皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇
ホーム > 作品情報 > 映画「皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇」
メニュー

皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇

劇場公開日

解説

ロバート・キャパ賞を受賞したイスラエル出身の報道カメラマン、シャウル・シュワルツ監督が、メキシコ麻薬戦争に迫ったドキュメンタリー。石油の輸出総額が300億円に上るメキシコは、世界10大産油国の1つに数えられるが、麻薬産業でも石油と同規模の輸出額があると推測されている。政府は2006年から麻薬組織撲滅の「麻薬戦争」を遂行するも現状を変えるには至らず、6年間で12万人もの死者を出す。その一方で、麻薬密輸ギャングをアウトローのヒーローとして受け止める人々も現れ、「ナルコ・コリード」という音楽ジャンルでは、麻薬カルテルを英雄として称えている。麻薬ギャングの讃歌を歌い人気を集めるナルコ・コリード歌手や、麻薬から街を守ろうと奮闘する警察官らの姿を通し、メキシコ麻薬戦争の光と影を浮き彫りにする。

作品データ

原題 Narco Cultura
製作年 2013年
製作国 アメリカ・メキシコ合作
配給 ダゲレオ出版
上映時間 103分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全15件)
  • 知れば知る程社会として破綻してないか? まるで景色が異なるテキサス州との国境フアレス。 死体がバンバン出てくる、頭を撃たれた子供、16体にバラバラにされタンクに詰められる、またそれらの情報が30分毎に次々と更新されるサイトも存在する。... ...続きを読む

    mimiccu mimiccuさん  2018年6月13日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 腐敗の象徴 恐ろしく残酷な現実を突きつけられる。 ナルココリードは腐敗の象徴と、本編でジャーナリストが言っていたが、まさに的確な表現だった。これはパンクロックやヒップホップとは全く根底が違う。 ...続きを読む

    アリンコ アリンコさん  2016年3月14日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 現実なんやな これは現実なんやな。 同時代なのに。 ...続きを読む

    shigeshigeshigeo shigeshigeshigeoさん  2015年9月16日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi