ウィ・アー・ザ・ベスト!

劇場公開日

ウィ・アー・ザ・ベスト!

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ショー・ミー・ラヴ」「エヴァとステファンとすてきな家族」のルーカス・ムーディソン監督が、1980年代初頭のスウェーデンでパンクバンドを結成した少女たちの奮闘を描いた青春ドラマ。82年、ストックホルム。パンクが大好きな13歳のボボとクラーラは、それぞれの家族にも退屈な同級生たちにも不満だらけ。そんな2人が、楽器すら持っていないのに思いつきでパンクバンドを結成することに。ギターが得意な少女ヘドヴィグに目をつけたボボとクラーラは、敬虔なキリスト教徒である彼女をパンクの道に引きずり込もうとするが……。2013年・第26回東京国際映画祭コンペティション部門で最高賞の東京サクラグランプリを受賞。新宿シネマカリテの特集「カリコレ2016/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016」で劇場公開。

2013年製作/102分/PG12/スウェーデン
原題:Vi ar bast!
配給:ロングライド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)2013 MEMFIS FILM RIGHTS AB

映画レビュー

4.5可愛いPUNK

2016年8月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

萌える

バンドを結成して周りを見返したり何かしらの目標や達成がある訳でも無い。

彼女たちの生き方がPUNKでバンドやら演奏なんか関係無し。

ボボとクラーラが愛らしくて彼女達を観ているだけで楽しくて最高の三人だ。

とにかく破天荒でやる事なす事がメチャクチャで男の子のように思える感じが可愛らしい。

ここ最近「シング・ストリート」が音楽モノで傑作だと思っていたが超えてしまった本作の面白さに愛らしさに何も無さが最高。

紛れも無くPUNK映画に仕上がった傑作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一
すべての映画レビューを見る(全1件)

他のユーザーは「ウィ・アー・ザ・ベスト!」以外にこんな作品をCheck-inしています。