巨神兵東京に現わる 劇場版

劇場公開日

巨神兵東京に現わる 劇場版
7%
42%
31%
13%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」と同時上映の特撮短編。宮崎駿監督の「風の谷のナウシカ」に登場した巨神兵を主役に、ミニチュア特撮技術の粋を集め、巨神兵が東京の街を燃やし尽くすスペクタクルを展開する。2012年7月10日~10月8日に東京都現代美術館で開催された「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」の展示映像として制作された短編に、映像・音声の調整を加えた「劇場版」として上映。

2012年製作/10分/G/日本
配給:ティ・ジョイ、カラー

スタッフ・キャスト

監督
製作
庵野秀明
鈴木敏夫
巨神兵
宮崎駿
言葉
舞城王太郎
脚本
庵野秀明
画コンテ
樋口真嗣
林原めぐみ
音楽
岩崎太整
プロデューサー
小林毅
製作補
川上量生
橋田真
轟木一騎
監督補
尾上克郎
特殊技術統括
尾上克郎
美術監督
三池敏夫
美術
稲付正人
撮影
鈴木啓造
桜井景一
照明
安藤和也
特殊効果
関山和昭
操演
関山和昭
テクニカルプロデューサー
大屋哲男
編集
佐藤敦紀
VFXスーパーバイザー
佐藤敦紀
整音
山田陽
音響効果
野口透
巨神兵操演
村本明久
助監督
中山権正
制作担当
三松貴
劇場版編集
李英美
巨神兵造型イメージデザイン
前田真宏
巨神兵造型監修
百武朋
制作
特撮研究所
カラー
製作
スタジオジブリ
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2012二馬力・G

映画レビュー

3.5失われつつある文化、「特撮」を後世に伝えるための意義ある一作。そして『風の谷のナウシカ』へ…。

2021年1月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

怖い

興奮

宮崎駿の作品、『風の谷のナウシカ』に登場するキャラクター、「巨神兵」にフィーチャーした短編特撮映画。
現代の東京に襲来した巨神兵の恐怖が描かれる。

製作/脚本は『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの監督や『さくらん』への出演で知られる、日本を代表するアニメ監督の庵野秀明。
『風の谷のナウシカ』の宮崎駿が"巨神兵"としてクレジットされている。…どんなクレジットだよっ💦

『風の谷のナウシカ』で巨神兵の作画を担当した庵野秀明が、今度は特撮映画の中で巨神兵を蘇えらせた。
庵野秀明を信頼しているからこそ、宮崎駿も自分のキャラクターを使った映画の制作を許したのだろう。庵野以外なら絶対許可しなかっただろうなぁ。

とにかく巨神兵が怖い!林原めぐみのダウナーなナレーションと相まって、マジで怖い…😱
巨神兵の恐怖をうまく表現出来ているだけで、もうこの映画は大成功!

CG技術の発達により、昭和から続く伝統文化「特撮」の命は風前の灯。
そんな文化を後世に残すべく立ち上がったのが、庵野秀明や監督の樋口真嗣たち。
メイキングをチラッと見たが、本当に気の遠くなるようなミニチュア撮影は、好きだからこそ成せる技だなぁと思いました。
でも、こういう作品によって文化や芸能を後の世代に託そうとする行為は本当に有意義だと思う。誰も作らなくなったら永遠にその技術は消えてなくなっちゃうんだもん。
その心意気や良し!

『風の谷のナウシカ』で語られた終末の日、「火の七日間」。それが如何にしてやって来たが描かれた、ある意味で『風の谷のナウシカ』のプリクエル。
『シン・ゴジラ』の雛形でもあるので、そういう意味でも鑑賞する価値あり。

10分程の短編だが見応えたっぷり。自分が生きている間は、巨神兵の襲来は御免被る。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
たなかなかなか

1.0下手にCGは使わないほうがいいんじゃない?

2020年12月3日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

日本の特撮技術の継承ということで作られたらしい本作。DVDで見てたから予告だと思ってたよ。
良いところを挙げると特撮技術ですね。昔ながらのミニチュアを使った撮影はまぁ面白いと思います。
でもそれなのにあまり出来のよくないCGが加わるのでCGが余計浮くんですよね。なんなら特撮だけでも良かったんじゃないかと思います。
それと林原めぐみさんがナレーションを担当されており、演技は上手いはずなのですが今回のはあまり上手くないです。声に抑揚がないからじゃないでしょうか。
セリフはずっとナレーションなんですが正直あまり好みじゃありませんでした。なんか聞いてて疲れましたね。このセリフを考えた方は小説家らしいのでとりあえず読んでみようと思います。他の作品がどうかは分かりませんしね。
とりあえずエヴァの前に見る肩慣らしには良いんじゃないでしょうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
赤だるま

2.0現在の特撮

Pegasusさん
2020年7月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

エヴァンゲリオンQを観ようとしたら「スタジオジブリ制作」の文字。
えっ?って戸惑いながらも本編が始まり短編映画か。と合点した。

正直林原めぐみさんが言ってることに何の意味があるのか?とかこの巨神兵何?設定については???だけどあくまで今の日本の技術を知る映画として観た。
CGは一切なく、全て特撮。東京という街に巨神兵が浮いてるのが気になったが、街並みについては申し分が無い出来栄え。
また街を壊していく時も効果音やカメラワーク、視覚効果など迫力があって良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
Pegasus

4.0特撮の神髄を味わう。

2020年4月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館、TV地上波

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
しゅうへい
すべての映画レビューを見る(全11件)

他のユーザーは「巨神兵東京に現わる 劇場版」以外にこんな作品をCheck-inしています。