プリズナーズ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
プリズナーズ
23%
60%
15%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2010年に発表した「灼熱の魂」が第83回アカデミー外国語映画賞にノミネートされ、世界的にも注目を集めたカナダ人監督ドゥニ・ビルヌーブのハリウッドデビュー作。娘を取り戻すため法をも犯す決意を固めた父親の姿を描いたサスペンススリラー。家族で幸せなひと時を過ごすはずの感謝祭の日、平穏な田舎町でひとりの少女が失踪する。手がかりは少なく、警察の捜査も進展しないなか、少女の父親は証拠不十分で釈放された第一容疑者の証言から、彼が誘拐犯だと確信。自らの手で娘を助け出すため、一線を超える決意をする。父親役にヒュー・ジャックマン、事件を担当する警官役でジェイク・ギレンホールが主演。

2013年製作/153分/PG12/アメリカ
原題:Prisoners
配給:ポニーキャニオン、松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 発狂する唇
  • インスマスを覆う影
  • 乱歩 妖しき女たち
  • 爆裂魔神少女 バーストマシンガール
  • ハングマンズ・ノット
  • ファミリー☆ウォーズ
  • メランコリック
  • オー・マイ・ゼット!
  • トリハダ 劇場版
  • トリハダ 劇場版2
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2014 Alcon Entertainment, LLC. All rights reserved.

映画レビュー

3.5【最後まで読めないサスペンス×ミステリー映画】

3104arataさん
2021年6月6日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

興奮

・2013公開のアメリカのクライムサスペンスミステリー映画。(長っw)
・幼い娘を誘拐された父親が警察を信じられずに独自に犯人を追う、という大枠ストーリー。

[お薦めのポイント]
・最後まで読めないミステリー要素が素晴らしい
・追い詰められた父親のとる行動の「是非」が観客の心を常に上下させてくれる
・2時間34分、全然飽きずに観れる長編作品
・プリズナーズの意味が最後にわかる面白さ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
[物語]
・宗教的な考え方を含んだうえでの細かな部分はさておき、大きく全体を見ると非常によくできたサスペンスミステリー映画だと思います。犯人はいったい誰なのか、という謎解きミステリー要素×子供を奪われた主人公ドーヴァー(ヒュージャックマンさん)の心情と行動に主軸を置いたサスペンス要素が上手くかけ合わさった物語でした。特に、犯人が誰なのか、についての伏線の張り方や結果など、私自身が全く想像できなかったゆえに、非常に楽しませていただけました。

[演出]
・明るいシーンが一度も出さない。終始暗い雰囲気を保ち続ける。そのために映像も雰囲気もとにかく黒や灰色に徹しているなぁと感じました。物語の終わりまでしっかりそれを継続させているところなどは、観終わった後の感情のもっていかせ方も含めて計算されているように思えてきて、すごいなぁと思います。

[映像]
・終始暗いトーンを保つ映像や雨雪のシーンを多用することで、観ているこちらまで本当に暗い気持ちになり、ドーヴァーさんの心情への共感性がとても増したと思います。

[音楽]
・特に際立って感じたことはありません。

[演技・配役]
・皆さん、超安定の演技力。違和感なく物語に引き込まれる演技がさすがです。主人公ドーヴァー役のヒュー・ジャックマンさんはもちろん、ロキ刑事役のジェイク・ギレンホールさん、バーチ夫妻演じるヴィオラ・デイヴィスさん、テレンス・ハワードさん、不審な青年を演じたポール・ダノさん、デヴィッド・ダストマルチャンさんなどなど、どの配役もどの方の演技もガチっ!とはまった感じで「演じている」ということを微塵も匂わせない素敵なものでした。

[全体]
・子を持つ親でなくても、これはしっかりと共感できる作りになっている、とてもよくできた作品だと思います。約2時間半という長時間、「スリル」とは違う「ハラハラ」が終始つきまとってくる、ある意味アトラクション性の高い映画です。スペクタクル超大作のような映像のすごみはないにしても、これは「映画館でお金を払ってでも観るべき映画だったなぁ」と思いました。ありがとうございました。

#映画 #クライム #ミステリー #サスペンス #誘拐 #プリズナーズ #2013年 #ヒュー・ジャックマン #ジェイク・ギレンホール #アメリカ映画
#全体3.7 #物語3.8 #演出3.6 #演技3.8 #配役3.8 #映像3.6 #音楽3.5

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
3104arata

4.0見えない真実への苛立ち、耐えがたい不安。

アルさん
2021年4月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

興奮

ゆったりと静かに始まる事件。
全く想像出来ない展開に、心臓を鷲掴まれた。
何処にでも居る普通の父親が自分の娘の為に、
''感情という狂気''が''人間の理性''を無くす。
少しずつ少しずつ心を押し潰されていく怖さ。
そして思わず目を背けたくなる感情の矛先、
その怒りと不安を、つい理解し同情してしまう。

ケラー役ヒュー・ジャックマンが、
子を持つ親の心情をリアル過ぎる程に表現。
敏腕刑事ロキ役ジェイク・ギレンホールが、
熱く、そして冷静に容疑者を探し出す。

ミスや運なども上手く絡ませる展開も、
あり得る切っ掛けとして良いスパイスに。
そして全ての''点''が繋がって''線''になる、
その瞬間の衝撃が凄い。

もはや何がハッピーエンドで、
何がバッドエンドなのか。
そんな判断も出来ないくらいに、
心を引っ掻きまわされた。

約150分という時間は感じさせない脚本、
展開に大きな波は無くとも引き込まれる。
同じ境遇になった時の自分に置き換えつつ、
且つ客観的に見ている様な不思議な感覚。

登場人物全てに"人間"特有の怖さがあり、
悪い意味での防衛本能が全面に出てくる。
心に引っかかり、考えさせられる作品。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
アル

4.5考察を見ると伏線が回収される

2021年3月7日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぴーたん

3.0狂気に染まる親心

2021年2月22日
Androidアプリから投稿

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
カミムラ
すべての映画レビューを見る(全164件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る