パディントンのレビュー・感想・評価 (4)

メニュー

パディントン

劇場公開日 2016年1月15日
161件中、61~80件目を表示 映画レビューを書く

よかった

続編気になります

リョウタ
リョウタさん / 2016年12月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「クマ」がリアルでなきゃいけない理由

パディントン、いい映画でした。
原作には詳しくはないのですが、きっと絵本とはまた違ったイメージの作品なんでしょうね。以下詳細。

パディントンは暗黒大陸ペルーから来た新種のクマ。
イギリスの知り合いである(?)冒険家をたずね、貨物船にこっそり乗って海を越えてやってきます。(つまり密航です)

この物語は、パディントンと家族の物語であると同時に、
移民のイメージとも重なっている作品です。
ある国に異物が入っていくという物語は定番ですが、
それがクマであると。

そうすると、クマが人形っぽいものではなくて、きちんと「熊」している必要がある。
塗れたまま部屋には入るし、ちょっと臭いかもしれない。
頭の帽子にはマーマレードのパンを隠しているし、怒るとちょっと怖いかも…。
そんなパディントンをリアルに描くことで、「こんなもの、到底受け入れられないよ」という父親の態度に、納得度が増します。

でも、得体の知れないものを受け入れるということは、やっぱり大変。だからこそ、心が通じたときの喜びも大きいのかもしれませんね。
観ているほうも、パディントンのリアル熊な容姿に、最初はちょっと戸惑いますが、観ているうちにキュートに見えてくる。
そこがまた上手。
悪役で登場する二コールキッドマンも、体を張った演技で楽しく見られます。

ぜひ、親子で観てほしい映画です。

pepperlee
pepperleeさん / 2016年11月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

素晴らしい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

家族愛と動物保護の2つが上手に詰まっている。
しかも移民難民問題の昨今を表すように、新しいものを受け入れることも学べる。
子供に見せたい1本です。
序盤は悲しんだけど、駅のシーンからお風呂の耳垢のシーンは楽しかった笑
熊語も。ニコールは美人でした。

みきねこ
みきねこさん / 2016年10月10日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まさかまさかの可愛いし面白い!

期待せずに子どもが観たいと言うから強制的に観たけど、面白かったです。

パディントンは可愛いし、間抜けなところはイライラするけど笑えるところはたくさんあるし、家族のキャラもそれぞれ立ってて飽きずに最後まで観れました。

喋れる熊をすんなり受け入れるロンドン市民は、まぁドラえもんの世界と一緒だと思えば気にならなかったかな。

よくあるストーリーだけどパディントンのキャラが活きてるから楽しめました。

家族で観る映画としてオススメです。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2016年9月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よくあるストーリー。いつもより、クマになんか愛着が湧かなかった。 ...

よくあるストーリー。いつもより、クマになんか愛着が湧かなかった。
たぶん、現実世界にクマがいることへの違和感が、あり過ぎた。

どん
どんさん / 2016年9月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

素敵な物語 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

おじさんとおばさんのクマに育てられたパディントンがとてもいい子に育ちすぎてて、見ててすごくほんわかした気持ちで楽しく見れました。
奥さんの受け入れ態勢が整いすぎててびっくり!w
パディントンを受け入れた家族がどんどんパディントンへ愛情がでてきて、心をお互いに開いていく過程がとてもステキでした。
冒険家が本当にいたことを証明でき、剥製にもされず、ハッピーエンドとても素敵な物語でした。いい映画です。

こねこ
こねこさん / 2016年9月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

可愛い

素敵な映画でした
家族愛やパディントン愛を感じながらも、ストーリーはしっかりしていて引き込まれました

じゃがりこ
じゃがりこさん / 2016年8月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

182-59

超かわいくて超面白かったです
テッドといいパディントンといい熊は攫われるんですね

もやし
もやしさん / 2016年8月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ペルーのジャングルからやってきた ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

可愛らしい熊がロンドンで迷子(笑)
優しいお母さんが声をかけるシーンはほっこりした気持ちになる。
お父さんに自己紹介した際のクマ語「うぉ~」とお父さんの発音が違うのが笑えた。
それにしても『ミッションインポッシブル』的な演出入れすぎだろう。
あてつけにしてもBGMまで似たのを使うのはズルい(笑)
それ以外は正統派のファミリーコメディ。
非常にお上品な内容。
ドタバタシーンも押さえぎみの演出でおバカ映画寄りでないから、興醒めしないで観られた。

うにたん♪
うにたん♪さん / 2016年8月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 幸せ 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

パディントンのおうち

ペルーの森からロンドンの街にやって来たのは、女好き酒好きドラッグ好きな下品なクマ…とは正反対だった。
紳士なクマのパディントン!

