ダラス・バイヤーズクラブ
ホーム > 作品情報 > 映画「ダラス・バイヤーズクラブ」
メニュー

ダラス・バイヤーズクラブ

劇場公開日

解説

マシュー・マコノヒーが、エイズ患者を演じるため21キロにおよぶ減量を達成して役作りに挑み、第86回アカデミー賞で主演男優賞を受賞した実録ドラマ。1985年、テキサス生まれの電気技師ロン・ウッドルーフはHIV陽性と診断され、余命30日と宣告される。米国には認可された治療薬が少ないことを知り、納得のできないロンは代替薬を求めてメキシコへ渡る。そこで米国への薬の密輸を思いついたロンは、無認可の薬やサプリメントを売る「ダラス・バイヤーズクラブ」を設立。会員たちは安い月額料金で新しい薬を手にすることができ、クラブはアングラ組織として勢いづく。しかし、そんなロンに司法の手が迫り……。ロンの相棒となるエイズ患者でトランスセクシャルのレイヨンを演じたジャレッド・レトも、アカデミー助演男優賞を受賞した。

作品データ

原題 Dallas Buyers Club
製作年 2013年
製作国 アメリカ
配給 ファインフィルムズ
上映時間 117分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

受賞歴

第86回 アカデミー賞(2014年)

受賞
主演男優賞 マシュー・マコノヒー
助演男優賞 ジャレッド・レト
メイクアップ&ヘアスタイリング賞  
ノミネート
作品賞  
脚本賞 クレイグ・ボーテン メリッサ・ウォーラック
編集賞 ジョン・マック・マクマーフィ マーティン・ペンサ

第71回 ゴールデングローブ賞(2014年)

受賞
最優秀主演男優賞(ドラマ) マシュー・マコノヒー
最優秀助演男優賞 ジャレッド・レト

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

劇的な感動を抑制し、折々の実感を拾い上げる
ダラス・バイヤーズクラブの映画評論・批評

減量や増量は、いまや珍しい役作りではなくなった。「レイジング・ブル」のロバート・デ・ニーロを見たときは愕然としたものだが、「マシニスト」のクリチャン・ベールにはそう驚かなかった。「ダラス・バイヤーズクラブ」のマシュー・マコノヒーは、そ...ダラス・バイヤーズクラブの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全102件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

コンタクト SING/シング (通常版) ミスター・ノーバディ JUNO/ジュノ
コンタクト SING/シング (通常版) (字幕版) ミスター・ノーバディ (字幕版) JUNO/ジュノ (字幕版)
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「ダラス・バイヤーズクラブ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi