ダラス・バイヤーズクラブ

ALLTIME BEST

劇場公開日:

ダラス・バイヤーズクラブ

解説

マシュー・マコノヒーが、エイズ患者を演じるため21キロにおよぶ減量を達成して役作りに挑み、第86回アカデミー賞で主演男優賞を受賞した実録ドラマ。1985年、テキサス生まれの電気技師ロン・ウッドルーフはHIV陽性と診断され、余命30日と宣告される。米国には認可された治療薬が少ないことを知り、納得のできないロンは代替薬を求めてメキシコへ渡る。そこで米国への薬の密輸を思いついたロンは、無認可の薬やサプリメントを売る「ダラス・バイヤーズクラブ」を設立。会員たちは安い月額料金で新しい薬を手にすることができ、クラブはアングラ組織として勢いづく。しかし、そんなロンに司法の手が迫り……。ロンの相棒となるエイズ患者でトランスセクシャルのレイヨンを演じたジャレッド・レトも、アカデミー助演男優賞を受賞した。

2013年製作/117分/R15+/アメリカ
原題:Dallas Buyers Club
配給:ファインフィルムズ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第86回 アカデミー賞(2014年)

受賞

主演男優賞 マシュー・マコノヒー
助演男優賞 ジャレッド・レト
メイクアップ&ヘアスタイリング賞  

第71回 ゴールデングローブ賞(2014年)

受賞

最優秀主演男優賞(ドラマ) マシュー・マコノヒー
最優秀助演男優賞 ジャレッド・レト
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2013 Dallas Buyers Club, LLC. All Right

映画レビュー

2.5メソッド演技の行きつく果て

2022年10月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

マシュー・マコノヒーは自然体で、まるで本当に存在するかのように演技している俳優さん。どの映画を見ても、自分を変えずに役を寄せてくる印象でした。

この映画では、大減量したらしく、げっそりとやつれていく病変振りを表現していて、役柄に説得力が生まれてはいます。

なので、いつもの彼のアプローチと違う映画だなと思いますが、それはそれ。

肝心の映画は、実話をベースに作ってあるためか単調で、見終わったあと、感動も、関心も生まれません。「へえ」とは思いますが、主人公がHIVに感染した経緯も、特に同情できる身の上でもなく、むしろ自業自得という言葉がぴったり当てはまる人物で、逆になぜこの無軌道な男に、ダラス・バイヤーズ・クラブを維持できるだけのエネルギーが生じたのか不思議にすら感じます。

やつれながらも、エネルギッシュな振る舞いを見せることができれば、減量の甲斐もあるのでしょうが、何の効果も生んでいないように感じます。

映画そのものは、米国社会が抱える、薬事法の矛盾点を暴いた問題作で、アカデミー賞のノミネートも受けたようですが、面白くない、平凡なお話で、退屈でした。

2016.9.14

コメントする (0件)
共感した! 0件)
うそつきカモメ

4.080年代、HIVが同性愛者の病気とされていたことは知らなかった。 ...

2022年6月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

80年代、HIVが同性愛者の病気とされていたことは知らなかった。
そんな時代のHIV患者に活路を見出したであろう実話。
堕落していた生活から、病気を発症したことで主人公の考え方や生き方が変化していく。
そしてその行ないが同じHIV患者の苦しみや環境を変えていくことにつながっていく。そんなラストはぐっとくるものがある。
とにかくマシュー・マコノヒーがすごい。ジャレッド・レトもよかった。
アカデミー賞はうなずけます。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
よっしー

4.0「闇の真実」

2022年2月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

今これを記すに辺り、現在進行形で新型コロナ騒動が続く中、この映画は実話を元にした作品であると。

もしも今の得たいの知れない状況が始まる前に作品を観ていたら、内容に対して(あ~そうだったのか)と、私は思っていたであろう・・・が、渦中の最中に観た私にとっては、(やっぱりな!)としか思えなかった。

医師と製薬会社と政府のつながり。AZTが新型コロナ騒動の中では何にあたるのか。効果がある未承認の薬が何にあたるのか。

エイズと新型コロナの背景に、極めてよく似たものを感じた。それはつまり、昔も今も変わっていないと言う事ではないか。

歴史は繰り返されてしまうのか、わざと繰り返しさせられているのか。

私が強く思う事は、疑問に思う心は大切であり、何かおかしいと思う気持ちはおかしくない。

主人公も唐突に余命を宣告され、反骨心と共に疑問を持ち、そこから道がひらかれたのだと思います。

真実とは一体何なのか。

それを導き出す為には主人公の如く、各々がよく考えて、よく調べて、簡単にながされる事なく、見極める事が重要なのではないでしょうか。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
トンヌラ

4.0エイズ罹患後は濃い人生

2022年1月5日
PCから投稿

エイズは同性愛者(ゲイ)がなる病気と差別されていた頃、エイズに罹り自らエイズ治療を模索したある男の話。神が与えた試練を乗り越えたかなぁ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Oyster Boy
すべての映画レビューを見る(全127件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る