くちびるに歌をのレビュー・感想・評価

メニュー

くちびるに歌を

劇場公開日 2015年2月28日
198件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ずーっとじわじわ

まったくのノーマークだったが、なにやら評判が良さそうだったので思い切って観てみた。

極力余計な予備知識など入れずに観たが、涙腺崩壊とか号泣という感じではなく、ずーっとジワジワ、ウルウルが続く感じ。

ストーリーは、ある意味ありがちな内容で、期待を裏切る何かがあるわけではないが、とにかく観て良かったと素直に思える作品だ。

主演のガッキ―はもちろん、子供達がいい。
特に男の子と、部長の女の子。
切ないね。

そして、たぶん彼らが本当に歌ってると思うが、合唱のシーンが実に感動的だ。

設定や演出など気になる点はあるものの、総合的とても良い作品で、『文部科学省推薦』とか付いてもいいくらいだ。

いま15歳の人にも、ずっと前に15歳だった人にも、年代問わずお勧めしたい。

で、やっぱりこの歌は間違いなく名曲だ。
今後アンジェラ・アキの 『手紙~拝啓 十五の君へ~』が聞こえてきたら、なにかがこみ上げて来そうな気がしてならない。

META坊
META坊さん / 2019年3月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

現役合唱部時代に死ぬほど泣いて観た映画です

高校で合唱部に所属していた時、同期の子と一緒に観に行ってめちゃくちゃ号泣しました。

合唱ってずるいですよね。ストーリーが深い浅いはともかく、あの歌声は胸にくるものがすごくありました。
合唱はひとりひとりの声が重なって、それぞれの表現したい世界や想いが連なって完成するものなので
そこに至る過程の生徒たちや先生の悩みや苦しみもすごく大事なものだと思います。

合唱をしていて、一番大事なのは表現力だと思います。
この映画の重要なキーになっているのはアンジェラ・アキさんの「手紙」という曲で、
実際にNHK学校音楽コンクールの課題曲になった曲です。
いろんな現実に直面して、悩んでいる10代の彼らだからこその表現力で
あんなにも、ひとつひとつの歌詞が心に響くのだと思いました。

最後のコンクールの会場になった長崎市公会堂は立て壊されてしまったので、懐かしい気持ちにもなる作品です。

アボカド夏子
アボカド夏子さん / 2019年3月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

歌を聞くだけで泣ける ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

活発でないガッキーの作品。
ガッキー演じる天才ピアニストが子供達との触れ合いにより、徐々に心を開いていく。
手紙が好きな歌であることも相まって、歌われるだけで泣けてくる。
変な恋愛要素など織り込まれていないのが、好印象。
今回、三木監督の作品だから見たが、この監督には毎回泣かされている気がする。

今度は遡って、青空エールを鑑賞予定。

ふぁーびー
ふぁーびーさん / 2019年2月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こういう映画撮らせたら鉄板!

新垣結衣さん演じる口数の少ない、
いつも不機嫌な先生。
映画の前半2/3がこの状態で、ガッキーファンには
見てて辛い。

ストーリー的には予定調和の一作。
三木孝浩監督と音楽の松谷卓コンビ。
雰囲気は文句無しですね。
このコンビが後の「ぼく明日〜」を生み出す。
最高〜😆

最後に全員で合唱するとか、優勝出来なかったけど
みたいなって、青空エールもそうだったな。
原作者は違うのに、同監督の映画は、
こういう演出が定番化??

ま、好きだからいいです😊

ツアステ侍
ツアステ侍さん / 2019年1月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

食わず嫌いはいかんねぇ

別にアンジェラ・アキのファンというわけでもなく、この映画のネタとなった曲も好きなわけでもなかったので、映画は完全にノーマークだったのだが、何の気なしにレンタルで借りてきて見たらば。

良いじゃないか。

大人も子供も良い人、良い子ばかりで照れくさくなるほどストレートにテーマをぶつけてくる映画で、「青春映画とは(あるいは音楽映画とは)かくあるべし」という固定観念に囚われがちなスレてしまった現代人としては、どうしても斜めから見て鼻で笑いたくなってしまうのだが、ここまで正面から語られたらこっちも素直になっちゃうよね(笑)

本作で唯一、スレた観客の期待に添う「ヒネた人間」として出てくるのが新垣結衣が演じる産休代理の音楽教師で、つまりこれは子供たちの青春映画であると同時に彼女の再生物語でもあるわけだけど、その彼女の挫折の理由も、そして心を開いていく過程も、ぶっちゃけクサいのだ。
照れくさくなるほどクサいのだけど、こうまでストレートに語られたら感動してしまうじゃないか。

新垣結衣は、彼女を嫌いという人なんているのか?というほどの押しも押されもせぬ国民的女優だが、正直なところ、彼女を「上手い」と思ったことはない。
でも、逆に彼女を見て浮いているとか作品の世界を壊している、と思ったこともないんだよね。
こういう典型的なツンデレ(笑)な役を納得させてしまうというのは、やはり底知れない実力、なんだろうな。

