アクト・オブ・キリング

劇場公開日:

アクト・オブ・キリング

解説

1960年代インドネシアで行われた大量虐殺を加害者側の視点から描いたドキュメンタリー。60年代、秘密裏に100万人規模の大虐殺を行っていた実行者は、現在でも国民的英雄として暮らしている。その事実を取材していた米テキサス出身の映像作家ジョシュア・オッペンハイマー監督は、当局から被害者への接触を禁止されたことをきっかけに、取材対象を加害者側に切り替えた。映画製作に喜ぶ加害者は、オッペンハイマー監督の「カメラの前で自ら演じてみないか」という提案に応じ、意気揚々と過去の行為を再現していく。やがて、過去を演じることを通じて、加害者たちに変化が訪れる。エロール・モリス、ベルナー・ヘルツォークが製作総指揮として名を連ねている。山形国際ドキュメンタリー映画祭2013インターナショナル・コンペティションで「殺人という行為」のタイトルで上映され、最優秀賞を受賞。14年、「アクト・オブ・キリング」の邦題で劇場公開。

2012年製作/121分/デンマーク・ノルウェー・イギリス合作
原題:The Act of Killing
配給:トランスフォーマー
劇場公開日:2014年4月12日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第86回 アカデミー賞(2014年)

ノミネート

長編ドキュメンタリー賞  
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)Final Cut for Real Aps, Piraya Film AS and Novaya Zemlya LTD, 2012

映画レビュー

5.0あなたは人を殺せますか

2023年7月1日
iPhoneアプリから投稿

自分のほっぺたをつねってみてください。
自分の手の甲をつねってみてください。
強くつねると痛いですか?
もう一度聞きます。
あなたはこの皮膚の痛みを知ってもなお、人を殺せますか

コメントする (0件)
共感した! 1件)
ミスター

3.0作りは安いのに中身はどぎつい。

2023年2月9日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
Keita

4.0根っ子から腐っている

2022年7月11日
スマートフォンから投稿

虐殺に関わった人間が政治家や地元の有力者となり、今も真実と向き合うことをしない。国営放送が殺人をあのように取り上げるとは驚きだ。カメラが回っているところで平気で市民から金を巻き上げるプレマン。自由の意味を完全に履き違えているのに、恐ろしさからフレンドリーな笑顔をつくるしかない弱者たちが痛々しく映る。

米国も日本も当時虐殺の事実を黙認した。この映画をみると、内側から虐殺を止める難しさと、国際社会の目がいかに重要かがわかる。

終盤リーダー格の老人が後悔や罪悪感を垣間見せるが、撮影が進むにつれ、客観的にどう見られるか意識したもののように思えてならない。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
雪

5.0罪悪のドキュメンタリー

2022年2月23日
PCから投稿

目の前で起きる展開に疑念を抱いてしまう人の心理は何よりも自分自身の罪悪という重みに耐えられないことの現れであり、大衆は誰しもがこの感情から逃げているのかもしれない。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
fmovie2
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「アクト・オブ・キリング」シリーズ関連作品