極道の妻たち Neoのレビュー・感想・評価

極道の妻たち Neo

劇場公開日 2013年6月8日
3件を表示 映画レビューを書く

極妻というより

極姉って感じ。

でも、結構面白かった。

思いの外、一茂がグッドジョブ(笑)

REpower
REpowerさん / 2016年5月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  単純 幸せ
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

嫌いにはなれない作品。

原点回帰を図った作品であり女の激しい情念を扱った作品でした。

惜しむらくは人間模様を重点的に描いているため全体的に画面が地味。
従来のシリーズファンでアクション面に期待している方にとっては確実にドンパチが物足りない作り。
そのため事前に誤った期待をしていくと肩透かしを喰らい失望することとなるので要注意です。

役者陣も、ちと残念。
主演の黒谷友香の姐さん感というよりはお姉さん感はシリーズ通して新鮮でしたが迫力には欠けます。
また相手役の原田夏希は悪女を熱演していたのですが化粧が濃過ぎてヤリ過ぎ感が否めませんでした。
何より酷かったのが、サクラ演じる小池里奈。
この人のシーンは全てがグダグダ。
作品の品質を3ランク位下げていました。
これは酷かった。本当に酷かった。

ただ嫌いにはなれない作品でした。
極道家業を務める夫。待つ妻。
夫を愛する、妻の、女の情念が周りの人間を巻き込み大きな渦となる。
その悲哀、業。
観ていてグッときます。

残された人間の気持ちの移り変わりを丁寧に描いた点は好感が持てました。
アクション映画というよりは人間模様を描いたメロドラマ映画として行く分には十分価値がある作品だと思います。

オススメです。

Opportunity Cost
Opportunity Costさん / 2014年5月23日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  笑える 単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛する女性は命をかけた ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

恋した相手がたまたま極道だったでも一途に愛し全てを殴り捨てて信じられるそれを変えたのが愛せつなさが込み上げて一緒に泣けて一緒に共感出来た作品でしたまた続きが観たいと思いますたあまりドロドロしているシーンが無かった葛藤と惚れた女性せつなさが描かれてたいた!

マーchan
マーchanさん / 2013年6月22日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi