ダラス・バイヤーズクラブ

劇場公開日

  • 予告編を見る
ダラス・バイヤーズクラブ
26%
60%
12%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

マシュー・マコノヒーが、エイズ患者を演じるため21キロにおよぶ減量を達成して役作りに挑み、第86回アカデミー賞で主演男優賞を受賞した実録ドラマ。1985年、テキサス生まれの電気技師ロン・ウッドルーフはHIV陽性と診断され、余命30日と宣告される。米国には認可された治療薬が少ないことを知り、納得のできないロンは代替薬を求めてメキシコへ渡る。そこで米国への薬の密輸を思いついたロンは、無認可の薬やサプリメントを売る「ダラス・バイヤーズクラブ」を設立。会員たちは安い月額料金で新しい薬を手にすることができ、クラブはアングラ組織として勢いづく。しかし、そんなロンに司法の手が迫り……。ロンの相棒となるエイズ患者でトランスセクシャルのレイヨンを演じたジャレッド・レトも、アカデミー助演男優賞を受賞した。

2013年製作/117分/R15+/アメリカ
原題:Dallas Buyers Club
配給:ファインフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第86回 アカデミー賞(2014年)

受賞

主演男優賞 マシュー・マコノヒー
助演男優賞 ジャレッド・レト
メイクアップ&ヘアスタイリング賞  

第71回 ゴールデングローブ賞(2014年)

受賞

最優秀主演男優賞(ドラマ) マシュー・マコノヒー
最優秀助演男優賞 ジャレッド・レト
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2013 Dallas Buyers Club, LLC. All Right

映画レビュー

2.0ロデオ

2019年11月25日
iPhoneアプリから投稿

バランスの良い作品である。
実に男らしい生き様だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たろっぺ

4.0HIV患者の悪あがき? 否!信念を持った男のストーリー。

2019年8月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

難しい

冒頭からSEXシーンで始まるw
酒・ドラッグ・SEXとクソの様な人生を歩み、仕事は電気技師であるがその日ぐらし感が否めないし、世帯等もなくトレーラー暮らし。当時の人間はこんな感じなんだろうか?

HIVに感染し当初は信じずに鼻で笑っているが、自分で色々と調べ始める(ここが凄い)、またそれからの生きようとする信念が凄い。またマシュー・マコノヒ―の演技が相まって鬼気迫る様子が見ていてひしひしと伝わってくる。

当時の時代背景からもHIV患者に対する正しい知識も乏しく、また閉鎖的なコミュニティーも合わせて風当りも強い、当人のロンもそっち側であるが、徐々に知識や処方される薬、そしてアメリカにおける薬の承認やそれに伴う利権等を目の当たりにしていく。

当初は自分の為に始めた薬探し等であったが、半ば慈善事業の様な「ダラス・バイヤーズ・クラブ」を設立。冒頭の人物と同一人物か?と思ってしまうが、環境や状況によって人はここまで変われるのかと感じた。

また作中で皮肉を発しながらも自分の信念に対して突き進む様子は人々の感動を生むであろうし、ジャレット・レト等含むHIV患者のどれもがリアリティのあるいでたちと演技でスクリーンにどんどんとのめり込んで行ってしまった。

勇気と希望を多くの人に与える素晴らしい作品であった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ポップコーン男

3.5既得権との戦い

2019年8月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

いきなり性交から始まるので、こればっかりかよ、と。
でもそうでもなくて、程々エロスはあるけども、
結構硬派な内容でした。

HIV感染から生きる事に執着し始めたロンは、
自分の事だけ心配していたが、
HIV感染者とエイズ発症者への治療の酷さ、
選択肢の無さだったり、いい加減な薬だったり、
しかも患者には新薬の治験中でボロボロの若者も。
当時はHIVよりも薬の過剰投与で1ヶ月で亡くなるという時代。

何時の時代も医師や製薬業は利権に縛られ、
新しく発見された病気への偏見を覆すのは至難の技で、
その時代にあらゆる格差と闘ったロンは、
生粋のカウボーイで破天荒だけどかっこいー、でした。
感動は少ないけど感心する話でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
クリストフ

3.5最初は「なにこのチンピラ」と思ったが…。

なおさん
2019年5月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単に自分が生きるため(あと金儲けのため)なら何でもやろうとする意地汚さから始まったことだったのに。図らずも製薬会社やFDA、医療制度の欺瞞と闘うことになる。
自分で臨床研究例を調べてレビューしたようなセリフもあるし、頭もキレて行動力もある人物であることがわかってくる。またすこしずつ周りの人物との関係も変わっていく。
それを見事に演じたマコノヒーがいい。こんなに上手かったんだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なお
すべての映画レビューを見る(全114件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る