イギリスの児童文学の映画化。
原作は知らないけど、映画は健全で良質なファミリー・ファンタジー。

姿は結構リアル。一応“本物のクマ”という設定なので。
でも、瞳も表情も仕草もチャーミング。
大事な赤い帽子を被り、挨拶する時は必ず天気の話題から。礼儀正しく低姿勢、健気で純粋、感謝の気持ちを忘れない。
あっちはぬいぐるみとは言え、同じクマでもお国柄によってこうも違うか(笑)
初めての人間社会、度々の騒動はご愛嬌。(クマなもんで…)
本名は“ウォ~”。
ママレードが大好き。
毛並みもふわふわ。CG技術も見事。
愛すべきパディントンに魅了される。
尚、クマが二本足で歩いて人間の言葉を喋っても周りが驚かないのは、日本で言う所の猫型ロボットと同じ世界♪

パディントンがロンドンにやって来たのは、家を探しに。
地震でペルーの棲みかを失い、叔父クマを亡くし、叔母クマは老クマホームへ。
その昔叔父叔母が出会った探検家の言葉、「ロンドンに来たら温かく歓迎しよう」を頼りにやって来たのだけど…
挨拶しても誰も返してくれず、皆不親切、頼りの探検家も見つからない、住める家も無い、聞いてた話とまるで違う…。
そんな時出会ったブラウン一家。
石頭のご主人、優しい奥さん、“キモい”が口癖の長女、変わった遊びや発明が好きな長男、それから忘れちゃいけない家政婦さん。
最初はパディントンを毛嫌いしていたお父さんも次第に…。
冷たい人間社会でやっと見つけた温もり。やがてそこが…
クマの目を通して人間社会をチクッと風刺、家族の絆にほっこり。

パディントンは珍しい新種のクマ。
剥製にしようと執拗にパディントンを狙う悪役はこういう映画に付き物。
そのクールな美貌が妙に悪役にハマったニコール・キッドマン。
元夫ばりの天井からぶら下がりまで披露!
ニコールが演じた役柄とパディントンには意外な繋がりが…!

原作がシリーズ化されてるなら、是非映画も。
例えばこんなの…「パディントン、アメリカに行く」。
くれぐれもあのテディベアには会わないで~!(笑)

近大
近大さん / 2016年8月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

原作とはまた違う面白さ

原作大好きで 原作のユニークさパディントンのおとぼけなでも真剣な面白さをどれくらい表現できるのか
と楽しみに観にいきました。

くまの雰囲気の印象はちょっと違うんです。物語もスケールがとても大きくなっていてしかも希少価値の熊だと狙われていて起承転結がはっきりあるお話につくられています。

けれど
パディントンの日常の面白さを書いたゆるやかな原作とは別物としてとても面白かったです。狙われている事自体はちょっと突飛で別物過ぎるなーとは思ったけれども。殺されるとか そんな環境ではパディントン生きてなかったはずなのに~と。

そして冒頭から悲しい。そしてパディントンの立場もここにいては迷惑なんだ‥というシーンがわりとあって 誠実で真面目で 何も悪いことをしていないのにと泣きそうになりました。

どたばたの数々の演出も派手めなアクションで可愛くて面白かったです。

あとはパディントンの森の中のおうちの素敵さ。最高におしゃれです

まゆ
まゆさん / 2016年7月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ファンタジー要素が抜群に輝く

パディントンが初めて外界へ繰り出す冒頭、電車を降りてから人混みの中をかきわけていく姿に何も違和感を持たないロンドンの人々。そして、煌びやかで神秘的な現実離れした内観を目の当たりにしたとき、本作が「ハリーポッター」の製作陣も携わったということを再認識する。振り返るとペルーでのパディントンの暮らしを垣間見る前にこの珍しい熊の生態をモノクロ映像で映し出すシーンが現れるが、ここからの映像美の落差も面白い。
物語は原作が児童文学ということもあり子供に優しい誰でも理解できるものになっている。ここに追求することは特にないが、それよりも出色していたのはファンタジー要素である。
電車を降り、路頭に迷うパディントンをブラウン夫妻が気にかけ一歩ホーム外へ出ると現実離れしたファンタジー要素とリアルな街並みで混交し異色なロンドン街に仕上がっている。他にも細工が功を奏し、例えばコーヒーを持ってくるのでも鉄道模型を使いユニークな運び方をしたりと「ホームアローン」を彷彿させるような子供心満載の演出には大人でも見入ってしまう。
ニコール・キッドマンやパディントン役として声優で出演したベン・ウィショーとキャストも豪華ながら、本作で注視したいのはとにかくファンタジーという要素をどれだけ感じられるか。親子鑑賞すれば様々な刺激をもらえる映画となっている。

