないというのが美しい
ロシア人の持つイメージ通り、頭が悪く、野蛮で、女が美人というのを良く描けていた ハラッショー

Shuhei
Shuheiさん / 2017年10月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リアルな諜報戦

原作も完読。諜報のプロではなく、民間人を主役にしているから出せる圧倒的なリアルさをユアン・マクレガー、ナオミ・ハリスの高い演技力で鑑賞できる。原作も是非読むべき。

素子
素子さん / 2017年9月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ミス・マネーペニー

大学の教授(ユアン・マクレガー)と弁護士(ナオミ・ハリス)夫婦が旅行中、ロシア人(ステラン・スカルスガルド)が近付いてくる。
別れるとき、ロシアマフィアだけど殺されそうなのでイギリスへの亡命したい、このメモリーをMI6に渡してくれ、と頼まれる。
国際的な暗闘に巻き込まれていく主人公夫妻は果たして・・・。
イギリスらしいスパイ映画。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2017年9月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

また好きになった

ユアンが出演以外は全く情報を入れずに観賞。
前半は退屈だな〜と思いながら見ていました。
それなのにラストに近づくにつれて、引き込まれて行きました。
ただ、ペリーの奥様役が不自然な気がします。
全てが信じられなくて唯一信じていた刑事さんが二人とも、簡単に殺されてしまって悲しい。
ユアンが久々にかっこよかった。
またまた、好きになりました。

ふわり
ふわりさん / 2017年1月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アクション不要のサスペンス

ん?な感じでスタートして、人物背景など、んん?が増えていき、主人公が腹を括るのに合わせて、ざざぁ!っとラストまで。役者の好演は言わずもなが、画面の美しさに、儚く無情な世界を思わずにいられない素敵な作品でした。
アクションバリバリのスパイものも勿論好きですがこういうの観ると、ニュースに載らない怖い出来事はこんな感じなんだろうなぁ、なんて考えさせられる一面も持っていました。

lynx09b
lynx09bさん / 2016年12月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 単純 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ユアンマクレガー かっこいいにゃ ダミアン ドリームキャッチャーぶ...

ユアンマクレガー
かっこいいにゃ

ダミアン
ドリームキャッチャーぶりに
見たかもっ‼︎
おちょぼ口(笑)

裏切りのサーカスより
好きかも‼︎

snowball
snowballさん / 2016年12月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

オビワンっぽくなかった

ユアンがオビワンっぽさを払拭するため努力してた

sk-attack
sk-attackさん / 2016年12月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

旅先で出会ったロシア・マフィア(ステラン・スカルスガルド)に助けを...

旅先で出会ったロシア・マフィア(ステラン・スカルスガルド)に助けを求められた大学教授(ユアン・マクレガー)は、MI6に渡した物がキッカケで弁護士の妻(ナオミ・ハリス)と共に事件に巻き込まれて行く。
ユアン・マクレガーは「ゴーストライター」でも巻き込まれていたような。

「裏切りのサーカス」「誰よりも狙われた男」よりもシンプルで分かりやすく、
マフィア、大学教授夫妻、MI6、それぞれ家族、夫妻、親子の背景があるので助けに関わっていく気持ちが伝わります。
ステラン・スカルスガルドの圧倒的な存在感に魅了されてしまった。
冒頭から緊張感がありラストまで気が抜けないジョン・ル・カレシリーズ面白い。

hiromiko
hiromikoさん / 2016年11月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

裏切って守る。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

人間の価値観には様々な形があって、何を重んじるかで
裏切り方も変わるんだなといろいろ考えさせられた作品。
邦題がとてもいい。この物語の全てを明示している感じ。
平凡な夫は過去に妻を裏切り、マフィアは組織を裏切り、
MI6は上司に背き部下に嘘をつく。信義を重んじる男
を描く女性監督ならではの細やかな目線がいい。銃撃戦
は控えめでヒタヒタと恐怖が迫ってくるあたりも地味め
だが、俳優陣の演技にサスペンス感が凝縮されて面白い。
旅先でこんな人助けに巻き込まれたくはないが(だいたい
自身の問題も片付いてないのにね)ユアン演じる大学教授
がそこまでやるかという好人物という点でハマっている。
あんなモデル体型の奥さん(怖いくらい)、をよく裏切れた
ものだが教授もマフィアもやっぱり家族が大事なのねぇ。
守るべきものがハッキリすると男は死に物狂いで働くと
いうプライド気質が三人に見てとれて非常に分かり易い。

