彼女について私が知っている二、三の事柄

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「メイド・イン・USA」と同時に製作されたゴダール監督作品。4000世帯を収容するパリ郊外の団地で夫と子供ふたりと暮らすジュリエット。夫にとって自慢の妻だが、昼間は売春をして買い物を楽しんでいる主婦のひとりだった。アメリカがパリにもたらす夢の虚像、68年の革命への予感を孕んだ本作は、大島渚監督「絞死刑」との作品交換で日本初公開された。

1967年製作/87分/フランス
原題:2 ou 3 choses que je sais d'elle
配給:フランス映画社

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.0もう物語に興味が無いんだなぁ!?

2018年1月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

難しい

寝られる

ゴダールが色々な人の姿を借りて語りたいコトを好きなだけ語る登場人物たちは会話のやり取りヨリも観客側に向かって語る!?

哲学?政治学?社会情勢?世界情勢?アメリカ?映画で物語を撮らなくなってからのゴダールはエゴが強いと言うか難しいコトばかり考えて日々を生きている偏屈な男、そして犠牲になる観てしまう自分自身!?

ジガ・ヴェルトフ集団で懲りたのにそんな感じの雰囲気でってココら辺からソッチ方向に近づき始めたのかまた小難しいゴダールに触れてしまった!?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「彼女について私が知っている二、三の事柄」以外にこんな作品をCheck-inしています。