ハイネケン誘拐の代償

劇場公開日:

ハイネケン誘拐の代償

解説

有名ビール企業ハイネケンの経営者が誘拐された実在の事件を映画化したクライムサスペンス。エミー賞受賞ジャーナリスト、ピーター・R・デ・ブリーズのベストセラーをもとに、誘拐犯と被害者双方の視点から謎多き事件の真相に迫る。1983年、オランダの都市アムステルダムでハイネケンの会長フレディ・ハイネケンが誘拐された。警察は巨大組織による犯行を疑うが、真犯人は犯罪経験すらない幼なじみの若者5人組だった。犯人たちは莫大な身代金を要求し、計画は順調に進んでいるかに見えた。ところが、人質であるハイネケンの傲慢な態度に振り回されるようになり、次第に追い詰められていく。名優アンソニー・ホプキンスが、素人誘拐犯たちを翻弄する老獪な大富豪役を存在感たっぷりに怪演。誘拐犯一味に「アクロス・ザ・ユニバース」のジム・スタージェス、「アバター」のサム・ワーシントン。

2015年製作/95分/G/ベルギー・イギリス・オランダ合作
原題:Kidnapping Mr. Heineken
配給:アスミック・エース

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)Sofie Silberman 2014 (C)Ben Rothstein 2014

映画レビュー

3.0悪いことはすべきではないと改めて感じた。 誘拐されながらもハイネケ...

2022年5月26日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悪いことはすべきではないと改めて感じた。
誘拐されながらもハイネケンの堂々たる落ち着きぶりに感嘆したが、それでも警察に救出された時に安心して号泣したのは、やはり人間だったということか。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
省二

3.5実話感

2021年3月12日
iPhoneアプリから投稿

アンソニーホプキンスはやっぱりいい
ハリウッドが作るともっと世間は評価しただろうけど
この地味さがリアルで良かった
物足りないけど…

コメントする (0件)
共感した! 0件)
keisuke

1.5久々に「金返せ!」級

2021年1月31日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ビールが胸に沁みる映画といえば、これではないあれ⇒
ジュディ・デンチの
「あなたを抱きしめる日まで」です。ギネスを飲みたくなります。
それだけを言いたかったのでレビュー・アップです。

・・・・・・・・・・・・

5人の幼なじみのプーが自滅するだけの映画。

3800万ギルダーは約20億円なのだが、DVDレンタル料金の100円がこんなに高く思えるとは残念。

結論から言えば、誘拐も大金もアンソニー・ホプキンスもいらない。
何もしなくてもどのみち彼らの前途は見えてるような。

ここまで安い映画だと、ビールのHeinekenまで名を落とすのではないだろうか?他人事ながら心配になった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
きりん

2.5タイトルなし

2020年11月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

実話ということで引き込まれた。淡々としている。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
KEI
すべての映画レビューを見る(全40件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ハイネケン誘拐の代償」以外にこんな作品をCheck-inしています。