ジャッキー・コーガン

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ジャッキー・コーガン
5%
11%
42%
31%
11%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ブラッド・ピットがクールな殺し屋ジャッキー・コーガンを演じるサスペンスドラマ。監督は「ジェシー・ジェームズの暗殺」(2007)でもピットとタッグを組んだアンドリュー・ドミニク。「優しく、殺す」をモットーにする殺し屋ジャッキーは、「ドライバー」と呼ばれるエージェントから、賭博場強盗の黒幕を捜索する依頼を受ける。ジャッキーは前科のあるマーキーを探し出すが、実際に強盗を仕組んだのは別の悪党3人組であることが発覚。さまざまな思惑が交錯するなか、ジャッキーは事件にかかわった人間を皆殺しにすることを決める。共演にリチャード・ジェンキンス、ジェームズ・ガンドルフィーニ、レイ・リオッタ、サム・シェパードら。

2012年製作/97分/R15+/アメリカ
原題:Killing Them Softly
配給:プレシディオ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第65回 カンヌ国際映画祭(2012年)

出品

コンペティション部門
出品作品 アンドリュー・ドミニク
詳細情報を表示

DVD・ブルーレイ特集

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • エヴァリー
  • 桜金造の怪談 実録!死ぬほど怖い話
  • 桜金造の怪談 実録!死よりの生還
  • 封印映像「着席」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03 人喰い河童伝説
  • ハードコア
  • デッド・ハーツ
  • フリーキッシュ 絶望都市
  • ABC・オブ・デス2
  • ジャック・アタック
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2012 Cogans Film Holdings, LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.5バラクオバマ

keisukeさん
2019年2月1日
iPhoneアプリから投稿

オープニング、オバマの演説と共に始まり
演説と共に終わる

反オバマ的な映画

1時間10分32秒の「頼れるのは自分だけ」
編集前は2時間以上あったのにここに5秒の制止を使うのはここに言いたい事を集約してるんだと見た

ブラッドピッドの淡々とした困り演技
ジェームズガンドルフィーニのダメさ加減
特にベンメンデルソーンのクレイジーなアホ演技はクセになる
けどレイリオッタの感じは普段のマッチョ感からかけ離れててちょっとショック

世間ではMr.&Mrs. スミスのノリを期待してガッカリした人が多いみたい
そーゆー人はトランスフォーマーかスパイダーマンで口直しをどーぞ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
keisuke

3.0『コーヒー&シガレッツ』とかが好きな人向け

shotgunさん
2019年1月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

賭場に強盗が入り組織の金が奪われた。犯人の殺害を依頼された殺し屋のジャッキーは早速犯人に行き着くが…。
アクションでもサスペンスでも無く会話劇。裏の世界でも委託業務はギャラの折合いや適切な人員配備などが大変なんだと分かるあたりは面白いがやはり画は地味。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shotgun

3.0抑揚もなく淡々としてるけど面白かった

2018年8月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

殺しの対象になっている者に 泣かれるのが嫌だとかw そう言いながらも、躊躇せずに引き金を引き確実に仕事をこなしていく所が面白い。

落ちぶれた殺し屋ミッキー(シェームズ・ガンドルフィーニ)の、ただのオッサンの戯言がいつ終わるのか(観ているこちらも少々イラつきながら) 口を挟むタイミングを見計らうブラピが可笑しかった。
ヘロイン中毒なだけで、使えない男のヘロインをキメたシーンにどんな意味があるのか良く解らんけど、アイツがペラペラ唄ったお陰で?賭場強盗に関わった人物が片付けられたから、その意味で必要だったのかな。

今回の賭場強盗とは何の関係もない、マーキー役のレイ・リオッタの演技が良かったな~!
でもその前に起きた賭場強盗では、主犯でありながら口を割らなかったので、そのヤキが回ってきたってことだね。
「不法侵入」で初めて知って、サイコがハマる役者だなって思ったけど、クセのある役じゃないとピンと来ない程、上手い役者だなと思います。

最後は、値切られたことに腹を立て、殺し屋の世界も「fuckin' business」なんだと にじりよる所も、TVから流れる演説と相まって良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
m@yu-chan-nel

5.0物語とは全然関係ないブッシュやオバマの演説、政治経済のニュース報道...

よねさん
2018年5月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

物語とは全然関係ないブッシュやオバマの演説、政治経済のニュース報道等がずっと背景にあってこれはどういうつもりなのかと思いましたが、要するにアメリカ経済の現状を皮肉っていたんですね。表の世界も裏の世界も強者が弱者から搾取する点は変わらないが、表の世界では善良な市民に無意味な投資を呼びかけて私腹を肥やした悪党は莫大な報酬を得て何のお咎めもないが、裏の世界で賭場をチンピラに荒らされた元締は全くの無実であっても粛清される、さてどちらが狂っていますか?という問いかけ。そういう構造であることを拾い損ねたらヤク中とアル中が下品な下ネタをヘラヘラ笑いながらダラダラ喋り、ちっとも惜しくない人が自業自得でバンバン死んで行くだけで、デート映画としては全く不向き。実際後ろに座っていた女性が「ちょっと何これ・・・」と絶句していました。ジェームズ・ガンドルフィーニとレイ・リオッタの怪演もあってまあまあ楽しめましたけどスクリーンで観るのはしんどい作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よね
すべての映画レビューを見る(全60件)