ファイ 悪魔に育てられた少年

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ファイ 悪魔に育てられた少年
ファイ 悪魔に育てられた少年
20%
55%
21%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

5人の犯罪者に育てられた少年を待ち受ける過酷な運命を、「チェイサー」「10人の泥棒たち」の実力派俳優キム・ユンソクと、ドラマ「太陽を抱く月」の若手注目俳優ヨ・ジング共演で描いたサスペンスドラマ。凶悪強盗団のリーダーであるソクテら、自らを誘拐した5人の犯罪者に育てられた17歳のファイ。学校へ通う代わりに犯罪スキルを教えられ、犯罪者としての人生を強いられてきた彼は、ある日連れて行かれた犯行現場で恐ろしい過去の真実を突きつけられる。「地球を守れ!」のチャン・ジュナン監督がメガホンをとった。

2013年製作/125分/韓国
原題:Hwayi
配給:ツイン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • WILD CARD/ワイルドカード
  • PARKER/パーカー
  • ザ・スクワッド
  • タイム・トゥ・ラン
  • エヴァリー
  • ドッグ・イート・ドッグ
  • ザ・ドア 交差する世界
  • 隻眼の虎
  • マリオネット 私が殺された日
  • 死体が消えた夜
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2013 SHOWBOX/MEDIAPLEX AND NOW FILM ALL RIGHTS RESERVE

映画レビュー

4.5これはすごい

2020年11月21日
Androidアプリから投稿

最近少し韓国映画にハマッてしまっているが、先日見たオールドボーイを越えた。
タランティーノよりも人が死ぬが、物語として深みがあって単なるアクション映画やクライムサスペンスで終わっていない。

ぶっちゃけ全編絶望しかないが、
ラストでほんの少し救われる★

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
赤い彗星

3.0抗えない不快感と芸術性…

D.oneさん
2020年6月1日
iPhoneアプリから投稿

 目を背けたくなるのは劇中の過激な暴力描写なんかではなく、救いようのない残酷な運命を背負ったファイと、アボジ(父)であるソクテの堕ちた姿です…
 ファイの絶望的な宿命と葛藤は観る者の心にグッと突き刺さりますが、個人的にやっぱりポイントなのはソクテですね。自らが背負った汚点はもう決して拭えないという虚無感、墜ちたらもう墜ちるところまで堕ちてやる!というような堕落した精神、、、 絶対的に陥りたくない人間のものすごい嫌な部分をそのまま映し出したようなクズっぷりは、観る者の闇の部分を誘い出しているような不快感を覚えてしまいます。
 相変わらずキムユンスクの悪役ぶりはお見事です。「哀しき獣」と同様、不快だけれども一種の芸術性を感じてしまうような作品にしてしまう魅力と底力、、、凄いですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
D.one

3.0韓国映画は、厳しい!

2020年5月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

誘拐した少年を5人の悪党が育てる。
エゲツないですわ。
ヨジングは、弱々しい
キムユンソクは、恐ろしい!
ナムジヒョンは可愛い。
しかし
悪奴らでしたわ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
大阪ぶたまん

4.0発想と展開が面白みを増している作品

2020年4月5日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

興奮

韓国映画っぽい作品で、かつ発想が見事で、そこからの展開も納得の物語。
血しぶきが多いので苦手な方は、少々覚悟が必要ですが、内容は良質です。
俳優の演技も素晴らしく、特にファイとソクテの演技はグッと見張るものがあります。

少し前まではめくるめく展開や、スピーディでアグレッシブなストーリー、あるいは大どんでん返しなど物語で見せる作品が主流だった気がしますが、最近は(いつからかは分かりませんが)無表情の感情表現とそれをより主張するために練った展開にしていないものの評価が高くなっている気がします。
いつも時代にもそんな作品はあったかと思うけど、ここ最近は特にそのような「流れ」になっていることを考えると、見せ方も変えてきているのかと感慨深くなります。
作品の結末はハッピーエンドとは行かないまでも、みんなで幸せになりたい夢へのスケッチブックが印象的なエンディングでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
aoironomegane
すべての映画レビューを見る(全22件)

他のユーザーは「ファイ 悪魔に育てられた少年」以外にこんな作品をCheck-inしています。