彼は秘密の女ともだちのレビュー・感想・評価 (2)

彼は秘密の女ともだち

劇場公開日 2015年8月8日
49件中、21~40件目を表示 映画レビューを書く

どう捉えるべきなのか?

フランス映画鑑賞は初です。フランス映画は長くて飽きるとよく聞くので不安でしたが、全くそんなことは無く楽しめました。

ダヴィッド役の俳優さんが凄いです。歩き方や仕草がまさに女性そのもの!美脚だし(笑)
メイクやファッションもおしゃれで、さすがフランスだな〜って感じました。映像も音楽も美しかったです。

女装癖がある男性との単なるラブストーリーかと思ってましたが、実に奥が深い。セクシャルマイノリティについて、心と身体について、、、うーん私には難しかったです。
ただ、ヴィルジニアがどんどん女らしくなっていくのがすごく面白かったです。ウィッグ無し+ランジェリー姿は結構キツかったです(笑)

最後は、、、旦那はどうなったんでしょう?そこが少しモヤモヤ。旦那の存在をもう少し大きくしても良かったんじゃないかな~と思います。

フランス映画初心者の私には当たりでした。

あむのす
あむのすさん / 2016年3月31日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3.4

なんとなくモヤモヤが残る映画だった。難しい題材で現代にあったテーマであるために、考えさせられることもあった。
しかしこの映画は少し特殊だと思う。同性愛というより、一個人としての個性や感情、つまりは人間の本質を問う映画ではなかったのかなあ、と思った。一人ひとりに個性があって、誰もそれを干渉してはならない。でもそれが害を有した場合、規制を認めていいのか。そんなことを伝えたかったんじゃないのか。
映画のテーマはこんなことじゃなかったかも知れないけど、最近こういったことで考えたことがあったので、見ていて関連づけてしまった。モヤモヤが残ったのはこのせい。

映像はとてもすきだった。フランス映画は何もかもが綺麗。「サンドラの週末」でもそうだが、服とかだけじゃなくて、家具や町並みなど、映画全体色彩とか雰囲気がとても美しかった。フランスに住んでフランス語とか話せたらいいなあ、と思った。
音楽もセンスも終始よかった。

onaka
onakaさん / 2016年3月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

観やすさに驚き。

意地悪オゾン監督の次の進化を目の当たりにした一本。

描くのはいつも通り「倒錯」なのに、映画として非常に楽しめ観やすくなっているのが凄かった。

中身をつつき回すのは野暮、オサレアート系筆頭オゾン監督作品が娯楽と共存した事が驚きの作品。

いや、「8人の女たち」の分岐点へ戻りったのか

レビューも書かない阿呆からのフォローは迷惑千万、好きこそモノのヘタレなれ
レビューも書かない阿呆からのフォローは迷惑千万、好きこそモノのヘタレなれさん / 2015年12月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

軽くない。

もっと軽く観られると思ってたのに、どんどん重くなってきた。中盤ころまでのヴィルはキュートで、ああいう友達欲しいと思ってしまった。
人はそれぞれ違ってていい。その人なりに幸せであれば。

okuy
okuyさん / 2015年12月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

終盤で飽きる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

子供と夫を残して死んだ親友との約束は、
その二人の面倒をみるということ。

しかし、その親友の旦那は女装癖があった…。
女なのか男なのかわからない彼と、不思議な関係に落ちていく…という話なのですが。

途中までは、女装したい彼に付き合って買い物に行ったり、目的がはっきりしている。

でも、側から見たら親友の旦那と買い物に行くのであって、そこを自分の旦那に言えないってことは、そういうこと…なんだろうなと。

暴走する二人は亡くなった親友の別荘に泊りがけでデート。
ここまできたら浮気です。

主人公は親友の旦那とセックスしかける夢まで見る。
完全に心も彼の虜です。
本人は認めないけど。

そして燃え上がった二人はホテルでことに及ぼうとするんですが、彼のモノに気づいた主人公は「あなたは男よ…!」といって飛び出て行ってしまいます。

そしてそれを追いかける彼が事故にあって意識不明の重体。
このあたりの陳腐な設定でがっくし。

そして、病院のベッドに眠る彼を女装させてメイクさせて、彼女がつけた女装の時の名前を呼ぶと目をさます、という。

主人公の中で、彼が男と女どっちに落ち着いたのかがわからないまま、エンディングへ。

終盤の流れに飽きてしまいました。

Natsumi
Natsumiさん / 2015年11月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

オゾンには

逆らえない。公開されると無条件で観てしまう。
中でも本作は上位に入る好きな作品でした。
まず、邦題なんとかしてくれ…あとゆるふわなポスターも。勘違いして観に来ちゃった人が気まずいだろ!
改めて自分が腐れノン気だという事を確信しました。一番興奮したのテニスの後のシャワーの男×男の絡み、ジルのお尻〜♡←いらない情報
セクシャリティの曖昧さを丁寧に描いている良作←取って付けたように

nao
naoさん / 2015年10月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

観やすかったフランス映画

個人的にフランス映画は得意ではなかったが、観やすかった。

最初は同性愛者の話かと思った。
違った。

友だちが亡くなるぐらいまではさすが、フランス映画と、ウルっとした。

テニス中の乳首が気になった。

旦那さんには早く打ち明けるべきだったな!

てか、財力の差!!!

CinemaExpress
CinemaExpressさん / 2015年9月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  泣ける 笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なかなか興味深い話

おもしろい話でした。女装趣味なんてさして問題を感じませんが、同性愛のほうがカミングアウトしやすいものなのかと驚いた。しかし何の説明もせずに夫に嘘ついて男と泊まり旅行って時点で終わってるなあ。この映画は、女性の感想に興味がある。

とむ
とむさん / 2015年9月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

親友が赤ちゃんを残して死んでしまい、面倒を見ると約束した旦那さんと...

親友が赤ちゃんを残して死んでしまい、面倒を見ると約束した旦那さんと赤ちゃんに会いに行くと実は旦那さんには女装癖が!でもその旦那さんの力になろうと一緒にショッピングしたりしてると、一緒にいるのが親友の夫なんだか女友達なんだか、彼も恋愛対象は異性なので、秘密を理解する彼女に惹かれてしまい、告白されて、あー頭の中ゴチャゴチャ!でも気づくとこれまでとは違う自分がいる…というコメディです。
全体的にはコメディでも、そこはフランス映画、セクシーなシーンも多いです。

ミーノ
ミーノさん / 2015年9月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実に醜悪

妻を失った男が女装癖を甦らせる。そして亡き妻の親友である女性との間に友情とも愛情ともつかぬ感情を抱く。
ロマン・デュリスの女装した姿が醜悪だと言いたいのではない。
かと言って美しいとも思わないが。
ゲイ、女装する男、女装癖を持つ男があこがれる女性のスタイル。これらのセクシャリティの描き方があまりにもステレオタイプなのだ。観ていて息が詰まりそうなほどに。ゲイが夜の道端に立って客を誘うシーン、バーで寄り添うカップルへの視線など、ゲイのアプローチってこんなもんだろうと言わんばかりの描写が続く。
フランソワ・オゾン自身が同性愛者であると公言しているくらいだから、そこにゲイへの蔑視があるとは思いたくない。しかし、これはどうやら、ゲイであることと、セクシャリティの多様性に自覚的なこととは別のことらしいことが伺える。
この映画は、セックスとは男と女である。男とは。女らしさとは。云々というセックス観の固定化と同様に、ゲイとはこうである。ゲイらしさとは。というゲイに関しての固定観念を増幅させているに過ぎない。
だから、女装癖を持ちながらも同性愛者であることを否定する主人公に幸せをつかませることが出来ないはずなのだ。事故で意識不明となり、そこから回復した主人公のとってつけたようなエピローグは、この物語が結局彼の幸福を認めていないことを示唆している。本来は植物状態のままで主人公の人生は終わっているのだろう。

現在、日本で公開されるフランス映画は減っている。その中で、毎年確実に公開されるフランスの映画作家はフランソワ・オゾンただ一人と言ってもよい事態が辛い。

よしただ
よしたださん / 2015年9月10日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

フランスの美しさ

この映画にはフランス的美学が凝縮されていたように感じる。
その中でも、光の捉え方に注目した。
森の中の木漏れ日、冬の切なさや寂しさを感じさせるどこか頼りない日差し、まるでモネの作品をみているかのような気分でした。ショッピングモールなどどこかフランスらしくない面が強調されていたように捉えがちですか、フランスに残る神聖な空気も感じることができた作品でした。

