センコロール コネクト

劇場公開日

センコロール コネクト
センコロール コネクト
26%
65%
3%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

漫画家やイラストレーターとして活躍する宇木敦哉がほぼひとりで製作し、2009年に劇場公開もされて話題を集めた「センコロール」と、約10年ぶりの続編として完成した「センコロール2」を同時上映。ビルの屋上に突如出現した謎の白い生物を「センコ」と名づけた高校生のテツは、自在に姿を変える能力をひそかに使いながら高校生活を送っていた。しかし、その秘密を同じ学校に通う少女ユキに知られてしまう。そんな2人の前にセンコを狙う少年シュウが現れ、思いもよらぬ騒動が巻き起こる。そして、その騒ぎがひと段落したころ、今度はシュウを追ってやってきたという少女カナメが現れる。彼女の登場により、テツとユキ、そしてセンコの行く末はまたも予想外の方向へと導かれていく。

2019年製作/75分/G/日本
配給:アニプレックス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18

(C)2019 宇木敦哉/アニプレックス

映画レビュー

4.5人間ドラマはない 自由に楽しんで良い

JIさん
2020年10月11日
PCから投稿

この物語はどこに向かっているのでしょうか。どこにも向かっていないように見えます。
 新しいバケモノは素敵だったし、独特の雰囲気は健在でした。作画のアイディアも流石です。それだけで満足ですが、人間を描かないというスタイルが顕著に見えたのはちょっと予想外でした。

「センコロール1」から登場人物は増えました。しかし意外に、人間ドラマはありません。彼らの性格はみな異なっていて彩りはいいけど、夢や望み、悩みや憎しみなどはほぼ描かれませんでした。成長や、愛情や、心の変化とかもほぼないです。キャラクターに個性はありますが、互いに相手から影響を受けず、人間関係が最後まであまり豊かに展開しませんでした。だから、キャラクターのおもしろい顔を見つけることはあれど、感情移入はできません。
 唯一、カナメは仕事がうまく行かないことに焦りと不満を感じているようだから、どうなるか注目しましたが、最後まで自分の欠点を克服することも昇華することも無かったです。
 また、「センコロール1」は、センコがユキを好きになってコントロールをユキに渡すという話に見えたので、一見無表情なバケモノの心の動きを想像して楽しんだのですが、今回の「2」で、コントロールの受け渡しがセンコの意思ではなかったと明かされ、この辺もやはり心情性は薄れていました。

人物の関係に人間ドラマを生むポテンシャルはいくらでもあったはずです。なのに人間ドラマにしないのはやはり意図してのことなのでしょう。演出を失敗してこうなっているとは思えません。戦闘以外の場面を音楽で飾らないのとかも、たぶん意図あってのことでしょう。

そして以上は批判ではありません。人間がないということは、それ以外の要素、つまりきれいに作られたアニメーション、人物の表情やアクションや、バケモノ(ドローン)たちのデザインなどで楽しむことがメインになってくるわけですが、結局私はそれらを楽しむことができました。この感じは例えば、知らないサッカーチームの試合を眺めるときの心持ちに近いかもしれません。作品からの主張はなく、観ている側がある程度自由な視点で、表面的な魅力を選びとって楽しむことが許されていると思います。
 テンポ、リズムに乱れがありますが、気だるい雰囲気のおかげかそんなに気にしないでいれました。意図的な乱れだったのかも。

アニメーションが好き、絵が動くのを見るのが好き、という人とか、こういう空漠とした雰囲気がピンポイントで好きという人には勧められるけど、そうでない人には気軽に教えたくはならない。その点だけ、ちょっともったいない気はします。広く大衆にウケるのは難しいかも。
 とりあえず、続編は楽しみです。ドローンが何なのかもっと知りたいし、これから人間ドラマが描かれるとしても、それはそれでアリだと思っています。何年でも待ちます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JI

4.0何だか好き

もへじさん
2019年8月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

10年前当時のことは全く知らず、完全に初見。 この緩いテンションは好き。無印は実際に一昔前なわけだけど、この一昔前の感も好き。そこに別に深い物語や設定がなくても、センコと主人公たちとアニメーションの「この感じ」で見ていられる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もへじ

4.0今はなんでも安く手に入る時代ですが

2019年7月31日
iPhoneアプリから投稿

無料だったり格安で獲得できる作業的に造られたスポンサーありきコマーシャルコンテンツのなかで職人がコツコツとつくりあげたようなちょっとした贅沢品っていいですよね。

皮肉っぽいアオリですが
純粋に一個の作品として面白かったです。
邪魔なものというか、横槍みたいなのが(多分)なくて

純度の高いアニメを観れたなと感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ワイザージャンプ

4.5久しぶりに面白いものを見た。

rinさん
2019年7月23日
iPhoneアプリから投稿

自分が男なのもあると思うが、非常にこういうバトル系は好きである。
作画も安定していて、とても少人数で作ったものとは思えない。
他のレビューにも書いてあるが、早く続きが見たくなるようなワクワク感がある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
rin
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「センコロール」シリーズ関連作品

他のユーザーは「センコロール コネクト」以外にこんな作品をCheck-inしています。