なみのおと

劇場公開日

なみのおと
20%
40%
20%
10%
10%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「PASSION」「THE DEPTHS」で注目を集める新鋭・濱口竜介と「ホームスイートホーム」の酒井耕が共同監督でで手がけた東北記録映画3部作の第1部で、東日本大震災で津波被害を受けた人々の「対話」を集めたドキュメンタリー。岩手県宮古市田老地区から福島県相馬郡新地町まで南下しながら、家族や仲間など親しい者同士が震災とその後について語り合う姿を映し出す。被災地の悲惨な映像ではなく人々の日常的な対話を捉えることで、そこから生まれる被災者たちの感情をすくい取っていく。

2011年製作/142分/日本
配給:サイレントヴォイス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
撮影
北川喜雄
整音
黄永昌
制作者
堀越謙三
藤幡正樹
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0観客と対話させるドキュメンタリー

2022年1月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

濱口竜介監督の作品、会話劇が多いが、ドキュメンタリー映画であってもそれは変わらない。この映画は、震災で津波被害に遭った方々の証言と対話を記録した作品だ。時折、監督自身も対話の相手として登場している。小津安二郎の映画のような正面ショットを多用して、映画を見る観客と津波被害を語る証言者を対話させるような工夫を凝らしている。
対話の内容が、直近の東日本大震災の被害のことだけでなく、昔の津波被害、そしてそのころから伝わる「てんでんこ」の紙芝居の物語など、今という時代性と土地の長い歴史性の両方を含んでいるのが素晴らしかった。
対話の内容は、津波の被害のことだが、浮かび上がってくるのは土地に根付く人々の生活やコミュニティの分厚さだったりする。消防団3人の対話は、なぜ給料がでるわけでもない消防団に入ったのか、というところから始まる。自分たちのコミュニティを自分たちで守るということを当然のことと考えているのだ。地域ネットワークのような中間集団を失いつつある都会とは対極の在り方で、それがある種、災害にも強い力を発揮するのだと教えてくれる作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
杉本穂高

5.0酒井耕監督の単独長編も観てみたい

花火さん
2016年12月29日
Androidアプリから投稿

 受け止められる環境があれば、言葉は生きて浮かんできて、そして受け止められて、ときに別の言葉を誘発したりする。遮るのではなく、連鎖反応のように会話が重なる瞬間に胸がすく。小津を思わせる正面からの構図=逆構図カットも含め、『親密さ』や『ハッピーアワー』にも繋がっていく原始を見た気がした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
花火
すべての映画レビューを見る(全2件)

「東北記録映画3部作」シリーズ関連作品