ぞの
ぞのさん / 2015年9月4日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

夫の立場は? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

正直、最後は釈然としなかった。
性については、ボーダーレスになってきているものの、これは、また違った形なのかも知れない。
どうするんだろう…と心配しながら観ましたが、最後は、きちんと説明(描写)してはいなかったけど、主人公の旦那にはハッピーエンドではなかったと思う。
それって、どうなの?ちと考えさせられました。

kawauso
kawausoさん / 2015年9月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

女装子がときどきヒラリー・スワンクに見えます

女装子がときどきヒラリー・スワンクに見えます

十夢
十夢さん / 2015年8月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

La vie est belle

妄想?倒錯の世界が展開するのかと思いきや、ホント軽やかに大切なことを気づかせてくれる映画。
本当の自分、自分らしさを認めて、それを大切な人にも認めてもらえることの、なんて素晴らしさ!
ある意味、究極の生き方かも。

mina
minaさん / 2015年8月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

女装者として思うこと

私自身が女装者なので、大変興味深くこの映画を観ました。

おそらく大多数の女装者が望んでいるのはジルの存在です。
女装者は理解してくれる人もほとんどいなく、自分一人で悩んでいる人が大多数だと思います。

女装者は決して性的興奮を得るために女装しているわけではなく、おそらく自分の中にある女性的な部分を公共の場にオープンにしてみたいという気持ちが強いと思います(それが難しいんですけどね)。

私は月に一回くらい女装して新宿を歩くのですが、女性用のアパレルショップで試着しながら洋服を買うのが何よりの楽しみです。特に伊勢丹の接客姿勢は素晴らしく、女装の私にも何着もの試着をまるで女性のように対応していただいています(プロです)。でも本当にジルの存在が欲しいです。

映画に戻ります。日本での女装の取り扱いは面白おかしいトーンですが、この映画はしっかりと真面目に正捉えているところに感銘を受けました。私は今後ダヴィッドのようにパブリックにオープンに、女性として生きてはいけないと思いますが、一月に一、二回女装して女性の気持ちで新宿を歩けたらいいなと思っています。

武蔵野館は女性ばかりでしたが、私も女装して観賞させていただきました。気づいた人がいるかもしれませんね。

Mizuki
Mizukiさん / 2015年8月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

流石にフランス映画

何といってもフランス映画
映画を観るならフランス映画さ と言いたくなる映画。
ただ、前半の終わりにダラダラ感があって、それが減点。
この世界を重苦しくなく描いたのが良かった。
最後の落ちが少しわからなかった・・・・・
二人はどんな関係になっただろうか?
これを決めつけないのもフランス映画?

シネパラ
シネパラさん / 2015年8月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

多様な愛の形。

さすがフランス映画、家族愛とか夫婦愛とか青い感じの友情とか、そういうステレオタイプに収まらない愛の形をサラッと描いてます。
サラッとってところがポイント高い。

なおこ
なおこさん / 2015年8月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自分に正直に。

人生一回っきり!自分の心に素直になって生きていこう!と思いました。特に恋愛に関して!いつ死んでしまうなんて誰にも分からない。悔いのないようありがとうやあなたが好きです、という気持ちをちゃんと伝えたいと思いました。

どらん
どらんさん / 2015年8月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ただの女装好きな人の話かと思いきや!

さすがフランス映画ですね。
深い!そして音楽がかっこいい!

にゃー
にゃーさん / 2015年8月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

誰でもいいんじゃない、君じゃなきゃダメなんだ

これ、どういえばいいのか、ちょっと戸惑うのだけれど、ファム・ファタール(宿命の女)に絡めとられた男女ふたりのハナシなんだろう。
絡めとられた、というのが不適切なら、魅入られた、とでもいうべきか。
もしくは、男女ふたりの方が、ファム・ファタールを視つづけているというところか。

ダヴィッドは、ローラが死んだ後、自分の女性に気づいていき、女装までするが、好きなのはローラ。
クレールはクレールで、ローラが好きなのだ。

ダヴィッドもクレールも、ローラの身代わりで互いで互いを愛していく。
愛を深めるうちに、互いが互いの肉体を求め合うようになるのであるが、ローラの身代わりとして相手を愛しているので、どうにもこうにももどかしく、アンビバレンスな状態に陥ってしまう。
しかし、ダヴィッドの事故をきっかけに互いが互いでなければならない、ローラの身代わりでない、ということに気づく。

そんな映画だと解釈した。

同性愛だからといって、自分を受け容れてくれるなら誰でもいい、というわけではない。
あなたに、きみに、受け容れてほしいのだ。

誰でもいいんじゃない、君じゃなきゃダメなんだ。
クレールとダヴィッド(女性に生まれ変わってヴィルジニア)は、観た目は奇妙だけれど、愛情はどこもヘンじゃない。

まぁ、そんな映画です。

演技陣ではロマン・デュリスがとにかく上手い。
フランソワ・オゾンが好みとするタイプではないはずなので、一度組んでみたかったのでしょうね。
当初は、女装した大柄な男性にしかみえないのが、徐々に女性にみえてくるのですから。

ただし、ファム・ファタール、ローラ役の女優さんには、いまひとつ魅力を感じませんでした。

りゃんひさ
りゃんひささん / 2015年8月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

49件中、21~40件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報