旦那様と奥様と召使い

劇場公開日

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

近代化の兆しに取り残された上流階級の生活を、召使いの視点から描くドラマ。製作・出演は「十四夜の月」のグル・ダット。監督はグル・ダット作品で多くの脚本を手掛けたアブラール・アルヴィー。共演にミーナークマーリー、ワヒーダー・ラフマーンほか。2000年3月3日~3月11日、国際交流基金フォーラムにて開催された『インド映画の奇跡 グル・ダットの全貌』で公開。

あらすじ

19世紀末、イギリス統治下のカルカッタ。人々を搾取する兄、放蕩三昧の弟、そして寂しさから酒に溺れる妻という上流階級一家を、彼らに仕える召使いが見つめる。

1962年製作/173分/インド
原題:Sahib Biwi Aur Ghulam

スタッフ・キャスト

監督
アブラール・アルヴィー
脚本
アブラール・アルヴィー
原作
ビマール・ミトラ
製作
グル・ダット
撮影
V・K・ムールティ
音楽
ヘマン・クレール
  • Atulya Chakraborty 'Bhootnath'グル・ダット

  • Chhoti Bahuミーナー・クマーリー

  • Jabaワヒーダー・ラフマーン

  • Chhote Sarkarラフマーン

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く

他のユーザーは「旦那様と奥様と召使い」以外にこんな作品をCheck-inしています。