劇場公開日 2016年3月12日

  • 予告編を見る

エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)のレビュー・感想・評価

2.8186
9%
23%
39%
20%
9%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全186件中、41~60件目を表示

0.5んー

2016年5月18日
スマートフォンから投稿

とてもつまらない映画でした。エベレスト3Dがずっとマシだね。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
だたーる

3.0ただただ…。

2016年5月17日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

羽生(阿部寛)の凍死体が一番脳裏に残っちゃった!エヴェレストの迫力は凄かった!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
海(カイ)

1.0小説と映画、両方味わって

2016年5月14日
iPhoneアプリから投稿

原作 夢枕獏がこれ以上の作品は生涯つくれないと言うだけあって、小説は本当にお勧めします。これを映像で見てみたかったので、公開最終日に見ることにしました。小説と映画を比較することはしません。#エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ハクタカ

0.5駄作

chaiさん
2016年5月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

原作に描かれている羽生の生き様や葛藤が全然描ききれていない。
そして何故深町が羽生を追っていくのかの説明が浅すぎる。

何故山に登るのか、そこには命を削ってまで挑まなければならない人の業などが原作にはしっかりと表されているが、この映画はコアの部分で表現されておらず、只のエンターテイメントになってしまっている。

キャスティングもほぼミスキャストにしか思えない。
観客を馬鹿にしてるとしか思えない映画だ。

エヴェレストでの撮影もただの観光客寄せイメージビデオにしか感じられない。

原作が秀逸な分最悪な映画としか評価出来ない。
こんな映画を提供すること自体、映画に対しての冒涜としか思えない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
chai

3.0とにかく、阿部さんの迫力の演技が凄い

葉晴さん
2016年5月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

とにかく、阿部さんの迫力の演技が凄い

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
葉晴

5.0迫力スゴい❗

MONDEさん
2016年5月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

原作と漫画は若干違うそうですが、私は漫画のムック本分厚いの3冊読んで行きました。
映画と漫画とはまたストーリーが異なります。
2時間ちょっとの中で、そのプロセスや時間経過をキチンと納めるのはムリです。
確かにCGも使っていますが、阿部寛、岡田准一、真野真千子…少なくとも5000メートル超えのベースキャンプまで登っています。
また、相応に厳しい寒さの中に身をおいています。
ロケには、好天・悪天のヒマラヤ、エベレストを撮ったり…と時間もお金もかかっていると思います。
また、映像ではどうしても傾斜が緩く写ってしまうんですが、それでもスゴい迫力でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
MONDE

2.5脚本が

2016年5月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

やっぱり脚本が2歩くらい遅れている印象になってしまう。原作の熱量も山に魅入られ取り憑かれていく様も中途半端にしか描写できていない。ミスキャストに技術不足も相まってなんとも言えない消化不良を起こす映画だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Hiroki Abe

3.5とりあえず阿部さんが凄かった。羽生にしか見えなかったです。 あと、...

2016年5月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

とりあえず阿部さんが凄かった。羽生にしか見えなかったです。
あと、実際のエヴェレストで撮った迫力と映像美ですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ももはな☆

5.0考えさせられた!

2016年4月28日
Androidアプリから投稿

知的

悲しい

泣ける

山に魅了された人同志、命を預け合う相手との信頼関係や考え方が理解し合えてないと成り立たないものだなぁと思った。
残された者の生きる強さ、背負っているものの重さなど、人生観を考えさせられた映画でした。
余計なことだと思うが、他の国の山の映画とはスケールが違うように感じた。
映画館で見れて良かったです!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アケミちゃん

3.5圧倒的なスケール、映画として面白い。

bruさん
2016年4月27日
Androidアプリから投稿

怖い

興奮

原作未読です。

映画であんなに圧倒されたのは、初めてでした。
あの環境、映像にあの表情……。
無駄に感動物語にしてなかったり、お涙頂戴になっていなかったことが良かった。

私が馬鹿だからかな?そんなにストーリーの無理矢理さは気になりませんでした。
たしかに、あとあと考えてみると「?」な部分もいくつか。
ただこの映画はそういうものじゃないんだろうなとも思いました。

公開前に「この映画は挑戦がテーマだから」とフレッシャーズ試写会とかやっていましたが、そんな挑戦ってレベルではないと感じました。

最後の阿部さんと岡田くんの会話(?)が、本来なら白々しくなってしまいそうなところですが、とても引き込まれました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bru

4.0男臭さがほしい。

hiryotanさん
2016年4月21日
iPhoneアプリから投稿

結構酷評でしたが、小説にとらわれず純粋に見れば、かなり楽しい映画だと思いました。
ただ…もっと登山をする男臭さを前面、全体にだしてもらえれば手をグッと握り続けるほどの映画になったように感じます。
岡田さんよりも阿部さんの山男が多くみれればさらにgoodです。
本来の内容が濃いだけに2時間で凝縮するにはもったいない映画ですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hiryotan

5.0心に響いて泣けました。

2016年4月16日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

萌える

これからの人生を、生き方を、 真剣に考えさせられた映画でした。
エンディングが流れている間も、涙が止まりませんでした。
2回 映画館で観ました。また観に行きたい!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
メイプル

2.5阿部ちゃんの顔。

ハチコさん
2016年4月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

単純

今作を観て抱いたのは、あぁ阿部ちゃんて人はローマ人でも
山男でもイケる!という絶賛だったことはいうまでもないが、
多国籍顔というのは案外これから需要性が高まるんじゃない
かと応援したくなった。まぁラストのアレには、残念ながら
笑ってしまったのだが^^;マダム・タッソーも夢じゃないなと。
夢枕獏の原作は読んだことがないのだが、確かにこの展開は
小説ならではというか、そっちの方が楽しめるだろうと思う。
どうも実写(それも邦画)だとなんか「違う」気がしてならない。
俳優も映像も確かに頑張っている(のは分かる)し、そこそこ
緊迫感も、(おそらく)苦しい酸素状態も感じられるんだけど、
だってそこ「エヴェレスト」なんでしょう?という感じだから
先達ての「エベレスト3D」のリアル映像とつい比べてしまう。
いやいやいや…それは無理なんじゃないでしょうかと素人の
私などは尾野真千子の不安しか分からない。天才クライマー
羽生なら可能なのかもしれないが(そして阿部ちゃんならば)
「マロリーの遺したカメラ」の一件は謎として興味深かったが、
結局そこは(そりゃそうだろうけど)分からず終い、あぁ何か
映画ならではのひと工夫があればこそ!だったなぁと思った。

(阿部ちゃん、ロボットでもイケるんじゃないか?なんてね^^;)

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ハチコ

2.0小説原作ならではの世界観。壮絶すぎる男達の覚悟と戦い。

2016年4月15日
PCから投稿

悲しい

怖い

興奮

【賛否両論チェック】
賛:エヴェレストに執念を燃やす登山家と、彼を追う写真家。2人の運命が激しく共鳴し合っていく様子が、エヴェレストの過酷な自然の中で描かれるのが印象的。
否:展開はかなりご都合主義で、実際には無理がありそう。現実路線の人には不向き。

 なりふり構わず、カメラマンとして功をなそうと必死に食らいついていく深町。そして己の全てを賭け、まるで何かにとり憑かれたように、エヴェレスト登頂へ執念を燃やす羽生。似たような境遇の2人の運命が交錯し、次第に共鳴していく様子が、エヴェレストの壮絶な環境下で、激しく叙情詩的に描かれていきます。
 写真を撮りたいという深町に対し、
「俺を撮れ。俺が逃げ出さないようにな。」
と告げる羽生のひたむきさには、畏怖すら感じてしまうほどです。一方の深町も、当初は登山隊の滑落事故にも構わずシャッターを切っていたのが、羽生の身に危険が迫った時、カメラを倒してでも夢中でそれを知らせようとするシーンなんかが印象的です。
 ただ、昨年公開された「エベレスト3D」なんかと比べてしまうと、展開としてはかなり強引で、出来すぎている感は否めません。その辺りも、小説が原作ならでは作品といえそうです。
 男達の壮絶な生き様が観られる、重厚な作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画コーディネーター・門倉カド

0.5最悪…

じゅずさん
2016年4月15日
スマートフォンから投稿

なぜ映画化したのか疑問。役者さん可哀想。設定が昭和だからって、演出とか音楽まで古臭くする必要あんのか?原作のスケールが凄いせいか、あまりにも酷すぎてシュール。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
じゅず

2.0原作ありきで観ないと…

2016年4月11日
iPhoneアプリから投稿

実在した登山家森田勝の異常なまでの山への執念と、エベレスト初登頂したかもしれない登山家ジョージマロリーの謎を絡めた作品なんですが…。

劇のコアとなるマロリーのカメラや、羽生の登山スタイルという強力な伏線を回収仕切れず、観客を置いていってしまった感がとても残念。心に刻まれるワードが幾つも散りばめられているだけに尚更。

老シェルパにも重要な役割があったはずなのに。

鉛筆を半分に折ってでも携行物を極限まで軽くする行動や、エベレスト初登頂に拘りアタック隊の配置だけを見て反発し短絡行動するなど、山と森田を知らないと理解出来ないと思う。

