戦争と一人の女

劇場公開日

  • 予告編を見る
戦争と一人の女
22%
30%
30%
11%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

坂口安吾の小説「戦争と一人の女」「続戦争と一人の女」を映画化した官能文芸ドラマ。太平洋戦争末期から終戦後の東京を舞台に、時代に翻弄された男女の交錯する運命を描く。時代に絶望した作家の野村は、飲み屋を営む元娼婦の女と刹那的な同棲を始め、貪るように体を重ねる。一方、中国戦線で片腕を失い帰還した大平は、戦場での精神的後遺症から妻との性交渉ができなくなっていた。しかしある日、数人の男たちに襲われている女を見て、自分が興奮していることに気がつき……。元文部科学省官僚で映画評論家の寺脇研氏が企画プロデュース。若松孝二監督の下で映画作りを学んだ脚本家の井上淳一が初メガホンをとった。

2012年製作/98分/R18+/日本
配給:ドッグシュガームービーズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)戦争と一人の女製作運動体

映画レビュー

2.0お前は俺の可愛い玩具だ。

栗太郎さん
2020年8月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

何かしら心に病を持つ人たち。戦争に翻弄され、そんな境遇で図らずも”性癖”に気付く。”色餓鬼”は戦時中だろうがいつだろうが関係ないわけだね。でも、これを文学と呼ぶのか?
身体を張った江口のりこ。しかしその棒演技はどうしたものか。不感症のキャラに寄せたのか?
どこか空虚なセリフが並び、感情が伝わってこない。フラフラするカメラワークに、落ち着けよってイラつく。役者陣の割に、満足度が低いのはなぜか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
栗太郎

4.0江口のりこさん好きです

2020年8月26日
iPhoneアプリから投稿

戦時中は、女は、売春で稼ぐ 江口のりこさんの 裸が拝める ありがたい作品 内容もまぁまぁ良かったよ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
評論家レイ

2.5不快感もある。

Ririさん
2020年8月21日
iPhoneアプリから投稿

奥の深い作品だから一筋縄で私のような小娘が語れる話ではないが、歴史的な問題も背景から垣間見れるのでレビューは無しにします。
考えないで観ればいいのですが、、、。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Riri

4.0堕落とは

シンさん
2018年1月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

「堕落」とは人間から自由を奪い、身体・こころを管理しようとする者からの「距離」のことか。国家・天皇を上位・上方と位置付け国民の視線・精神をそこへ収奪する。その構図にまれに感知してしまった個人がその追っ手から逃れる先は下方しかあるまい。「堕落」するのである。横は無いのか。人間は地に縛り付けられて生きる。戦前・戦中ならなおさら移動(海外渡航・国籍の変更)の自由は制度的にも経済的にもかなり制限されていたであろう。一般庶民に横への逃亡は不可能であったに違いない。自由である為に唯一残された道が堕ちる事だと安吾は言ったのか。
 しかし物理的落下が人間に死をもたらすのと同様、「堕ちる」ことは個人にとって限りない死への接近でもある。意志して堕ちるとは命がけなのだ。
 今この時代に作られた事の意味は大きいと思う。製作陣の気概をひしひしと感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シン
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「戦争と一人の女」以外にこんな作品をCheck-inしています。