はじまりのみち

劇場公開日:

はじまりのみち

解説

「二十四の瞳」(1954)、「喜びも悲しみも幾年月」(57)、「楢山節考」(58)など数々の名作を残した日本を代表する映画監督・木下惠介の生誕100周年記念作品で、木下監督の若き日の姿を描いた人間ドラマ。戦中、脳溢血で倒れた母を疎開させるために2台のリヤカーに母と身の回りの品を積んで山越えをしたという実話を軸に、血気盛んな映画青年として軍部ににらまれ、松竹を一時離れるきっかけとなったエピソードなどを盛り込みながら、母子愛の物語を描き出す。アニメーション映画「カラフル」「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」などで高い評価を受ける原恵一監督が、自身初の実写映画に挑戦。木下惠介役に加瀬亮、母親たま役に田中裕子。

2013年製作/96分/G/日本
配給:松竹
劇場公開日:2013年6月1日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2013「はじまりのみち」製作委員会

映画レビュー

4.0どこまでも清々しく、まっすぐに

2013年6月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

知的

幸せ

どこまでも清々しく、心に染みる。そんな作品に、久しぶりに出会った。遠州ことばが心地よく、海の青さと砂の白さがまぶしい。静岡へ、太平洋を見に行きたくなった。
シンプルでオーソドックス。澄み渡るように美しい物語の余韻に浸るうち、この作品の緻密さ、濃やかさに改めて感じ入る。病床の母をリヤカーに乗せ、黙々と50キロの山道を行く。波乱万丈とは程遠い、地味で辛い行路だ。しかし、そこで彼が見聞きしたあれこれは、全て「その後」の伏線であり、クライマックスで見事に骨太な物語へ収れんされていく。まさに、この旅が「はじまり」であったと分かるのだ。
とはいえ、本作は、木下惠介監督とその作品群をめぐる謎解きや知的ゲームではない。母子の情に浸るもよし、人生の岐路に立った若者の成長と再生を見守るもよし、映画史の一コマを生き生きと知るもよし。観る者をしばらず、懐深く、おおらかに味わい方をゆだねてくれる。
俳優陣のアンサンブルも素晴らしい。主役の2人は言うまでもなく、控えめだが存在感のある父•斉木しげるや、弟と外界をつなぐ兄•ユースケ•サンタマリアもなくてはならない役どころだ。そして何より、便利屋•濱田岳! 小柄な身体を生かしたコミカルな役を重ねるうち、いつの間にか彼は唯一無二の役者さんになっていた。彼あっての本作、と言いたい。「破れ太鼓」が観たくなった。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
cma

3.5むりだいね

2023年7月30日
iPhoneアプリから投稿

実際の行程を考えればかなり無理な話。曲げないで通す。母を背負い二階に上がるシーンも同じ。押し通してしまう。その前の母の顔の泥を拭い、櫛を入れるシーン。男子の母親に対する行いとしては異質。監督が女優に行う様としては普通。その違和感を皆が襟を正して認める。
木下惠介の人となりをこのように伝える。そして子を見送る母の想いが木下惠介作品と相まって伝わる。全く静かな話であるが後味がある。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Kj

5.0中盤でいきなりあんなもんぶっ込んでくるもんだからその後は全てが泣け...

2023年6月5日
iPhoneアプリから投稿

中盤でいきなりあんなもんぶっ込んでくるもんだからその後は全てが泣けて泣けてしょうがなかった。家で見て良かった。カラフルは微妙だなーと思ったけど原恵一の本領発揮という感じですね。これからもっと実写映画撮ってくれるといいなー。
僕の様に昭和の日本映画にあまり詳しくない人間にも木下恵介のヤバさを十二分に伝えると共に、それが日常の延長であることを示す描写がさり気なくちりばめられている。ほとんど全ての描写が相互に関連し合い意味を持っているのはすげえと思いました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
omoro