他のキャストも、この一つ間違えば青臭くて照れくさくて見てられないような真っ正直な話を、きっちり自然に見せてくれる実力派揃い。

DVDを買って、生きるのに疲れて心が汚れちまったな、と思った時に見ることにしようか、と思うほど、心が洗われる良作だった。

flying frog
flying frogさん / 2019年1月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

真っ直ぐな感動作。最後の小さな奇跡は久しぶりにグッときた。

真っ直ぐな感動作。最後の小さな奇跡は久しぶりにグッときた。

harao
haraoさん / 2019年1月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心に響いた

最初の方は何とも思わず観ていたけれど、どんどん引き込まれていく…そんな作品だった。

酷評が多いようだけれど。
ちょうどこの少年少女達と同じように悩んだ経験がある人なら、アンジェラアキのこの曲と共にこの作品はすごく響くと思う。

私はいろいろと辛い思いもした。だから涙を流して観ました。

みんな自分の価値、生きる意味を探し求めて。

yupppiii
yupppiiiさん / 2018年8月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しい声をもつサトルの話が良かった。15年後の自分へ宛てた手紙の宿...

美しい声をもつサトルの話が良かった。15年後の自分へ宛てた手紙の宿題を提出する。自閉症の兄を持つが、自分を取り巻く状況に素直に向き合っていて、兄の為に自分は存在しているとさえ思っている。

柏木先生とナズナ、サトルのストーリーが主でよくあるタイプの部活ものとは違う。部活動自体はさらっと。「...あつい。」の一言で先生の性格をあらわすのとか上手い。

葵わかなと垣松祐里以外の生徒ほぼ見たことなくて、全員中学生にみえる。中心メンバーぽい4人は本当にかわいい。

なんかひっかかる部分は先生がピアノをやめた理由。事故は自分のせいだと思い込んでいること。あと再びピアノを弾き始めるきっかけ。ここが一番の見せ場だと思うのだけれど。
親父がクズ過ぎて傷つくナズナ。自分の心中を吐露してさらに傷を深くしてしまい、いたたまれなくなり屋上へ。ナズナを思い、未来の自分へ宛てた中学生の時の手紙を思い出す先生。きっかけとしてはわかります。ここまで随分ひっぱってきたわりになぁという感想。先生が復活する場面としては弱いと思った。

メッセージを消去し、汽笛が鳴る。長い音2回は出発の合図だ。前進前進。
昔はもちろんこんなんじゃなかった先生が普通に笑えるようになるまで。という映画としては凄く良かった。

yonda?
yonda?さん / 2018年7月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一歩踏み出す勇気~悩んでいるのは自分だけじゃない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

NHK全国学校音楽コンクールの課題曲となった名曲「手紙~拝啓 十五の君へ~」。その作者であるアンジェラ・アキのドキュメンタリーを元に書かれた原作を映画化した、長崎の島の中学生たちと悩みを抱えた女性が、合唱を通して交流し成長する姿を描いた感動作です。

五島列島のとある島の中学校に、音楽の臨時教師として、新垣結衣演じる元ピアニストの柏木が赴任してきます。
合唱部の面々は沸き立ちますが、彼女はとある事情からピアノが弾けなくなっていました。
前任教師の友人の頼みからしぶしぶ合唱部の顧問を引き受けますが、それが彼女が一歩を踏み出すきっかけになっていくとは、彼女自身そのときは知る由もありませんでした…。

15歳、という思春期真っ只中。子供と大人の間のような中途半端だけど、とても大切で貴重な時間ですね。様々なことに悩み、傷付き、もどかしい想いを抱いている合唱部の生徒たち。
そんな彼ら、彼女らと出会い接していく内に、自分より年下の子供たちも、それぞれに想像もできないような苦しみや悩みを抱えていて、悩んでいるのは自分だけではないのだと、それを乗り越える勇気をもらっていきます。それを体現する新垣結衣の演技が心に響きました。

そして迎えるクライマックス。長崎県大会のホールに響く、それぞれの想いが宿り、青春の全てを昇華させるような美しい歌声に、涙が止まりませんでした。心に太陽を、くちびるに歌を、朗らかな調子で…。

島の美しい風景と共に紡ぎ出される、「二十四の瞳」を髣髴とさせるような、教師と生徒たちの心の交流を描いた青春映画の名作だなぁ、と思いました。

syu-32
syu-32さん / 2018年6月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

新垣結衣が可愛すぎた! 青春って感じが良かった。 中学生だって色々...

新垣結衣が可愛すぎた!
青春って感じが良かった。
中学生だって色々ある。コンクールで皆がひとつに一生懸命になって歌う姿に感動。

これから先も辛いことはあるけど、前進、前進。

と最後のガッキーから生徒へのメッセージがすごく心にしみた。
いい映画!

りり
りりさん / 2018年6月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自力だけでは立ち上がれない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

悩みを抱えた生徒を新任の先生が救う話かと思ったら、
悩みを抱えているのに頑張る生徒を見て、先生が救われる話だった。

子どものほうがよっぽどひたむきに前を向き、周りを支えようとしている。
泣かせに来ている映画だけど、こんなん泣いてしまうよ。

結構、大団円とは行かない流れになっていて、
ナズナの父は結局クソ野郎のままだし、
桑原クンの「親は兄のために自分を生んだ」という、
健気だが親の心子知らずな誤った認識を正すシーンも描かれない。

けど、そういうところも含めて、現実のまさに15歳のその瞬間を
切り取っているようでリアリティがあった。

ただ、緊急出産のエピソードは、
いち教え子にすぎないナズナがフォーカスされるのは不自然で、ご都合主義に感じた。

いもりり
いもりりさん / 2018年6月10日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

(愛のある)ダメ出し

典型的なお涙頂戴の邦画って印象なんだけど
他のレビューは軒並み高評価。
ちょっと自分の感性が不安になってきた…。

唯一良かったのはラスト近くのフラッシュモブ的な大合唱。
あそこは集大成って感じがして非常に良かった。
ので、★プラスひとつ。

自分が30代のおっさんなせいか登場人物の誰にも感情移入できず
後半の「恋人が…」っていうありがちなトラウマに
それまでの盛り上がりというか期待感が、さぁっと冷めてしまった。
作品テーマはたぶん「それぞれの存在意義とは」だと思うんだけど
ありきたりな設定じゃなく、もっとテーマを掘り下げるような、
柏木先生の本質的な存在意義を掘り下げるような設定(トラウマ)にしてほしかった。

そしてひとつ言えるのは、主人公はガッキーでも部長でもなく、
きっと桑原くんだってこと。
無垢な彼の思いは確かに尊いものなんだけど、
自分の役割を意識しすぎるあまり、
ある意味で奴隷のような人生になってしまわないか、おじさんとしては心配に…。

ともあれ、こういった自己犠牲を美しいものとして描く映画ってどうなんだろう?って最後までモヤモヤすることになってしまった。

中学生男子はそんな事できない、とか
本番前にそんな連絡すんな、とか
桑原くんの父親がクソすぎるだろ、とか
気になってしまった点は他にも色々。

邦画、もっと頑張ってくれ。

mar
marさん / 2018年5月28日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

二度目でも泣ける ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

やばいこれ、泣ける。劇場でも泣いたし、今家でも泣いた。
少年少女の声に乗せて、みんな不幸や不安を抱えて生きている、その情景が思い出すと泣けてくる。
新垣結衣といえば俺は間違いなくこの映画!
桑原くんの作文は最高に泣ける。
あんな事情を抱えて生きていく、そんなことがあるのかと。
とにかく最高。

ずん
ずんさん / 2018年4月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感動。

号泣。。。

Katie & Eight...
Katie & Eight...さん / 2018年4月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

中学生のひとりぼっちだなと毎日思っていた頃を思い出して泣けました。...

中学生のひとりぼっちだなと毎日思っていた頃を思い出して泣けました。まだ15年後ではないですが、歌詞の通り今子供がいてひとりぼっちではなく幸せなので15歳の頃の私に教えてあげたいなと思いました。とても感動する映画です

nana
nanaさん / 2018年2月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

監督さん尊敬します

よかった
泣けた
人生変えない
泣ける展開あるあるです。
でも泣いたよー
それでいいのです。

プチトマト
プチトマトさん / 2018年2月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

しっかりしてるストーリー

内容も映像も、間の使い方も個人的にはかなり好きな映画でした(^^)

無理のない学生のチョイス、要所に光る配役、観ていて無理無理!!という箇所がない作品だったかなと♪

自閉症の兄を持つ彼の(15年後の私)は重い想いを軽く伝えるステキなシーンだった。

それぞれの人間の背景をしっかり伝えながら進んでくれるので、本当に観やすい、しかも終わった後に気持ちの良い、ステキな作品(^^)

静か
静かさん / 2018年1月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

青春✖️苦悩

大人になると諦めてしまったりそんなに悩むことが減っていく。青春時代の子供達がどれだけ色々なものに悩んでまっすぐに進んでいくのか忘れていた。努力や誠実さはいつでも受け入れられるし許されと思った。

とてもいい映画です。

7rancha
7ranchaさん / 2018年1月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

The 青春!

合唱って素敵だなと素直に思える作品でした。

音楽教師として生徒を指導する新垣結衣さんの演技にも好感が持てましたし、先生に一生懸命意見を伝えようとする生徒たちの姿に感動しました。

生徒それぞれがいろいろも悩み苦しんでいる中で、合唱という一つの目標に向かって一生懸命努力する姿は青春だなと思えました(笑)

「拝啓ら十五の君へ」は、たまに聴きたくなる素敵な曲…。

この映画で再加熱してしまいました(笑)

15歳の青春っていいですね‼︎

ガーコ
ガーコさん / 2018年1月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心が浄化される ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

合唱によって立ち直る柏木先生のストーリーかと思っていたがそれだけでなく、出演者ほぼ全員にストーリーがあったのが良かったです。
なんか羨ましくもなりました。

イババ
イババさん / 2017年12月26日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

198件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報