クロワッサンで朝食を

劇場公開日

  • 予告編を見る
クロワッサンで朝食を
クロワッサンで朝食を
3%
34%
46%
10%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フランス映画界が誇る大女優ジャンヌ・モロー主演によるヒューマンドラマ。故郷エストニアで、長い介護生活の末に母を看取ったアンヌ。そんな彼女のもとに、あこがれの街パリでの家政婦の仕事が舞い込む。しかし彼女を待ち受けていたのは、高級アパートでひとり寂しく暮らす気難しい老女フリーダだった。そもそも家政婦など求めていないフリーダはアンナを冷たく追い返そうとするが、アンヌを若き日の自分と重ねるうちに心を開いていく。

2012年製作/95分/フランス・エストニア・ベルギー合作
原題:Une Estonienne a Paris
配給:セテラ・インターナショナル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)TS Productions - Amrion Ou - La Parti Production - 2012

映画レビュー

4.0原題は仏語で「パリのエストニア人」。 邦題は「ティファニーで朝食を...

Birdさん
2020年7月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

原題は仏語で「パリのエストニア人」。
邦題は「ティファニーで朝食を」をもじった?
明らかにシニア狙いの映画、という感じで抵抗がありましたが、
わりと良かったです。
エストニアという国の知識がゼロだったので思わず調べることに。
対岸はフィンランドだったんですね。
どうりで冒頭シーン、雪深かったはずです。
でもIT立国で大変豊かとありましたが、アンヌの部屋で使っていたのは
まだカセットテープでした。
ヨーロッパが地続きだから国をまたいでの出稼ぎがさほどの決意?でなく
成り立つのでしょうか。
フリーダの影響でかコートをバーバリーに変えて、ハイヒールにしただけで
あんなに垢抜けるなんて上手い演出でした。
フリーダ役のジャンヌ・モロー、体型がしっかり出てしまったシーンを撮らせても
物ともせず、男性あしらいの上手い演技なんか堂にいっていました。
故郷を捨てて異国に住う女の意地は、時に傍から見て非常識にとられても
ある種の美意識があり、らしい感じが面白かったです。
ラストの選択など、もう常識に囚われる必要のない年齢だからこそなのでしょうか。
口コミでヒットした理由がわかる作品でした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Bird

1.0月の光。

poocaさん
2020年5月15日
Androidアプリから投稿

傲慢にならず素直に生きないと…と。
衣食住不自由なくても。孤独だと、意味がない。
一緒に、笑って泣いて話せる相手が居ることが、一番の高価なもの。

今は、太陽の光の物語が見たかったから、
月に浸りたくなったら、またこの物語に会いに来ます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
pooca

1.0洒落たタイトルに騙された

odeonzaさん
2020年1月5日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

洒落たタイトルにまんまと騙された、原題はUne Estonienne a Paris「パリのエストニア人」。
エストニア人とことわるのだからパリの移民の中でも変わり者なのだろう、気質は日本人に似て控えめで人見知りと把瑠都(相撲)さんが言っていた。それにしてもフリーダ(ジャンヌ・モロー)の歪んだ性格描写は極端だろう、ジャンヌ・モローはもともと愛嬌には欠けるし芝居が上手いので嫌な年寄感が倍増する。老いと孤独がテーマのようなシリアスな話を淡々とした映像で繋いでゆくので観ていて辛くなる。人間を描くにしても小津安二郎ほどの深みは無く苦手な作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

3.5とても地味な展開

2019年11月19日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

とても地味な展開。しかし、まあ見れてしまう。
こういう人間関係はあり得るだろうし、なんとも日常的。

で、結局なにがこの映画の中で起こったか。見終わってよくよく考えてみると、なにも起きていないに等しいという。パリで家政婦をやる、結末もそこから動いていない。その中で付いたり離れたりの人間模様があるっていう。

個人的には、パリ到着してすぐ、夜にフラフラと町に出てみる、あの感じが共感してしまった。どうでもいいシーンだが、なんかわかるな、と。旅先とか、或いは引っ越ししたてとか、なんかやってしまう。ただのコンビニが妙に新鮮に感じたり。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
okaoka0820
すべての映画レビューを見る(全23件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る