森泉涼一
森泉涼一さん / 2016年7月1日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

かわいいくまさんだ 家族物語でよかった

かわいいくまさんだ
家族物語でよかった

Yoshi
Yoshiさん / 2016年6月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

定番すぎな既視感で、ワクワクできない時間

子供の頃、絵本が大好きだった、
くまのパディントン。
昔アニメもBSでやってましたね。
それが最新のCGで現代に蘇るのだから、
期待せずにはいられない。
予告編は、イマイチでしたけど(笑)

作者のマイケル・ボンドが、
1956年のクリスマス・イブに
妻にプレゼントした
クマのぬいぐるみがきっかけで、
思いついたお話らしいです。

で映画は上質なコメディとして、
よくできてましたよ。
お話は原作に忠実だし、
英国の豪華キャストも、素晴らしい!
悪役のニコール・キッドマンの妖艶さは、
さすがですね。
ディテールもCGもシナリオも、
悪者に立ち向かっていく
ストーリーも分かりやすいです。
ファミリーやデートで観に行くには、
王道で間違いない
エンタメムービーでしょうね!

そう、
悪くないんですよ、面白いんですよ。
完成度も高いし、
子どもも大喜びですよ。
でもね、あえて言わせて貰えば、

定番すぎる!!
もう既視感がありすぎて、
ワクワクしないんですね。
スチュワートリトルにTEDに
その他いろいろ。
きっと映画化が、
遅すぎたのかもしれません。
真っ先にやらなければいけない、
原作なはずなのに...。
しかもこちらは児童向けの原作だから、
薄っぺらいとこは否めない。
Disneyチャンネルのファミリーコメディを、
延々と見せられてる感覚になっちゃって。
イマドキは、よくできてますからねぇ。

いつものように、
期待しすぎちゃったのが、
敗因です。
普通に、楽しめる映画なのでしょうけど。
ええ、独り言ですので、
お気になさらずに(笑)

Cディレクターシネオの最新映画レビュー
Cディレクターシネオの最新映画レビューさん / 2016年5月23日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  笑える 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

パディントンがかわいかった!

くまのぬいぐるみ、はっくんを連れて行って、一緒に鑑賞!期待していたより、ものすごく良かった♪原作を読みたくなり、帰りに図書館に寄った♪

海(カイ)
海(カイ)さん / 2016年5月18日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ある意味コリン・ファース版も気になる

くまの声はコリンじゃなくてウィショーさんで正解でしたね。ダウントンのグランサム伯爵役のボネヴィル氏演じるブラウンさん(一家のパパ)が身体を張って大活躍。クスリとさせられる箇所もたくさんあって、楽しい映画でした!

guts2
guts2さん / 2016年4月12日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ほんわりと

単純に 面白かったです

パディントンが 落ちてたら 拾いますね(笑)

るい66
るい66さん / 2016年3月3日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

単純に面白い!!

CG、動物キャラ予想通り期待外れなく単純に面白かったです(^o^)
パディントンが動物キャラですが、登場する他の人間より一番マトモな性格。
他の人間たちは皆変わり者で愛らしかったです。

ちぃ
ちぃさん / 2016年3月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

普通

特に期待もせずに観に行ったが、他の方が書かれているような笑い、感動は感じられなかった。
熊のリアルな質感、マーマレードの素晴らしさは伝わった。

あと異種族感の愛という点に置いては、美女と野獣を無性に観直したくもなった。

結論、マーマレードが食べたくなる映画だった。

にこ
にこさん / 2016年3月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

so sweet

パディントンのチャーミングさがリアルに演じられていて可愛かったー!ストーリの脚本や使われている小道具なと質もよく家族愛もホッコリ。子供も大人も幸せな気分になれる作品です。

orin
orinさん / 2016年2月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

161件中、61~80件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi