ハイネケン誘拐の代償

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ハイネケン誘拐の代償
ハイネケン誘拐の代償
5%
27%
55%
12%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

有名ビール企業ハイネケンの経営者が誘拐された実在の事件を映画化したクライムサスペンス。エミー賞受賞ジャーナリスト、ピーター・R・デ・ブリーズのベストセラーをもとに、誘拐犯と被害者双方の視点から謎多き事件の真相に迫る。1983年、オランダの都市アムステルダムでハイネケンの会長フレディ・ハイネケンが誘拐された。警察は巨大組織による犯行を疑うが、真犯人は犯罪経験すらない幼なじみの若者5人組だった。犯人たちは莫大な身代金を要求し、計画は順調に進んでいるかに見えた。ところが、人質であるハイネケンの傲慢な態度に振り回されるようになり、次第に追い詰められていく。名優アンソニー・ホプキンスが、素人誘拐犯たちを翻弄する老獪な大富豪役を存在感たっぷりに怪演。誘拐犯一味に「アクロス・ザ・ユニバース」のジム・スタージェス、「アバター」のサム・ワーシントン。

2015年製作/95分/G/ベルギー・イギリス・オランダ合作
原題:Kidnapping Mr. Heineken
配給:アスミック・エース

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ミスト
  • マングラー
  • ROOM237
  • この子の七つのお祝いに
  • 世にも怪奇な物語
  • ピラニア
  • ピラニア リターンズ
  • チャイナ・ゲイト
  • ショック集団
  • 裸のキッス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)Sofie Silberman 2014 (C)Ben Rothstein 2014

映画レビュー

3.5お金持ち

asaさん
2020年8月17日
PCから投稿

結構いい映画でしたね
短めで、割と有名な俳優も出てました

話自体はオーソドックスで見やすかったなと思いました。安っぽい雰囲気もなかったです。
個人的にはソーニャとの幸せのほうが良かったじゃん!!と思ってしまいました!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
asa

3.0失ったものは大金より欲しかったものなのか

近大さん
2020年4月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

単純

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
近大

3.0有名ビール企業ハイネケンの経営者が誘拐された実在の事件を映画化した...

2019年9月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

有名ビール企業ハイネケンの経営者が誘拐された実在の事件を映画化したクライムサスペンス。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

3.0期待していたストーリーとは違った

mokaさん
2018年7月25日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

が、とても面白かった。
当時だから初手で捕まらなかったってだけの話。
だが、ハイネケンの言った

裕福”には2通りある。
莫大な金を手にするか、
大勢の友人を持つかだ。
両方はあり得ない。

至言。
正にこの通りになった彼ら。
そこに注目して観ると当時の経済危機がどれだけの物だったのかがわかるような気がする。
残念なのはアンソニー・ホプキンスを使っているのに活かしきれていない。
彼独特の経営者ぶりなセリフを聞きたかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
moka
すべての映画レビューを見る(全37件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る