母と暮せば

劇場公開日

母と暮せば
17%
43%
29%
7%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

小説家・劇作家の井上ひさしが、広島を舞台にした自身の戯曲「父と暮せば」と対になる作品として実現を願いながらもかなわなかった物語を、日本映画界を代表する名匠・山田洋次監督が映画化。主人公の福原伸子役を「おとうと」「母べえ」でも山田監督とタッグを組んだ吉永小百合が演じ、その息子・浩二役で二宮和也が山田組に初参加。「小さいおうち」でベルリン国際映画祭銀獅子賞(女優賞)を受賞した黒木華が、浩二の恋人・町子に扮する。1948年8月9日、長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で死んだはずの息子・浩二が現れる。2人は浩二の恋人・町子の幸せを気にかけながら、たくさんの話をする。その幸せな時間は永遠に続くと思われたが……。

2015年製作/130分/G/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第39回 日本アカデミー賞(2016年)

受賞

優秀主演男優賞 二宮和也
優秀助演女優賞 黒木華

ノミネート

優秀作品賞  
優秀脚本賞 山田洋次 平松恵美子
優秀主演女優賞 吉永小百合
優秀助演男優賞 浅野忠信
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2015「母と暮せば」製作委員会

映画レビュー

2.0小説家・劇作家の井上ひさしが、広島を舞台にした自身の戯曲「父と暮せ...

2019年9月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

小説家・劇作家の井上ひさしが、広島を舞台にした自身の戯曲「父と暮せば」と対になる作品として実現を願いながらもかなわなかった物語を、山田洋次監督が映画化。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

3.0久しぶりの山田洋次監督作品。所々に反戦の意図、監督と小百合様の拘り...

2019年4月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

久しぶりの山田洋次監督作品。所々に反戦の意図、監督と小百合様の拘りを感じる。
そしてある意味本作の主人公、二宮ゴースト。こいつが女々しすぎて笑える。おまけにこのゴースト、恋人ではなく母の元へ現れるという、とんだマザコン。その後の話はまあ既定路線。
そんなこんなでエンディング、マザコンはマザ婚へと昇華を果たす。このマザ婚シーンと謎の大合唱、そのキミ悪さは必見です(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

ワンパターンな教材映画

2018年11月19日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

単純

奥底に秘めた怒りを、甘い砂糖菓子でコーティングしたような映画。

広島の原爆を題材にした戯曲『父と暮らせば』を書かれた井上ひさし氏に捧げた作品。松竹120周年記念映画。

だからかな?
USAでの賞を意識しているのか?
 『硫黄島からの手紙』で好評だった二宮氏。
 ベルリン国際映画祭銀熊賞の黒木さん。
 USAでも活躍している浅野氏を端役(『父と暮らせば』と対になる役)ながらも起用。
 そしてキリシタンの人々・西洋的な文化。

舞台を意識した?というような脚本、演出。舞台で上演されている様子を想像しちゃう(劇脚本としては高校生作品のよう)。

原爆投下3年後の世。
 思いもかけない形で逝かされてしまった者、
 残された者の想いが綴られていく。
 原爆投下のシーン、長男戦死のシーンは見事。怖かった。
 さりげなく画面に登場する負傷者も、生活の一場面に溶け込んで、だからこそ、印象的。
 さすが、山田監督と唸ってしまう。
 反面、橋爪氏という芸達者を起用しているのに、その最期は台詞で語られる。 原爆症で亡くなられた方についても。
 舞台でなら致し方ないのだろうが、せっかく映画なのに、と歯がゆい。(母の日々を丁寧に追っていくだけでも表現できたと思うのだが、それをせずに終盤急展開)

映画版『父と暮らせば』に比べると、目の前で展開される話の迫力はない。どこかで聞いたようなエピソード。それをとっぷり見せてくる演技・演出でもない。戦争のむごたらしい場面を入れろと言っているのではない。
人間の業が美化されているように、私には感じられた。それって…。

人の死の美化。それって、戦前の戦争高揚映画や、国民学校にのっていた『皇軍ラッパ』と同じ発想…。なんだそれ。

それでも、終盤は静かに涙が流れ…と感動で終わるのかと思えば、あのラスト。
頂いたチラシには「監督初のファンタジー」とな。だとしたら、ファンタジーをなめていないか。

これだけの大監督でいらっしゃるのにも関わらず、挑戦する気持ちにはひれ伏しますが、
これだけの良い題材、良い役者を揃えたのだから、普通に撮っていただきたかったです。
(この監督の過去の作品には名作が数々あるけれど、最近迷走気味?)

(原爆・戦争反対を考えさせてくれる映画ならほかにもっといいのあるよ。皆さん、もっとたくさん映画を観ましょう)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とみいじょん

4.0共謀罪が成立しちゃった

kossyさん
2018年11月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 井上ひさし原作の映画『父と暮らせば』へのアンサー映画という作品。この作品でも母伸子(吉永)が「私だけ生き残って申し訳ない」といった台詞がオマージュを表している。また、原爆を扱った作品にしては珍しく投下直後のキノコ雲の映像がないのだが、長崎医科大学で瞬時に命を失ったシーンでインクの瓶が溶ける映像が印象に残る。

 ストーリーとしては、恋人を失った町子が他の人との結婚なんて考えられず、ずっと伸子の家に通っているが、やがて亡き恋人への思いを断ち切るまで。未亡人となった伸子に対しても、闇市で色んな食糧を仕入れてくる上海のおじさん(加藤健一)が求婚をするという筋もある。

 伸子、浩二とも抑えた演技のため、終盤の盛り上がりも欠けてる気がするけど、ちょっとしたエピソードに泣けてくる。厚生省復員局へ父の消息を訊ねる小学生の女の子(本田望結)の存在だ。まさしく天才子役。お姉さんがフィギュアスケートで活躍していることもうれしいことだが、彼女は女優として頑張ってもらいたいものだ・・・

 2017年現在、共謀罪が閣議決定された。戦時中には治安維持法という悪法があったわけだが、憲兵にスパイ容疑をかけられた浩二のエピソードも山田洋次らしい。治安維持法に関しては『母べえ』の方が強烈!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全151件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「母と暮せば」以外にこんな作品をCheck-inしています。