THE NEXT GENERATION パトレイバー 第5章

劇場公開日

  • 予告編を見る
THE NEXT GENERATION パトレイバー 第5章
18%
60%
20%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1980~90年代にアニメやコミックなどで人気を博した「機動警察パトレイバー」シリーズを初めて実写化するプロジェクト「THE NEXT GENERATION パトレイバー」のドラマシリーズ全12話のうち、エピソード8とエピソード9をまとめた第5章。来日中のロシア高官が、「赤いゴルゴ」の異名を持つ元KGBの狙撃手セルゲイに狙われているとの情報が入り、公安からの依頼で特車二課のカーシャが警護に就く。しかし、セルゲイはカーシャが師と仰ぎ、ほのかに思いを寄せている相手だった(エピソード8「遠距離狙撃2000」)。かつて特車二課棟が建つ埋立地の地下で捕獲されたこともある白ワニが、時価総額20億円の真珠を産んだというニュースに、特車二課整備班が色めき立ち、再び白ワニを捕まえようと地下に潜ってしまう。そんな整備班を捜索するため、特車二課メンバーも後を追うが……(エピソード9「クロコダイル・ダンジョン」)。エピソード8には、高島礼子がゲスト出演。

2014年製作/日本
配給:松竹メディア事業部

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

総監督
監督
押井守
湯浅弘章
原作
ヘッドギア
脚本
山邑圭
製作総指揮
植村徹
エグゼクティブプロデューサー
二宮清隆
高橋敏弘
製作プロデューサー
吉田健太郎
関根真吾
チーフプロデューサー
宮下俊
プロデューサー
伊達毅
鷹木純一
宮本泰宏
テクニカルプロデューサー
侭田日吉
ラインプロデューサー
泉知良
撮影
工藤哲也
早坂伸
照明
藤田貴路
美術
上條安里
装飾
龍田哲児
中澤正英
録音
岩丸恒
編集
太田義則
音楽
川井憲次
主題歌
真野恵里菜
VFXスーパーバイザー
石井教雄
音響効果
柴崎憲治
衣装
杉本京加
ヘアメイク
清水美穂
唐澤知子
小道具
三崎茉莉子
スクリプター
杉本友美
キャスティング
中元浩司
助監督
金子功
制作担当
柏田藤子
島根淳
レイバーデザインイメージ
寺田克也
レイバーデザイン
橋本英樹
レイバー原型デザイン
鬼頭栄作
特車二課ロゴデザイン
倉持キョーリュー
イングラム造形製作
秋山直樹
光井清陽
イングラムフレーム製作
本田秀人
イングラム造形塗装
原孝雄
トランスポーター・劇用車造型
小野晃弘
トランスポーター・劇用車塗装
松川勝一
アクション監督
園村健介
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)2014 HEADGEAR/「THE NEXT GENERATION PATLABOR」製作委員会

映画レビュー

3.0哀愁漂うドラマとハチャメチャ・コメディのコンボ

syu32さん
2018年7月24日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館

笑える

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
syu32

3.5太田の出来がすべて

2015年4月6日
スマートフォンから投稿

普段は主役の真野を食わない様にセーブしている様にさえ見える太田。
しかし今作は彼女にスポットが当たっている為、
そのリミッターが外れて良い作品となっている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ユリウス

3.5主役はカーシャ!

近大さん
2014年12月7日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

興奮

人気アニメの実写化プロジェクト第5章。
来日中のロシア高官が狙撃され、カーシャが、その犯人でありかつての師で密かに想いを寄せていたスナイパーと対するエピソード8「遠距離狙撃2000」。
かつて特車二課の埋立地で捕獲された白ワニが真珠を産んだニュースを知り、欲に目が眩んだ整備班が禁じられた地下迷宮へ、第一小隊が救出に向かうエピソード9「クロコダイル・ダンジョン」。

これまでで一番面白かったのが第3章エピソード4だったが、それに匹敵するほどの好編となったエピソード8。
勿論所々コメディも挟むが、今までで一番シリアス。
主役は、カーシャ! エピソード4でも格好いい所を見せてくれたが、今回は全編カーシャの魅力が際立っている。
師と弟子として、狙撃手同士として、様々な思いを胸に、カーシャは引き金を引く!
カーシャが特車二課を選んだ理由、愛煙家の理由も明かされ、ラストカットの表情も印象的。

シリアスの後はコメディなのがパトレイバーらしい。
エピソード9は、シリーズのファンならお馴染みのダンジョン!
まさかこのエピソードも実写で見れるとは…!
特車二課の封印したい過去を語るようなナレーションで始まり、潜入〜遭難、入口を閉じるべくコンクリートをこねる班長、救出を買って出る祐馬だがその本当の目的、祐馬が言葉巧みに皆を誘惑、走って逃げる時明が一瞬気を失う…などなど、ニンマリするシーン多々。
遂に真珠発見! ひときわデカい真珠を前に、欲望むき出しになる面々。普段温和しい御酒屋も、普段クールなカーシャまでも!(笑)
ギスギスした雰囲気になるのに何故か笑ってしまう。
かつての白ワニのようにダンジョンにはとんでもない奴が待ち受けているのだが、今回はさらにとんでもない奴!
最後は漫画みたいなドタバタになるけど、これはこれでアリかな。
欲を言えば、おタケさんのような怖がりキャラが一人欲しかった。カーシャがネズミ嫌いなのは拾い物。

もう安心して楽しめるようになった実写化プロジェクト。
第1章第2章はガッカリしたけど、徐々に面白くなっていくのが狙いだとしたら、まんまと作戦にハマってしまった!(笑)
相変わらずレイバーの活躍シーンは無いが、次回も期待!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

2.5本シリーズのメインは泉野でもレイバーでもなくカーシャ。

2014年10月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

単純

第3章 エピソード4「野良犬たちの午後」。
このエピソードでようやく本シリーズの楽しみ方が分かりました。
本シリーズのメインは太田莉菜 演じるカーシャ。
彼女が光るエピソードは面白い。
それ以外の総監督の自慰作品は見るも無残。
パトレイバーは当然動かない置物。
…という事が予め覚悟出来ていれば然程落胆しないシリーズと言えます。

今回の第5章。
エピソード8「遠距離狙撃2000」。
エピソード9「クロコダイル・ダンジョン」。

エピソード8。
狙撃手としてのカーシャがメイン。
エピソード4の華麗なアクション再び…と期待したのですが。
冒頭で塩原佑馬の軍事マニア設定を申し訳程度に消化した後は…カーシャの建物探訪。
台詞も無く単純に銃撃ポイントを探る映像が淡々と。
無数にあるポイントから数箇所に絞り込む能力は凄いのですが。
如何せん絞り込む論理が分からないため無駄で冗長な場面にしか見えない。
終盤の戦闘場面も超長距離狙撃戦のため、カーシャも敵もゴロゴロ転がって銃を撃っているようにしか見えない。
過去との対峙と訣別というテーマなので、過去に習った事が決め手になるという流れが合っても良さそうですが。
何か知らない間に決着が付いていた、という感じでした。
銃は格好良かったです。

エピソード9。
往年のファンへの目配せエピソード。
埋立地の地下迷路を、仲間とお宝を探して突き進む。
果たしてお宝はあるのか!?
当然のように金に目が眩んだ輩共の醜い争いがあるのですが。
そこでも断トツに光っていたのがカーシャ。
普段はクールな彼女が焦点の合わない眼差しでブツブツと呟く言葉。
その切れ味にグッときました。
或る時点を超えると「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」のようになるのですが。
ここは楽しめる方が楽しめれば良いと思います。
個人的には2014年の現在これをやる蛮勇に一瞬眩暈がしました。
…そういう意味では本シリーズ全体がそういう類のものではあるんですが。

第5章まで劇場で鑑賞したことで慣れてきた部分は否ませんが。
エピソード5・6に比べれば十分楽しめるエピソードでした。
次回は遂にレイバー戦闘があるということで。
親しみが湧いてきたキャラとシリアスなレイバー戦闘。
巧くはまればグッとくるのでは、と少し楽しみにしています。

オススメです。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Opportunity Cost
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「機動警察パトレイバー」シリーズ関連作品