ハイネケン誘拐の代償

劇場公開日

  • 予告編を見る
ハイネケン誘拐の代償

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

有名ビール企業ハイネケンの経営者が誘拐された実在の事件を映画化したクライムサスペンス。エミー賞受賞ジャーナリスト、ピーター・R・デ・ブリーズのベストセラーをもとに、誘拐犯と被害者双方の視点から謎多き事件の真相に迫る。1983年、オランダの都市アムステルダムでハイネケンの会長フレディ・ハイネケンが誘拐された。警察は巨大組織による犯行を疑うが、真犯人は犯罪経験すらない幼なじみの若者5人組だった。犯人たちは莫大な身代金を要求し、計画は順調に進んでいるかに見えた。ところが、人質であるハイネケンの傲慢な態度に振り回されるようになり、次第に追い詰められていく。名優アンソニー・ホプキンスが、素人誘拐犯たちを翻弄する老獪な大富豪役を存在感たっぷりに怪演。誘拐犯一味に「アクロス・ザ・ユニバース」のジム・スタージェス、「アバター」のサム・ワーシントン。

2015年製作/95分/G/ベルギー・イギリス・オランダ合作
原題:Kidnapping Mr. Heineken
配給:アスミック・エース

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02 震える幽霊
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03 人喰い河童伝説
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-04 真相!トイレの花子さん
  • ルーク・ゴス ヘル・ブレイカーズ
  • 封印映像29
  • 封印映像31
  • WE GO ON -死霊の証明-
  • ハロウィンII
  • ハロウィン2016
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2014 Informant Europe SPRL, Heineken Finance, LLC (C)Sofie Silberman 2014 (C)Ben Rothstein 2014

映画レビュー

3.0有名ビール企業ハイネケンの経営者が誘拐された実在の事件を映画化した...

2019年9月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

有名ビール企業ハイネケンの経営者が誘拐された実在の事件を映画化したクライムサスペンス。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

3.0期待していたストーリーとは違った

mokaさん
2018年7月25日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

が、とても面白かった。
当時だから初手で捕まらなかったってだけの話。
だが、ハイネケンの言った

裕福”には2通りある。
莫大な金を手にするか、
大勢の友人を持つかだ。
両方はあり得ない。

至言。
正にこの通りになった彼ら。
そこに注目して観ると当時の経済危機がどれだけの物だったのかがわかるような気がする。
残念なのはアンソニー・ホプキンスを使っているのに活かしきれていない。
彼独特の経営者ぶりなセリフを聞きたかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
moka

3.0実話ベースの脚色不足

2018年3月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 0 件)
クリストフ

2.0実話?知らないニュースだった

verde83さん
2018年1月29日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

1983年に実際に起きた事件だそうですが、知らなかった。たぶん、高校生だったので、テレビは観ない、新聞読まない、ネットはまだ存在していない、で、この作品を観て知った。しかも、こういう世情に興味が無いので、へ〜、でした。
う〜ん、誘拐されたハイネケンの会長が実際ああいう感じだったかはわからないがー映画なので、相当脚色してるはずープロの犯罪組織だったら生きていなかっただろうから、ある意味ラッキーなヒト?
で、犯人たち?は、正直、事業に失敗するのも無理はないな、という感想。彼らがもっと強かだったら、こんな事件を起こすこともなく、事業も失敗していない。
事業っていうのは、従業員に恨まれてもうまく経営を乗り切る覚悟が無いニンゲンはやっってはダメだ。
冒頭で事業が失敗してー失敗するずっと前に、失敗するかもしれない、つうrisk managementもしてなかったらしいしー従業員に給料払えない?とか言ってる時点で終了〜、終わってる。
事業って、お友達同士の仲良し経営でうまく行くほど甘いものじゃあないと思う。
Faceboo@もdocumentaryぽい映画あったけど、友達を振り切って経営するようになってる、企業経営で、経営陣トップって友達とかじゃないですよね、businessって割り切ってやってる。
ending直前にリーダーぽかった犯人がとった行動にも現れてたけど、どこかに甘えがあるから、ダメだったんだろうな、と思った。
オランダがこの事件が起きた頃、不景気だった?というのも、事件が起きる間接的要因だっただろう。不景気→事業失敗→誘拐という図式。
ていうか、建設業なのにやってることはおよそ建設的じゃない。
だって、不景気だからって皆んな誘拐事件起こすワケじゃない。
自殺するヒトたちだっているしーたいてい多いんじゃない?ーどん底からがんばるヒトたちだっている。
でも、オランダ人でも、何んていうかあんまり品がよろしくないヒトたちもいるんだね。どこの国にもいるけど。男が4人もいて、誰も良い知恵が無いっていうのにも驚いた。ちなみに全員自分より年齢上のヒトたちだったけど、10歳も離れていない'83当時若いヒトたちだ、オランダって大学進学率低いのかな。この頃自分は合州国留学しようとしてたので、ものすごいgapを感じた。
ハイネケン氏の名言?が意味深。たいてい富豪には友達いないよな〜、だからこそ、酒場でクダ巻いてるヒトたちを尻目にカネ持ちになれるんだろうね。
個人的に必要に感じない交友関係はいっさい持たないので、SNSやらないー嫌いだからー酒場のようなところにも行かないーああいう騒がしいところに行くのも嫌い、何しに行くのか理解できないー自分の時間充実派、友達っていうのは、こんな犯罪行為する為に持つものじゃない、そういうヤバそうな相手とはとっととサヨウナラするべきという教訓にもなる。ちょっとでも「コイツはダメだな」っていう知り合いたちとは徹底してarrivederciして来た経験上、自分の足を確実に引っ張る相手は、友達なんかじゃない。疫病神だろう。なあなあで付き合うことが多い日本的な交友関係は嫌いなのでーそういうヒトたちはたいてい時間を無駄にしてるー関わり合わない。女だが、井戸端会議、大嫌いだ。
時間を無駄にしてるヒトたちは、カネ持ちにはなれないだろうな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
verde83
すべての映画レビューを見る(全36件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る