俺たち賞金稼ぎ団

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
俺たち賞金稼ぎ団

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「仮面ライダー」「スーパー戦隊」シリーズで活躍した若手俳優の新たな魅力を発掘する「TOEI HERO NEXT」シリーズの第4弾作品。2014年1月、地球滅亡をたくらむデーボス軍に対し、キョウリュウジャーと呼ばれるヒーローたちが戦いを繰り広げていた頃、警察官の青木巡査は、同級生で「劇団バズーカ」を主宰する金原寿朗を呼び出し、放火殺人容疑で指名手配されている安藤リコという女性を探してほしいと依頼する。リコにかけられた報奨金ほしさに依頼を引き受けた金原は、劇団員たちを動員し、さまざまな人物を演じながら事件関係者に聞き込む作戦を開始するが……。「獣電戦隊キョウリュウジャー」の最終回付近とリンクしている。

2014年製作/99分/G/日本
配給:東映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2014 俺たち賞金稼ぎ団

映画レビュー

3.5話の推進力が弱い…

2014年12月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

幸せ

というひとつの要素を除けば、最高だった。というか何であれ、キョウリュウジャーの面々が放送終了後も元気に活躍しているというだけでもう何もいらない。無条件で心踊り感動してしまった。キャストはもう文句なし。デフォルメされた演技もノイズにならず、この馬鹿馬鹿しくも愛おしい作品世界に入り込むことができた。このずっこけ劇団があらゆる難事件珍事件を演技ととんちで解決させるという話を、あと100シリーズくらい見たい。シリーズ化を望みます!
坂本浩一監督が撮ったという部分もかなりの利点だと思う。今回はどんなテーマがあるかなと見ていくと。今回はキレのあるザ坂本浩一アクションに、スラップスティックコメディ要素がつけたされていた。これがとても作品のポップなイメージにピッタリで見ているだけで気持ちがいい。もっと見たい!もっと見たい!と思わせる出来。
ただ、ひとつとても大きな欠点もある。
脚本である。
脚本がいい味を出しているところもかなり目立つが、とても重要なところのひとつの悪いところが全てを台無しにしてると思った。
それは、
こいつらが何故捜査に協力するのか。の動機があまりにふわふわし過ぎている。
後半になっては、うやむやのまま、別の動機をはてはめている。ここがすこぶる物語の推進力を削いでいる。貧乏劇団が公演を開く金のためにってとこがミソなのに、公演の話は一向に出てこない。劇団や演劇という描き方が、演劇界からの脚本を起用しているのにあまりに適当である。
台本渡してそんなはやく覚えられるわけがない。と、その方面での言いたいことが山ほどある。
他の要素が素晴らしいだけに、とても残念である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
くんぞう

4.5坂本監督節炸裂!

ぼくさん
2014年7月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

萌える

主軸は主人公の成長物語だけど、数分起きに笑えて、シリアスシーンはちゃんと真面目で、アクションはカッコ良くて、泣けるシーンもあって、登場人物はみんなすごく個性的なのに打ち消し合うことなくキャラを生かしあっていて……
とにかくとても面白い映画です!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぼく

5.0面白い

かいさん
2014年5月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

単純

キャスト目当てでいきましたが、予想以上に楽しめました。
公開劇場が少なく、上映回数が少ないのも残念。
特撮好きでなくとも、舞台家さんの脚本作品が好きな人は楽しめると思います。
役者さん達も、突飛な役柄を自然に演じられててとても良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かい

4.0予想外。

kmさん
2014年5月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

楽しい

ヒーローは好きでも あまり興味が湧かなかったので、今までHERO NEXTを見たことはなかったのですが、今回はコメディ要素もあるということで初めて見ました。
最初の感想は、彼ら(キャスト)はこんなにできるのか!という驚き。
次に、とことん詰め込まれた小ネタへの驚き。
ここ数年の戦隊を見てきたひとなら確実に笑えるネタ多数。
それを抜いても、テンポの良い掛け合いや、さすがヒーロー!というようなアクション、大…とまでは言いませんが、ラストのどんでん返しと、見所はたくさんあります。

戦隊をまったく知らないひとがどういう風に見るかはわかりませんが、楽しく笑って見られる作品です。
あまりにもキャラが立ちすぎているので、これで終わりは勿体ないかも。
事件さえあれば、劇団バズーカの新しい『公演』を また見たいなと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
km
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「TOEI HERO NEXT」シリーズ関連作品