3.5木下監督への、原監督の愛が伝染してきます。

2023年3月25日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

幸せ

萌える

この映画を見終わると、木下監督の映画を観てみたくなる。
 木下監督作品は残念ながら『楢山節考』『二十四の瞳』しか観ていない。
 ああ、有名なラストシーン。『陸軍』での、噂に聞く田中絹代さんの美しさ。その演技。息を飲む。さすが伝説の大女優。
 他の映画も僅かなショットながら、ラストに次々に映し出される。
 ”映画史”としては名前は聞いたことがあるが、積極的に手にする気はあまりなかったその作品達。けれど、その映像の迫力に呑まれて、そのショットの前後を観たくなる。改めて鑑賞する人が増えて、木下監督作品の再評価に繋がるんじゃないか。
 これが原監督の計算だとしたら、まんまと術にハマってしまった。こんなオマージュの方法もあったんだなあと、原監督の技量に感嘆する。

「人間を描きたかったんだなぁ、木下監督は」なんて、木下監督の自叙伝やエッセイを読んだわけでもないのに、この映画を観ただけで、そう思ってしまう。

物語は、半身不随になった母をリヤカーで運ぶだけ。登場人物も最小限に抑えられている。山道の困難さ等はあるけれど、特に話を急展開するようなエピソードもない。単調な話。

でも何故か飽きない。
 芸達者達の演技、彼らを活かす脚本・演出。うまい。
  コミカルな便利屋、優しげでもやることはやる兄、神経ピリピリ尖らせている主人公。そこに黙って苦難に耐えている母がいる。
  戦争気分高揚、本土決戦等物騒なことを言い、騒がしい世間。それに比するかのように、物語はじっくりと、悠長に丁寧に進む。人としての礼節や人情が、静かに、気持ちよくしみわたる。
  役者も顔や体の表情で絶妙な演技するが、それをじっくりと間をとって映像で見せてくれる。アンサンブルが絶妙。特に大きなトラブルが起こるわけでもないのに、わずかな動き・表情で、三人の関係性を描き出し続ける。
  誰もが絶賛する、便利屋のカレーを食べる真似をするシーン。映画を語るシーン。何気ないシーンだが、映画の中の肝。軍部・政治に対する庶民の見識の代弁。こんなに、おおらかに、朗らかに、表現するとは。
  母の佇まい。その凛とした姿に目を見張る。母は東京で木下監督の身の回りの世話を熱心にしていて、そのさなかに倒れたと聞く。そのエピソードだけを聞くと、マザコンか?と思いたくなるが、この母なれば、そんな、このためにならぬような甘えさせ方はしないだろうと、背筋が伸びてくる。その母の願いが監督の背中を押す。

主人公の母への思いは、周りの迷惑考えず、周りを巻き込んで強行してしまう。弟の特権であり、たくさんの人を使う監督のなせる技。いくらバスも道もがたがたで母の体に悪いとは言え、17時間の道行。「わがままぁ」と思いつつ、その想いに心打たれる。あの母なら、そうしたくなる気持ちもわかる。

それと、交差して、
仕事への鬱憤。時代背景は特殊なものはありつつも、現代もあるある感満載。誠心誠意、力を込めた仕事が、理不尽な理由で没にされることある。「やめてやるぅ」と大見得切りたい、そんな想いの具現化。でもわかってくれている人がいることを発見。自分のことのように嬉しくなる。

木下監督記念作品だけど、今の私達を描いた映画でもあるかと思う。

と、
役者はすばらしくて見応えあり、映像も綺麗で、たっぷりと見せてくれる。
なのに、鑑賞後一番印象に残るのは『陸軍』の田中絹代さん。
それって、せっかくの本編が勿体ないと思ってしまう…。
 ラスト、木下監督作品のダイジェストが流れる。映像のみ。唯一大原麗子さんが演じた母のあのセリフのみが映画のまま流れる。そして、空に浮かぶ雲とリヤカーに寝る母に繋がり、エンドロール。
 木下監督作品は上にも記した2本しか観ていないので、この映画で流れた場面がどんな場面なのか、今の私には理解できないが、監督がこの映画の為に切り取って、ラストに流した場面。
 原監督の、木下監督を通して表現したかったことが集約されている部分。
 田中絹代さんと田中裕子さんが重なる。品・美しさ・演技力。田中裕子さんが『陸軍』の母を演じていらっしゃるところをつい想像してしまう。
と考えると、『陸軍』のインパクトが残ってしまうことも計算のうち?
そういうことにしておこう。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
とみいじょん
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「はじまりのみち」以外にこんな作品をCheck-inしています。