南風

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
南風

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日本人と台湾人の少女が自転車での旅を通して成長していく姿を描いた、日台合作のサイクリングロードムービー。台湾でもロケを敢行し、九フン、淡水、日月譚といった風光明媚な観光地が登場するほか、日本のサイクリングロードとして有名な広島県と愛媛県を結ぶ「しまなみ海道」も舞台となる。恋人にふられ、仕事では希望しない担当に異動になってしまった26歳のファッション誌編集者・風間藍子は、取材のため台北を訪れる。藍子は自転車を借りるために立ち寄った店で、16歳の少女トントンと出会い、モデルになることを夢見るトントンは、オーディション会場に行くため21歳と偽り、藍子のガイドとして自転車の旅に同行する。最初はなかなかかみ合わなかった2人だが、旅の途中で台湾人の青年ユウや日本人サイクリストのゴウとも出会い、旅を続けていくなかで心を通わせていく。「帰郷」「神童」「コドモのコドモ」など、繊細な人物描写で定評のある萩生田宏治監督が、6年ぶりに長編映画でメガホンをとった。

2014年製作/93分/G/日本・台湾合作
配給:ビターズ・エンド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2014 Dreamkid/好好看國際影藝

映画レビュー

3.0旅情

2018年5月14日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

台湾の田舎の風景が味わえる映画。薄味だけど癒やされる。トントンかわいい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
sukacinema

2.5萩生田

ssspkkさん
2015年2月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

幸せ

萌える

萩生田宏治、黒川芽以。楽園ばりの傑作を期待していたのだけれど、不発。でもちゃんとしてる。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ssspkk

3.0プロモーションムービー

端っこさん
2014年8月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

単純

これは台湾とジャイアントのプロモーションムービーです。
まあそれは別にいいんですけど、肝心のお話が何処かで見たことあるような内容の寄せ集めだったり、自転車に少し詳しかったり台湾の地理をある程度分かってると色々と無理があるのが丸わかりで萎えます。
でも俳優さんの演技は良かったと思いますし、台湾は好きなのでまた行きたいなあと思いました。
期待せずにのんびりとした気持ちで観れば良いと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
端っこ

2.0あいのり in 台湾 ~自転車ver.~

ao-kさん
2014年8月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

単純

サイクリングフェスタの取材で台湾に来た日本人記者・藍子と現地でガイドを引き受けることになった台湾人・トントンによる女性2人の自転車旅。凸凹コンビっぷりもさることながら、お互い片言の言葉しか通じないのに微妙に通じ合っている“海外旅行あるある”は何ともユーモラス。オバサン、ブスなど悪い言葉ほどすぐに覚えるあたりなんか、どこの国も同じなのね、と微笑ましくなってしまう。

途中で出会うユウとの恋愛事情も絡ませて「あいのり」のようなノリで物語が進むが、ガイドブックさながらの台湾の風景と地元料理を映し出し、一緒にサイクリングをしているような爽やかな気分にしてくれる。

ただ、ロードムービーとしては消化不良。仕事も恋愛も崖っぷちの藍子、モデルになることを夢見て走るトントン。この手の映画はその旅を通じて主人公たちの心の再生や成長を描くのが王道なのだが、そのくだりがいささかあっさり。ラストの台詞が印象的なだけに夢や目標に向かって歩み出す強さを得た旅だったという実感をもっと伝えてほしかった。

とはいえ、台湾に行ってみたい人、サイクリングに行きたい人は見ておいて損はない一本。93分間台湾旅行気分を味わいましょう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ao-k
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る