現地ロケは圧巻(実際のBCは大雪崩で死傷者が出た為ロケ出来なかったのかな?)。
高所ロケは特に力を入れていたようです。

原作をどうしても映像で補完したい人なら観てもいいかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かげろう

2.0んー

2016年4月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

期待値が高かった分、ちょっと……つまらなさが……
残念

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
やっすぅ

1.0娘さん よく聞けよ

2016年4月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

対象年齢・・幼児で無ければどなたでも
どんな人と見る・・カップルでも家族でも
感動・・しません
ハンカチ・・いりません
DVD出たら・・見ません
他人には・・勧めません
総評・・

映画が終わり、館内は明るくなった。
館内のお客はざわざわと席を立ち、出口の向かって歩き出す。
私もその流れに従って出口に歩いていると、前を歩いている人が「はぁー」と深いため息をついた。
私の後ろには婦人が二人、今の映画についておしゃべりしながら歩く。
「ねえ、何かわかった」「何か意味不明だね」と同じように深いため息をつく。
何故かそんな会話を聞いていたら、自分と同じ考えの人もいるんだな、っとほっとした。

そういえば昔の歌で
「娘さんよく聞けよ、山男にゃ惚れるなよ
山で吹かれりゃよ、若後家さんだよ」
なんて歌思い出した。
山登りの人以外はちょっと理解できないそんな映画でした。

・何千円も出してバンジージャンプをしたいと言う嫁
・リラックマのキャラを集めている娘
・休みの度に愛車を洗車しピカピカにしなければ気が済まない私

人それぞれこだわりや価値観があって他人には理解してもらえない
事ってありますね。

それにしてもジョージ・マロリーは登頂に成功したのか?
コダックが見つかってフィルムが抜き取られ、「フィルムはそこにある」
のであれば、初登頂はジョージ・マロリーなのであろう。
登頂前はコダックにフィルムをセットし、初登頂後はフィルムを巻き取ってポケットへ、
の流れが自然である。

しかし史実ではこのコダックは見つかっていない。未だ謎である。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
辛口マン

2.5阿部ちゃんの映画だよな

2016年4月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
CinemaExpress

2.0前半まずまず、後半失速・・・

2016年4月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

怖い

寝られる

前半は思いのほか惹きつけられるものがあって、評判ほど悪くはないなと思いながら見ていましたが、話が進むに連れて色々と気になる点が増えていき、結果終わってみるとやはりと言うか何と言うか、まあ登山に関しては何の知識もないし原作も読んでないので実際は私が思ったほど突っ込みどころ満載ではなかったのかもしれませんが、結局何がしたかった映画なのか、いまいちピンと来なかったなと・・・。
そんな訳で、本来感動するような場面もそれほどグッと来ることは無く、ただただ過酷な撮影に耐えた役者さんや撮影スタッフの方々ご苦労様でしたと、そのぐらいしか見終わってすぐは思い浮かばなかったですかね。

マロリーはエベレスト初登頂に成功したのか否か?はたまたその謎を追う過程で出会った伝説のクライマー羽生丈二の人物像が少しづつ明らかになっていく前半部分に関しては、なかなか引き込まれる展開で、先への期待を十分抱かせるものだったのに、後半は何であんな展開になってしまったのか・・・残念としか言いようがないです。
台詞回しも、仰々しくて見てる方が恥ずかしくなりますよ、これでは、こんなことを言わされてる役者さんが可哀相・・・。

しかしそんな中でもさすがは阿部寛、細かいことは山に詳しくないので分かりませんが、確かに伝説のクライマーな雰囲気は抜群に出ていたと思いました。
山に懸けるあの情熱、阿部寛の演技には思わず圧倒されました(山以外に関してはゲスすぎでしたけど)

逆にカメラマン深町を演じた岡田准一は、深町のキャラが微妙すぎた面もありはしたものの、さすがに阿部寛と比べるとやや物足りなかったか。
まあこれは岡田准一と言うよりは作り手の問題が大きいのですが、しかし深町は一体何してんだか、キャラがブレ過ぎ急変し過ぎ、しかも終盤は超人過ぎと来たもんだ・・・。
現地で撮影しただけあって映像に見るべきものはありましたが、結局何で登山家は山に魅せられるのか、命を懸けるのか、そんな山の魅力と言える部分はいまいち伝わってこなかったなぁ。
これだとどれだけ命を奪ったら気が済むのって言われても(尾野真千子の台詞)、それはあれ見たら仕方ないでしょとしか言いようが・・・。
後半の急落ぶりが、何とも勿体無い映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
スペランカー
「エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)」の作品トップへ