ショート・ターム

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ショート・ターム
ショート・ターム
34%
52%
11%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

10代の少年少女を対象とした短期保護施設を舞台に、誰にも言えない心の傷を抱えた女性と子どもたちが、大切な誰かとともに生きる喜びや希望を見出していく姿を描いたヒューマンドラマ。ティーンエイジャーを預かる短期保護施設(ショート・ターム)で働いているグレイスは、同僚でボーイフレンドのメイソンとの間に子どもができたことがきっかけで、幸せな将来が訪れると希望を抱く。しかし彼女には、メイソンにも打ち明けられない深い心の傷を抱えていた。2013年のサウス・バイ・サウスウェスト映画祭でプレミア上映されて審査員特別賞を受賞し、そのほか多数の映画賞で話題となった一作。

2013年製作/97分/G/アメリカ
原題:Short Term 12
配給:ピクチャーズデプト

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2013 Short Term Holdings, LLC. All rights reserved.

映画レビュー

5.0優しさで溢れ感情が込み上げる

Pegasusさん
2021年4月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

笑える

幸せ

Amazonプライムで配信終了間近のリストからなんとなく良さげな雰囲気で気になったので鑑賞。

うわっ!出ました掘り出し物!これは文句の言いようがない傑作だな。いや傑作とはちょっと違う。名作、ともなんか違う。
分かる人は分かると思うけど、「傑作」とも「名作」とも違う、いい映画ってありません?特に、ミニシアター系の映画とか、画面設計が綺麗なアート作品に多い。
「傑作」とかありきたりな表現は極力使いたくないんだけど頭がかたいから許して下さい。
とりあえずエモーショナルな素晴らしい作品です。(素晴らしいって表現もあんま好きじゃないんだよな…)

素晴らしい作品に出会うと当然「これ監督誰だ?」と思う訳ですよ。
調べてみたら『黒い司法』のデスティン・ダニエル・クレットン監督だと発見。『黒い司法』も心にズシンとのしかかるテーマを浮き彫りにしつつ感動的な演出が光る作品だった。
個人的にはスパイク・リー作品によくある黒人のノリが、差別とかでは無く単純に自分の感性と合わないのであまり好きでは無い。
でも『黒い司法』では黒人のノリを嫌うどころか、感動してしまった。
これは今作でも共通している、というか今作の方が色濃く出ていることなんだけど、クレットン監督は人間の撮り方が上手い。
瞳の奥にある優しさを上手く捉えていて、当時人物みんなが愛おしく感じてしまうし、心を強く揺さぶられる。
ドキュメンタリー調な作風も相まって、リアルタイムな社会派テーマをリアリティ溢れる映像で描ききる。

聞けばマーベル新作、『シャン・チー』の監督を務めるらしい。
同じくドキュメンタリー調な作風で魂を揺さぶる才能、クロエ・ジャオもマーベル新作『エターナルズ』を監督するし。
新マーベルシリーズは一体どうなるのだろうか?ハリウッド映画という立場に負けず、アート作品としてのヒーロー映画という新境地を切り開いて欲しい。

…と話が脱線しましたが文句なしの大傑作なので是非皆さん、観て下さい、というか観て!
マストで観るべき。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Pegasus

5.0脚本良すぎる。

モン吉さん
2021年4月16日
iPhoneアプリから投稿

こんなん泣くに決まってる。
湯を沸かすほど熱い愛に似てて、号泣した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
モン吉

3.0ドキュメントタッチの映像がストーリーを良い意味で生々しくし一層印象的な作品に!

いけいさん
2021年2月24日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いけい

5.0凄い才能の監督だ!

みっくさん
2020年8月4日
Androidアプリから投稿

ブリー・ラーソンが出てる、ということ以外の予備知識無く見た。

しかし、最初から不安になる。
冒頭で「ゴール」が示されないから。
(ほとんどの映画では、冒頭に「ゴール」が示される。典型的な例で言えば、犯人逮捕や恋愛成就など‥)

そんな不安がありながらもすぐにこの作品に入り込める。
それは、役者の演技や巧みな演出により、登場人物たちの心情や葛藤に共感できるから。

凄い才能の監督が現れた、と思ったら、この後、「黒い司法」の監督をやってるんですね。
ブリー・ラーソンはブレイク後もこの監督とのコラボは続けており、それは両者に強い信頼関係があるからだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
みっく
すべての映画レビューを見る(全64件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る