ブルックリン

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ブルックリン
23%
58%
16%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1950年代、アイルランドからニューヨーク・ブルックリンにやってきた移民の少女の青春や揺れ動く心を、「つぐない」のシアーシャ・ローナン主演で描き、第88回アカデミー賞で作品賞、主演女優賞、脚色賞にノミネートされたドラマ。脚本は、「ハイ・フィデリティ」「アバウト・ア・ボーイ」の原作者で、「17歳の肖像」「わたしに会うまでの1600キロ」などで脚本家としても活躍する作家のニック・ホーンビィ。監督は「BOY A」「ダブリン上等!」のジョン・クローリー。大人しく目立たない性格の少女エイリシュは、妹の将来を案じた姉の勧めで、アイルランドの小さな町からニューヨークへとやってくる。それまでとはあまりに異なる大都会での生活に戸惑うエイリシュは、しかし、イタリア系移民の青年トミーとの恋をきっかけに大きく変わっていく。洗練されたニューヨーカーとして生き生きと日々を過ごすエイリシュだったが、そんな彼女のもとに故郷からある悲報がもたらされる。

2015年製作/112分/G/アイルランド・イギリス・カナダ合作
原題:Brooklyn
配給:20世紀フォックス映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第73回 ゴールデングローブ賞(2016年)

ノミネート

最優秀主演女優賞(ドラマ) シアーシャ・ローナン
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.5人生の初心を思い起こさせてくれる”旅立ちの物語”

2016年12月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

誰もが共感できる“旅立ちと新生活の始まり”のストーリーを、俊英監督と女優シアーシャ・ローナンが見事なまでに初々しく、かつヴィヴィッドに描き上げた秀作。透き通ったその瞳で見つめる50年代ニューヨークは、アイルランドの田舎町から来た少女にとってあまりに巨大で、時に押し潰されそうになりながらも、新たな出会いや経験が少しずつ彼女を変えていく。

もちろん、楽しいことの分だけ、辛いこと、悲しいことも多い。だがニック・ホーンビーの脚本は、昨日までの悲しみをセリフ一つでサッと霧消させるユーモアとセンスに満ち、胸の中にいつも一筋の光を差し込ませ続ける。また、ホンビー作品ではお馴染みの“二周目の風景”も登場。人は一周目だと初めてのことだらけで笑っちゃうくらい無様なことも多いが、二周目では視野が広がり、少しだけ遠くまで見渡せるようになっている。その成長ぶり、表情がたまらなく素敵なのだ。人生の折々に見返したくなる。観るたびに初心を思い起こさせてくれる名作である。

コメントする
共感した! (共感した人 5 件)
牛津厚信

4.0主題は「恋」よりも「生きる」こと。

村山章さん
2016年10月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

知的

幸せ

現代の価値観から、主人公に主体性がない、結局は養ってくれる男性を天秤にかけているだけ、といった感想をよく目にした。

本当にそうだろうか。この映画が描いているのはむしろ選択肢が非常に限られていた時代に、ひとりの女性が人生のわずかな可能性を模索する物語ではないか。

日本でも少し前までは、結婚は社会的にも経済的にも「生きる」ためのほぼ唯一の選択肢だったし、それは本作が描くアイルランドでも同じだったろう。

祖国を飛び出した彼女は、新天地アメリカでアイルランド移民のコミュニティに身を寄せる。これも生きていくために当然であり必然の選択だった。そんな彼女がイタリア移民の男性と恋に落ちるのは、国際結婚くらいにハードルが高かったはず。

現代にしてみれば些細なことも、彼女にとっては自分の人生をつかみ取るための必死の決断。やはり自分には、果敢に時代に立ち向かった雄々しいヒロインの映画である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
村山章

3.5アイリッシュ(ウー)マン

津次郎さん
2021年6月12日
PCから投稿

ブルックリンのプロモーションポスターは煉瓦壁にもたれている画の他に、イースト川とブルックリンの町並みをバックに、ぐっと寄って撮られたSaoirseRonanが遠い目をしている絵面のがある。

吸い込まれそうな青い目、透き通るような白い肌、きりりとした眉、彫像のような鼻梁。眩しいかのように、すこし眉間が険しい。見るからに聡明な顔立ち。表情には、郷愁があり、野望もあり、追慕も見て取れる。そのポスターの顔だけで、映画に確信をもつことができる。つくづく語らずに語ってしまう顔だった。

半ばまで、あんがい障壁のない純愛物語だが、姉が死んで、故郷アイルランドに戻ってきてから、にわかに佳境に入ってくる。

トニーと結婚して単身帰郷したのだが、戻ってみれば、仕事もあるし、好青年のジムにも出会う。打算と女心が、千々に乱れる。しかも、ジム役が定評の好青年DomhnallGleesonなので、見ている方としても、シンパシー逆転してきて、やきもきさせられる。どうすんだよエイリッシュ?

