極道の妻たち Neo

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
極道の妻たち Neo
0%
33%
25%
25%
17%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

家田荘子のルポタージュが原作で、岩下志麻、十朱幸代、三田佳子、高島礼子らが主演してきた人気やくざ映画シリーズ「極道の妻たち」を、新たに黒谷友香主演で映画化。西京連合鬼場組組長・鬼場満の妻、琴音は、同じ西京連合の加藤組組長・加藤修平を夫にもつアザミが追っていた女・西澤サクラをかばう。アザミにはかつて自分の愛した男を鬼場満に殺された過去があり、その復讐を果たすため加藤の妻になっていた。サクラを介して思いがけず琴音とアザミが出会ったことで、大きな陰謀が動きはじめる。これまでのシリーズタイトルは「極道の妻(おんな)たち」だったが、本作は原作同様に「極道の妻(つま)たち」と読む。

2013年製作/91分/R15+/日本
配給:東映ビデオ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2013 東映ビデオ

映画レビュー

3.0黒谷友香の顔ちっちゃ!ドスは効いてた。MVPは長嶋一茂‼

2019年8月30日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

クライマックスの極妻同士の闘いを延々スローモーションってナニ
どうもアクションが苦手な監督みたい
ドラマパートはそんなに悪くなかったのにドンパチが始まると途端にチープに
カメラ二周させるのも要らんかったなぁ
neoというほど刷新されていない
暴対法で生きずらい極道(ヤクザいうたらアカン!)をもっと描けばいいのに
家田荘子をマッサージ師で投入
ボスキャラに原田夏希 。黒谷さんが小顔なせいでエラが協調され過ぎて可哀想
バストトップを晒してベッドシーンに挑むのも彼女だけ。往年のかたせ梨乃の立ち位置
今井雅之と大杉漣がものすごいヘタレな役どころ
小池里奈の違和感たるや

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き

2.0黒谷友香版はこれ一作

2019年8月26日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

黒谷友香のイメージを一新させた極妻だが、あからさまな低予算映画でなんだかなぁ。
夫を殺された極妻が復讐しようとするが、復讐に終わりはなく・・・。
美しい黒谷友香の着物姿は絵になる。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5極妻というより

REpowerさん
2016年5月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

幸せ

極姉って感じ。

でも、結構面白かった。

思いの外、一茂がグッドジョブ(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
REpower

2.0嫌いにはなれない作品。

2014年5月23日
PCから投稿

笑える

単純

原点回帰を図った作品であり女の激しい情念を扱った作品でした。

惜しむらくは人間模様を重点的に描いているため全体的に画面が地味。
従来のシリーズファンでアクション面に期待している方にとっては確実にドンパチが物足りない作り。
そのため事前に誤った期待をしていくと肩透かしを喰らい失望することとなるので要注意です。

役者陣も、ちと残念。
主演の黒谷友香の姐さん感というよりはお姉さん感はシリーズ通して新鮮でしたが迫力には欠けます。
また相手役の原田夏希は悪女を熱演していたのですが化粧が濃過ぎてヤリ過ぎ感が否めませんでした。
何より酷かったのが、サクラ演じる小池里奈。
この人のシーンは全てがグダグダ。
作品の品質を3ランク位下げていました。
これは酷かった。本当に酷かった。

ただ嫌いにはなれない作品でした。
極道家業を務める夫。待つ妻。
夫を愛する、妻の、女の情念が周りの人間を巻き込み大きな渦となる。
その悲哀、業。
観ていてグッときます。

残された人間の気持ちの移り変わりを丁寧に描いた点は好感が持てました。
アクション映画というよりは人間模様を描いたメロドラマ映画として行く分には十分価値がある作品だと思います。

オススメです。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Opportunity Cost
すべての映画レビューを見る(全5件)