ファイ 悪魔に育てられた少年

劇場公開日:

解説

5人の犯罪者に育てられた少年を待ち受ける過酷な運命を、「チェイサー」「10人の泥棒たち」の実力派俳優キム・ユンソクと、ドラマ「太陽を抱く月」の若手注目俳優ヨ・ジング共演で描いたサスペンスドラマ。凶悪強盗団のリーダーであるソクテら、自らを誘拐した5人の犯罪者に育てられた17歳のファイ。学校へ通う代わりに犯罪スキルを教えられ、犯罪者としての人生を強いられてきた彼は、ある日連れて行かれた犯行現場で恐ろしい過去の真実を突きつけられる。「地球を守れ!」のチャン・ジュナン監督がメガホンをとった。

2013年製作/125分/韓国
原題:Hwayi
配給:ツイン

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2013 SHOWBOX/MEDIAPLEX AND NOW FILM ALL RIGHTS RESERVE

映画レビュー

4.0【”お父さん達、何故僕を殺さずに育てたの・・”韓国ノワール作品でありつつも、ヒューマンドラマとしても見応える作品である。】

2022年7月16日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

興奮

幸せ

ー 幼きファイ(ヨ・ジング)を誘拐し、一時は命を奪おうとした、ソクテ(キム・ユンソク)を首領とする極悪5人組が“父として”ファイを愛してしまった姿を、味ある韓国実力派俳優たちが熱演する。ー

■幼い頃に誘拐され、犯行グループの男5人に育てられた17才のファイ。
 この“父親たち”から犯罪スキルを叩き込まれつつ、可愛がられてきたファイだが、ある日、父たちに連れて行かれた犯行現場で自分の過去にまつわる真実に直面する…。

◆感想<Caution!内容に触れています。>

・あり得ない設定を、魅せきる脚本と演出の妙に唸る。

・ファイの実の両親が、地上げ屋を仕切る大企業のソンジセメントに抵抗して、且つ誘拐された息子が帰って来ることを信じ、立ち退きしない姿。
ー ソンジメンテのチョン・スンギ会長(ムン・ソングン)の傲慢なる姿。-

・その事実を知った射撃が特異なファイに対し、ソクテが命じた非情すぎる命令。
ー 初めての殺人相手が実の父親であった苛烈な事実。-

・ソクテを我が子の様に育てる、5人組に捕らえられていたヨギュン(ナム・ジヒョン)と、ソクテの関係性もラストまで、キチンと描かれている。

・そして、自らの運命を狂わせたソンジメンテのチョン・スンギ会長へのスナイパーとしての乾坤一擲の一発。

<韓国ノワール映画ならではの、激烈なカーチェイスアクションと、ヒューマンドラマの配分も良き映画である。>

■今作は、存在すら知らなかったが、このレビューサイトに素晴らしきレビューを挙げているレビュァーさんからのお勧めで観た作品である。
 (2作、紹介して頂いたが、どちらも面白き作品であった。)
 多謝である。
 他のレビュアーさんからもお勧めの作品を紹介されている。
 重ねて、お礼を申し上げる次第である。>

コメントする 1件)
共感した! 4件)
NOBU

4.0韓国の映画はすごいなぁ 「オールドボーイ」 「パラサイト 半地下の...

2021年5月17日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

楽しい

興奮

韓国の映画はすごいなぁ

「オールドボーイ」
「パラサイト 半地下の家族」
もちろん名作なんだが、

ファイ 悪魔に育てられた少年
こちらも名作!

演技力なのかな?
脚本力なのかな?
エグさなのかな?
なんか、わからんけど、すごい
しばらく韓国映画を漁ろうかな

コメントする (0件)
共感した! 2件)
movie freaks

4.5これはすごい

2020年11月21日
Androidアプリから投稿

最近少し韓国映画にハマッてしまっているが、先日見たオールドボーイを越えた。
タランティーノよりも人が死ぬが、物語として深みがあって単なるアクション映画やクライムサスペンスで終わっていない。

ぶっちゃけ全編絶望しかないが、
ラストでほんの少し救われる★

コメントする (0件)
共感した! 2件)
レイは!?★

3.0抗えない不快感と芸術性…

2020年6月1日
iPhoneアプリから投稿

 目を背けたくなるのは劇中の過激な暴力描写なんかではなく、救いようのない残酷な運命を背負ったファイと、アボジ(父)であるソクテの堕ちた姿です…
 ファイの絶望的な宿命と葛藤は観る者の心にグッと突き刺さりますが、個人的にやっぱりポイントなのはソクテですね。自らが背負った汚点はもう決して拭えないという虚無感、墜ちたらもう墜ちるところまで堕ちてやる!というような堕落した精神、、、 絶対的に陥りたくない人間のものすごい嫌な部分をそのまま映し出したようなクズっぷりは、観る者の闇の部分を誘い出しているような不快感を覚えてしまいます。
 相変わらずキムユンスクの悪役ぶりはお見事です。「哀しき獣」と同様、不快だけれども一種の芸術性を感じてしまうような作品にしてしまう魅力と底力、、、凄いですね。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
D.one
すべての映画レビューを見る(全24件)