魔女の宅急便

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
魔女の宅急便
魔女の宅急便
7%
25%
40%
20%
8%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

宮崎駿監督によるアニメーション映画版が広く親しまれている角野栄子の児童文学「魔女の宅急便」を実写映画化。13歳になった魔女の血を引く少女キキは、掟に従い、一人前の魔女になるため修行の旅に出る。黒猫ジジと一緒にほうきに乗って旅立った彼女は、やがてたどり着いた海辺の町コリコで、パン屋のおソノのもとに居候することに。そこで空飛ぶお届けもの屋「魔女の宅急便」を始めたキキだったが……。主演はオーディションで選出された新人女優の小芝風花。「呪怨」シリーズや「ラビット・ホラー3D」など数々の恐怖映画を送り出してきた清水崇監督が、児童文学の映画化に挑戦。脚本に「おおかみこどもの雨と雪」の奥寺佐渡子。

2014年製作/108分/G/日本
配給:東映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
企画
小川富子
企画プロデューサー
松栄清
エグゼクティブプロデューサー
森重晃
修健
プロデューサー
梅川治男
ラインプロデューサー
梶川信幸
原作
角野栄子
脚本
奥寺佐渡子
清水崇
撮影
谷川創平
美術
岩城南海子
照明
金子康博
録音
深田晃
編集
高橋渉
音楽
岩代太郎
主題歌
倉木麻衣
VFXスーパーバイザー
秋山貴彦
音響効果
柴崎憲治
衣装デザイン
宮本宣子
山下和美
装飾
小山大次郎
アクションディレクター
匠馬敏郎
キャスティング
新江佳子
東平七奈
助監督
毛利安孝
制作担当
鍋島章浩
竹岡実
全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2014「魔女の宅急便」フィルムパートナーズ

映画レビュー

1.0今どき低レベル

sin666さん
2021年3月4日
スマートフォンから投稿

低レベルなCGと合成技術。不自然なセリフ選び
素人が撮ったかのようなカメラワークはかなりの違和感
ハリウッドを狙えとは言わないけど、これはちょっといただけない

ストーリー展開では痛々しい部分が非常に多く観ていて不快
トンボがブチギレたり、キキが罵声浴びせられたりは映画っぽい雰囲気が損なわれている本作なだけに妙にリアル(ホントに目の前でキレてるみたいで嫌な感じ)
おそのさんの旦那はただの不審者にしか見えない、もっと俳優さんしっかり選びましょうよ?

唯一よかったのはキキの声のトーンがアニメに近いかなー?くらいであった

映画は何でも最後まで観る方だがこれは途中でやめました

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
sin666

3.0子供が喜んで観ているので星三つ

WkPさん
2021年2月13日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

衣装のコスプレ感に違和感を覚えました。
VFXの違和感と合わせて映画の世界への投入感は余り味わえませんでした。
これらの映画、ドラマで毎度思いますが、何故衣装がピカピカのパリッとした新品なのだろう・・・この映画に関しては母親のおさがりなので、主人公に馴染みはしないだろうが、母親の少女期の服であれば保存系の魔法が使えないとの事なのでもう少し古びた感じが出てても良いはず。
ディテールにこそこだわって欲しいかなと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
WkP

4.0ファンタジーだから良いか!

2020年12月13日
iPhoneアプリから投稿

キキは可愛いし、おそのさんは男前やし、瀬戸内海と小豆島の風景はとても綺麗で楽しめましたが、カバさんを運ぶのは無理があるかなぁ。野宿する獣医もなんだかなぁと思いました。
でも皆んなが応援するのは良かったなぁ、嵐の中で歌を届けた歌手の場面は良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おちとしひろ

1.0ジブリの作品になじんできたせいだろうか・・・

kossyさん
2020年10月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ジブリ作品の『魔女の宅急便』の実写化ではないようすだった。

 それにしても酷い。CGやVFXも60年代の映画と同じレベルのような感じだったし、脚本がとにかく酷い。動物園の飼育員(新井浩文)だとか、最後に出てくる獣医(浅野忠信)も勿体ない使い方。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全84件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「魔女の宅急便」以外にこんな作品をCheck-inしています。