キアヌ・リーブス ファイティング・タイガー

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
キアヌ・リーブス ファイティング・タイガー

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

キアヌ・リーブスの初監督作となるカンフーアクション。リーブスが主演も兼ね、「マトリックス」でリーブスのスタントを務めたタイガー・チェンを共演に、同じく「マトリックス」でアクション監督を務めたユエン・ウーピンを武術指導に迎えて描いた。太極拳を学ぶタイガーは、取り壊されそうになっている師匠の寺院を守るため、各地の格闘技大会に出場して賞金を稼ぎながら、太極拳の普及にも努めていた。闇の格闘大会を主催し、その模様を全世界に配信しているドナカは、そんなタイガーに目をつけ、大会に招く。タイガーは次々と強敵を倒していくが、次第にドナカの組織に対して疑念を抱き始まる。

2013年製作/105分/アメリカ・中国・香港合作
原題:Man of Tai Chi

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2013 Universal Studios, Village Roadshow Pictures Asia, China Film Co. Ltd, Wanda Media Co Ltd. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.0キアヌではなかったら観なかったでしょうね。

刺繍屋さん
2019年10月9日
iPhoneアプリから投稿

キアヌ・リーブスなので鑑賞したのですが、何とも微妙な作品でした。

ストーリーも取り立てて目新しい物ではありませんでしたし、キャラクターは無個性でしたし(あの女性刑事さんはもう少し魅力的な女優さんを使えなかったのでしょうか?)アクションシーンにしてもタイやインドネシアの映画に比べるとやっぱり迫力不足ですし…誉める箇所が思い当たらないんですが、でもだからと言って全くつまらなったのかと言うとそうも言い切れない感じで、それなりには面白かったと思います。

個人的には総合格闘技としての中国拳法に興味が湧きました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
刺繍屋

4.0俳優のプライベートは知れべきでないのかも

2018年8月23日
iPhoneアプリから投稿

銃を持てば撃ちたくなる
刀を持てば斬りたくなる
強くなれば闘いたくなる
それだけのこと

瞑想は年にいちにかいしかやらなかったけどもう少しやった方がいいね
立ち止まるでもなくリセットでもない、意味はその時それぞれ
ただ黙って座っているだけ
それだけで見えなかったものが見えたり
辛いことが和らいだり
酔うことと似ているかも
酔いはさめるけどそれとは違う
熱いままでは使い物にならないもんね

監督が伝えたかったものは己の進むべき道というより
進み方なのでしょう

キアヌ・リーブス
彼のポケットにはいくつの小石があるのだろう
小石じゃないのかも

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カルヴェロ1952ll

3.5よかった

2017年2月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
古泉智浩

3.0キアヌ流武道の極意

近大さん
2016年10月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

興奮

父親が中華系ハワイアンの為、キアヌ・リーヴスは何処となく東洋人の雰囲気を醸し出し、他のハリウッドスターと比べ、東洋色のある作品に出演する事もしばしば。
その最たるが、アクションにカンフーを取り入れた「マトリックス」だが、おそらくそれで魅了されたのか、遂にはカンフー映画で監督デビュー。

中身はカンフー映画の見よう見まねのようなB級。背後にある陰謀劇も陳腐。
なんちゃってカンフー映画…と言うだけなら容易い。
それでもいいじゃないか。
自分の好きなものを好きなように作り、ルックスだけなら王道の二枚目ハリウッドスターなのにそれに染まらず、いつだって“ぼっち・ゴーイング・マイ・ウェイ”。
何だか見てたら、童心に返って楽しんで作ったんだろうなぁ、と、微笑ましくなってきた。

しかも、「マトリックス」で自身のスタントを務めた全くの無名の青年に主演を譲り、自分は悪役。(邦題ではキアヌが主演みたいだが、実際は助演である)
人柄すら感じた。
これがトム・クルーズだったら、絶対自分が善のカッコいい主演だろうし。

同じく「マトリックス」繋がりでユエン・ウーピンがアクション監督を担当しているので、アクションの見応えは言う事ナシ。
主演タイガー・チェンのキレのある太極拳の動きが素晴らしい。
キアヌも負けじと激しいアクションを披露。

ユエン・ウーピン指導のアクション、タイガー・チェンという男と彼が繰り出す太極拳、そして熱狂的なファンである千葉真一の作品から受けた武道の真髄。
きっとキアヌはこれらを伝えたくて本作を作ったんじゃないかな、と、感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
近大
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る