「オゾンが素直に女を愛でた、新たな一作。」彼は秘密の女ともだち 天秤座ルネッサンスさんの映画レビュー(ネタバレ)

ホーム > 作品情報 > 映画「彼は秘密の女ともだち」 > レビュー > 天秤座ルネッサンスさんのレビュー
メニュー

彼は秘密の女ともだち

劇場公開日 2015年8月8日
全49件中、16件目を表示
  •  
映画レビューを書く

オゾンが素直に女を愛でた、新たな一作。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

幼いころからの親友同士の女2人の内、一方が病に伏せ他界した後、亡き女友達の夫の女装癖を知り、女装した彼との間に不思議な友情、そして不思議な浮気が発生していく。うん。これはフランス映画でないと成り立たないし、なんなら、フランソワ・オゾンでなければ描けない話のような気がする。
この映画で一番うれしいのは、女装癖を持つ男性をロマン・デュリスが演じたことだ。細い足と薄い体こそ、女装向きであるものの、しっかりとした顎や濃い髭などはまったく女性的ではない。最初に女装姿を見せる瞬間の衝撃たるや。しかし、それがいいのだと思う。映画で「女装」や「同性愛」を描く際、女装して美しく見える男優を起用するのが決まりのようになっている。しかし、世間一般にいる女装家たちが皆美しいとは限らない。むしろそうでない人の方が多いはずだ。そう考えたとき、この映画で女装をするのがラファエル・ペルソナではなくロマン・デュリスだったことが実に心強い。
原題は「Une nouvelle amie」。「amie」には「女友達」のニュアンスと「(女の)恋人」というニュアンスの両方がある。ちょうど「ガールフレンド」という言葉が一番近い感覚かもしれない。親友を失った後で生まれた新しいガールフレンドの異様さと奇妙さと気高さ。二人とも同じ大切な人を失った者同士で、女装の中に亡きローラを求める一人と、女装するダヴィッドの中にローラを見つける一人として、理解し合える部分があるのは分かる気がするし、分かるような気にさせる映画になってくれている。そして、セクシャリティやジェンダーの境界線を軽やかに超えて、しかも自由にステップを踏みながら行き来するようにして、二人が次第に距離を縮め壁を取り除いていく様に、不思議な魔力を感じる。もともとローラとヒロインのクレールの間の友情も、どこか同性愛的なムードが漂っていた。そしてクレールが女装したダヴィッドと情事をするその途中で「あなたが男だから」その先が出来ないと逃げ出してしまう・・・。なんだか耽美の国の物語のよう。
フランソワ・オゾンと言えば、女の醜悪さを見出してはそれを愛でるような(いい意味で)悪趣味な映画が多かった印象だが、この映画に関しては非常に素直に、女として生きることを謳歌する楽しさと美しさを称えているように見える。女として生き、女として着飾り、女として女と友情を持ち、女として女を愛する、そんな悦びが、生まれたときから女であるクレールと、妻の死後女装に再び目覚めたダヴィッドの双方から感じられる。ヒロインの夫ジルからしたら、たまったもんじゃないだろうけど。

天秤座ルネッサンス
さん / 2016年6月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報