サンゴレンジャー

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
サンゴレンジャー
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

沖縄県・石垣島を舞台に、サンゴ礁を守るため奔走する若者たちの姿を描いた青春ドラマ。環境省の石垣事務所に赴任してきた、正義感溢れる熱血漢の自然保護官・矢島は、サンゴ礁を壊すことになる橋の建設計画に反対し、サンゴ礁を守る「サンゴ防衛レンジャー」の結成を宣言。同期の岸谷を無理やり仲間に引き入れる。当初は戸惑っていた岸谷だったが、次第に矢島の思いに共感し、同じく矢島のまっすぐな姿勢に胸を打たれた小学校教師のリサも仲間に加わる。しかし、そんなある日、橋の建設反対派が集まる集会で、公務員という立場にもかかわらず発した矢島のある発言が、問題を引き起こしてしまい……。主人公の矢島を演じるのは「劇団EXILE」の青柳翔。共演に田中圭、佐々木希ら。

2013年製作/100分/G/日本
配給:マーブルフィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
製作
西初恵
山本正典
森博貴
白石弘幸
豊平良孝
企画・プロデューサー
西初恵
プロデューサー
富田敏家
鯉渕優
アソシエイトプロデューサー
澤幸之
協力プロデューサー
高野竜平
原作
鬼塚忠
足立拓也
脚本
三浦有為子
高橋麻紀
撮影
斑目重友
照明
川里一幸
録音
山口満大
美術
吉村昌悟
編集
太田義則
音楽
北浦正尚
キャスティング
杉山麻衣
助監督
西原裕貴
制作担当
鍋島章浩
記録
外川恵美子
配給宣伝統括
守屋文人
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2013サンゴレンジャー製作委員会

映画レビュー

2.0B級すれすれのものってけっこう好きなんだな。映画というよりは2時間...

2017年7月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

B級すれすれのものってけっこう好きなんだな。映画というよりは2時間ドラマを見ているかんじ。

ダイバーとしては気になっていた。

離島に橋をかけようとするが、環境を守るという観点から反対運動をしていく。
公務員ってやっぱり表向きは国や行政の方針と異なることは主張できないんだね。

つっこみどころ満載だけど、海のきれいさですべてがチャラになる。
あーダイビングに行きたくなる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キッスィ

2.0考えさせられるテーマだったが、主人公のテンションがちょっと・・・

2017年3月8日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

難しい

テーマは悪くなかったのですが、ここまでコメディタッチの作品だったとは・・・って、このタイトルですから堅い映画じゃないのは当然承知の上で鑑賞しましたけど、あらすじ読むともう少しタイトルの割りに真面目そうな映画だと思ったので・・・。
もう冒頭から嫌な予感、軽いノリの映画はむしろ好きな方なんですけど、でも何かこの軽さはいまいち受け付けなかったなぁ、主人公が無駄にハイテンション、リアルでもこう言う人がとにかく苦手なので、演じた青柳翔に今まで特に悪いイメージはなかったのですが、こんな演出されてしまったおかげで、青柳翔へのイメージも変わってしまいそうなぐらい、終始受け入れられませんでした、モザイク入りの吐くシーンがしつこすぎでしょ。

返す返すもテーマは悪くなかった、ある種人間が生きていく上での永遠のテーマでもありましたよね。
自然か利便性か、環境を考えれば当然自然が大事、でも生きていく上ではどうしても利便性が必要になる時もある、劇中でも言われてましたが現地の人にしか分からないことがあるのは間違いない事実、余所者は引っ込んでろってまさにその通りです、そしてどちらも間違いではない面もある為、簡単に答えは出ない永遠のテーマだよなと、思わず考えさせられる題材ではあったかと。
まあだからこそ、コメディタッチで描き誰もが見れる作風にして考えてもらいたいと、そんな意図は十分伝わってきたのですが、いくらなんでもグダグダすぎて、ちょっとなぁ・・・。

しかし沖縄の、石垣の海は本当に美しかった、日本の、いや地球の財産ですよこれは、一度破壊したらもう元には戻せないと考えると、ついつい橋建設反対と言いたくなってしまう、でも離島生活の不便さは住んでる人にしか分かりませんからね、難しい問題です。
ちょっと気になったのは、サンゴレンジャーなのに主人公がサンゴについてあまり語っていなかったような?
いろんな面でザックリした映画でしたよね・・・キャラ設定も含めて。

個人的には、青柳翔と田中圭を入れ替えて見てみたかったところも。
まあ作風がこれでは結局変わらなかったかもしれませんが。
とにかく終始スベりっぱなし、あの環境省の事務所全体がスベってる、あの演説には多少感動もしたけれど、ああ言う話は普通もう出尽くした段階なのでは?
マドンナ役の佐々木希もさすがに設定に無理がありすぎたか、でも相変わらず美しいなぁ、目の保養にはなりました。
まあとりあえず、こう言った問題を考えるきっかけにはなる映画だったかと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
スペランカー

3.5子ども向け、な感じ。

2013年6月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ときソラ
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「サンゴレンジャー」以外にこんな作品をCheck-inしています。