ダラス・バイヤーズクラブ

ALLTIME BEST

劇場公開日

ダラス・バイヤーズクラブ
ダラス・バイヤーズクラブ
26%
60%
12%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

マシュー・マコノヒーが、エイズ患者を演じるため21キロにおよぶ減量を達成して役作りに挑み、第86回アカデミー賞で主演男優賞を受賞した実録ドラマ。1985年、テキサス生まれの電気技師ロン・ウッドルーフはHIV陽性と診断され、余命30日と宣告される。米国には認可された治療薬が少ないことを知り、納得のできないロンは代替薬を求めてメキシコへ渡る。そこで米国への薬の密輸を思いついたロンは、無認可の薬やサプリメントを売る「ダラス・バイヤーズクラブ」を設立。会員たちは安い月額料金で新しい薬を手にすることができ、クラブはアングラ組織として勢いづく。しかし、そんなロンに司法の手が迫り……。ロンの相棒となるエイズ患者でトランスセクシャルのレイヨンを演じたジャレッド・レトも、アカデミー助演男優賞を受賞した。

2013年製作/117分/R15+/アメリカ
原題:Dallas Buyers Club
配給:ファインフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第86回 アカデミー賞(2014年)

受賞

主演男優賞 マシュー・マコノヒー
助演男優賞 ジャレッド・レト
メイクアップ&ヘアスタイリング賞  

第71回 ゴールデングローブ賞(2014年)

受賞

最優秀主演男優賞(ドラマ) マシュー・マコノヒー
最優秀助演男優賞 ジャレッド・レト
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2013 Dallas Buyers Club, LLC. All Right

映画レビュー

4.5生きようとする姿勢

2020年8月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

マシュー・マコノヒーが大幅に減量して挑んだエイズ患者役。ムキムキイメージあったからあんなにガリガリになった姿は衝撃的だった。一目で病気だってわかる。病院や製薬会社のドライな対応に反発して行動する姿に胸がスッとする。

ジャレットレト演じるエイズ患者でトランスジェンダーのレイヨン。あの優しい眼差し、明るく振る舞う中で時折見せる儚げさ、脆さが印象的だった。

彼ら2人は死から逃れようと必死なのではなく、今をするべきことをするために一生懸命に生きている。そんなニュアンスを感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いたかわ

4.5勧められた理由がわかった

2020年7月2日
iPhoneアプリから投稿

名作です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いちじく

4.5f○ck youさえも美しい

唐揚げさん
2020年5月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

笑える

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
唐揚げ

5.0【”豊かに生きる意味を考えていなかった男”が難病に罹患し、”考え、行動した事”。】

NOBUさん
2020年5月20日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、DVD/BD、VOD

泣ける

知的

幸せ

 ■内容は巷間に数多知られていると思うので、数年振りに鑑賞した感想のみ完結に記す。

1.”女好き、酒好き、趣味はロデオ”
  自堕落な生活を送っていたロンが”世間から偏見を持たれていた難病(現在も・・・)”に罹患し、余命30日を宣告されながらも、少しづつ、真面な人間になっていく様を、マシュー・マコノヒーが正に身を削った姿で演じる姿の”圧倒的な説得力”に、何度観ても脱帽する。
 彼が罹患した事で、且つての仲間の態度が豹変する部分も哀しいが、この作品に厚みを持たせている。

2.FDA(アメリカ食品医薬局)の立ち位置の描き方の上手さ
  日本で言えば、厚生労働省の下部団体のような組織だろう。損な役回りで登場させられるが、この作品にとっては重要である。

3.レーヨン(ジャレッド・レト)の哀しき人生の描き方。
  ロンのために、金を無心に“男装して”父の所に行く姿、治療薬臨床試験に協力しながらも、今までの生き方を変えられず・・。
  ジャレッド・レトの演技も凄い。

4.イヴ(ジェニファー・ガーナー)の生き方、思想の変化していく姿。
  当初のロンに対する態度から、途中からどんどん変化していく姿。二人で夕食を摂りながら、ロンが”人生の幸せについて”語る言葉を聞く姿。そして、硬直化したFDAに失望していく姿もリアリティーがある。

<後半、ロンが世界各国を”激やせした姿”で、耳鳴り、眩暈に悩まされながらも未承認の薬を求めて飛び回る姿は、私にはファンキーな”キリスト”が民を救うために、自らの体を犠牲にしながら、"迷える大衆"を救おうとする姿に見えてしまった・・。
 そして、エンドロールのテロップの数々が流れると、必ず落涙してしまう作品でもある。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU
すべての映画レビューを見る(全120件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る