ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

ALLTIME BEST

劇場公開日

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

解説

「ファミリー・ツリー」「サイドウェイ」のアレクサンダー・ペイン監督が、頑固者の父親と、そんな父とは距離を置いて生きてきた息子が、旅を通して心を通わせる姿をモノクロームの映像で描いたロードムービー。モンタナ州に暮らす大酒飲みで頑固な老人ウディのもとに、100万ドルを贈呈するという明らかに胡散臭い手紙が届く。すっかり信じ込んでしまったウディは、妻や周囲の声にも耳を貸さず、歩いてでも賞金をもらいにいくと言って聞かない。そんな父を見かねた息子のデイビッドは、無駄骨と分かりつつも父を車に乗せてネブラスカ州を目指すが、途中で立ち寄ったウディの故郷で両親の意外な過去を知る。ウディを演じた主演のブルース・ダーンが、2013年・第66回カンヌ国際映画祭で男優賞を受賞した。

2013年製作/115分/G/アメリカ
原題:Nebraska
配給:ロングライド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第71回 ゴールデングローブ賞(2014年)

ノミネート

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ブルース・ダーン
最優秀助演女優賞 ジューン・スキッブ
最優秀監督賞 アレクサンダー・ペイン
最優秀脚本賞 ボブ・ネルソン

第66回 カンヌ国際映画祭(2013年)

受賞

コンペティション部門
男優賞 ブルース・ダーン

出品

コンペティション部門
出品作品 アレクサンダー・ペイン
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0自分は50半ばで80の父がいるので、共感できたかもしれない。最後は...

2022年5月3日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

自分は50半ばで80の父がいるので、共感できたかもしれない。最後はよかったと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ひぐらし

4.0BGMみたような

越後屋さん
2022年4月30日
PCから投稿

ボケのお父さんと優しい次男坊と周りの人たちの一週間の物語。
それなりのストーリーはありますが、ゆるーく、遅ーく、アメリカの典型的な刺激のない田舎のたたずまいをのんびり観るような映画です。ドライな目線ですが、ゆったり時間が過ぎるような感覚なので、全くつまらない、という感想を持ったとしても正解と言えましょう。
但し、大した話でもないのに評論家が難しいこと言いそうな「考えさせられる」映画より一万倍いいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
越後屋

3.5父と息子

としさん
2022年4月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2022年4月29日
映画 #ネブラスカ #ふたつの心をつなぐ旅 (2013年)鑑賞

主演の #ブルース・ダーン と #ウィル・フォーテ が地味すぎ!
初めは、この二人が主演とはとても想像できなかった
でも、最後はこの2人でよかったと思える
お母さんのキャラクターもぶっ飛んでる

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とし

4.0アンドリューワイエスの絵画みたいだ

マサシさん
2021年12月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

家族の木綱!絆じゃないです。すとつの違いがありますが、絆とは木綱です。馬をつなぎとめておくための綱なんです。つまり、自由を束縛すると言う意味です。なんか、そんな映画なのかなぁ。良い映画でした。アンドリューワイエスの絵に出てくる小屋がありました。また、遠近感の素晴らしい映画でした。アメリカの広さが目に残ります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マサシ
すべての映画レビューを見る(全59件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る