故郷での勤め先だった、日用雑貨店の女主人ケリーは、どうしようもない意地悪婆なのだが、結果的に、惑うエイリッシュを、我に返らせる。善良な人ばかりの映画で、ケリーだけが悪人だが、エイリッシュの人生にとって、彼女が必要悪になっていることが、この映画の構造上のポイントだと思った。

故郷と母を捨てて、ブルックリンへ起つエイリッシュ。
アメリカの建国を支えたアイルランド人。ディズニーもケネディも、多数のハリウッドの映画人たちも、そうやって国を捨ててアメリカに渡ってきたのだろう。スコセッシのアイリッシュマンとて、その裏街道編といえる。

移民には、避けられない取捨選択の決断がある。是も非もない。だから郷愁があり、野望があり、追慕があらわれる──のだろう。本質は、厳しい決別の映画だと思う。

Saoirse Ronanをはじめて見たときから、誰かに似ているような気がしていた。けっして豊満ではないのに、頬のふくよかなカーブが特徴。このブルックリンを見たとき、ようやく、気付いたのだが、この人はなんとなくモナリザに似ている。

なんとなく神秘性もある人だが、打ち解けている態度のインタビュー映像なんか見ると、まったくオープンでフランクな感じのひとである。そのギャップもまた女優らしい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

5.0ラストシーンの服装は、彼女の出自、育って来た背景、経験してきたこと、成長した今の彼女の心、その総てがその服装に一目で表現されていました

あき240さん
2021年4月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

素晴らしい映画に出会えた幸せを感じています
大好きな映画のひとつになりました

恋愛物語ではなく、巣立ちと成長がテーマです
恋愛はその過程の話です

田舎、老いた母、体の弱そうな姉、地元の友人達
息の詰まりそうな小さな社会
大きな可能性を求めて、勇気を出してそこから抜け出して、大都会で自分の居場所を作っていく普遍的な物語なんです

アイルランドを出るときやブルックリンについてしばらくは緑色の服を、ヒロインは多く着ています
緑色は聖パトリックの色です
つまりアイルランドを象徴しています

やがてブルックリンに馴染んでくると、緑色の服は少なくなります
トニーと恋仲になると黄色の服が多くなります
黄色はもちろんイタリアを象徴しています

アイルランドに帰ると、緑色が薄いような青色のカーデガンを羽織ったりします
でも中に着ているのは薄い黄色のブラウスだったりします

ブルックリンに帰ってトニーに再会するときに着てきたのは緑色のカーデガン、黄色のブラウス、彼とデートの時に履いていた花柄のスカート
彼女のこれまでの経験をすべて身に纏って、彼に会いに来たのです
彼女の出自、育って来た背景、経験してきたこと、成長した今の彼女の心、その総てがその服装に一目で表現されています

トニーに自分のその人間の成り立ち全てを受け入れて愛して欲しいとその服装が雄弁に語っているのです

大都会NY の片隅
二人の人生はこれから力を合わせて築かれていくのです
新興住宅地のロードアイランドで、二人は彼の兄弟と工務店を開くのでしょう
彼女は経理担当できっと成功していくでしょう
あのこまっしゃくれた男の子みたいな子供をたくさん産んで、いいオカンになっていくんだろうとおもいます
あの生意気な小さい弟は頭は良さそうなので、良い大学をでて家族経営の工務店を大会社にするのかもしれません
それはこれら先の先のこと

新大陸アメリカは移民の国だったことを今さらながら思いだされせてくれます

初めて上京したころの気持ち
初めて恋人ができたころの気持ち
一人の女性の人生を引き受けて家庭を持とうと思った時の気持ち
それらの初々しい気持ちが蘇りました
嗚咽しそうになりました

コロナ禍の中でも新年度は始まり、今年も地方から上京してきた人も多いでしょう
本作のような寮がある会社は少ないと思います
ワンルームの狭い部屋と仕事場との往復だけ
もしかしたらテレワークで部屋すら出ないかも
孤独の中でいるなら田舎にいるのとどこが違うというのでしょう
コロナ禍は残酷です

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全135件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る