(ル・カレ作品の中では感情移入しやすい作品でしたね)

ハチコ
ハチコさん / 2016年11月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アクションでも謎ときでもなく

裏切りと信頼、そして家族愛を描く映画。
ロシアマフィア、組織、政治家、夫婦、家族の裏切りと信頼。
キャストがそれぞれハマっていました。
パーティのシーンなどゴージャスでした。
寓話的でした。

Momoko
Momokoさん / 2016年11月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

家族を守る物語

組織から追われ、家族を救いたい資金担当のロシアンマフィアと
息子と離れて住み、復讐に執念を燃やすMI6職員と
子供のいない平凡な夫婦がロシアンマフィアと戦う物語です。

『家族』がキーワードになっている気がしました。

大人のサスペンスでした。
面白かった。

元MI6(イギリス秘密情報部)という経歴を持つ作家ジョン・ル・カレの同名スパイ小説です。
「裏切りのサーカス」も好きでした。

最近の洋画の敵役はほとんどロシアンマフィア。
ジョン・ウィックやイコライザーなど
なんか得たいがしれず、強そう。

フェニックス7
フェニックス7さん / 2016年11月10日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

betrayal ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

登場人物の多くが、ある意味裏切り者です。

過去に不貞を働いた夫。
家族を守るため組織を売り渡すマフィアの幹部。
組織の新しい舵取りのために古い幹部を騙して殺害するマフィアのボス。
個人的な怨恨も絡み、上司の忠告を無視し部下に嘘をついて追求を続ける捜査官。
お金のために立場を利用してマフィアと手を組む売国奴の議員達。
未熟な恋愛のために家族を危険に晒す娘。

大義を貫くことと裏切り行為は紙一重なのかも知れません。

平凡な大学教授の実直な人柄に惹かれたように見えますが、男に乱暴される女性を放っておけないこと以外は特に共通点のない、ほぼ初対面のイギリス教授とロシアンマフィアの信頼関係が奇跡的です(^_^;)。

アクションはほとんど無く、最後まで魅せる重厚なドラマですが、観終わると、何のひねりもない筋書きだったなという感想です。

everglaze
everglazeさん / 2016年11月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

淡々と

ビリー・マトロック役のマーク・ゲイティス目当てで観に行ったけれど、ステファン・スカルスガルドの下り坂に入ったロシアン・マフィアぶりに目が離せなかった。
ストーリーは意外性やアクションとは無縁でしたが、登場人物たちの行動が淡々と描かれていて、物足りなさは無し。
ル・カレ原作にしては分かりやすかった。

くりまんま
くりまんまさん / 2016年10月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

地味ながら味わい深い

スパイもの(というのか分からないけど)ながらアクションはほとんどなく、分かんなくなっちゃうような複雑な謎解きもない地味な作品だが、文化部系素人スパイといった趣のユアン・マクレガーが好演しており味わい深い。
巻き込まれ系といってしまえばこれほどのものはなかろうという感じだが、微妙な腹の括り方も含め良いバランス。
ただ、ナオミ・ハリスの嫁は原作通りの人種設定なのだろうか?なんとなく非現実味を感じるし、クレイグ・ボンドを連想させるところもあるので、別の人の方が良かったのでは…?

ぱんちょ
ぱんちょさん / 2016年10月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

すごくよかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 プリンスはなんでいちいち大物を殺すのか今ひとつピンと来なかった。あんまり気軽に恩人を殺していたら、他の子分も忠誠心を抱きづらいのではないだろうか。

 主人公は奥さんにセックスを拒否られており、子供もいないのにそれでも二人でやっていこうと努めている。なんで分かれないのか不思議でしょうがないのだが立派だった。そんな男だからこそ、大してゆかりの無い家族に献身するのかな。素敵なことである。

 いろいろな国をめぐり、景観がよかった。

 娘がスマホをしないように取り上げておけよと思った。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2016年10月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

40件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi