戦争と一人の女のレビュー・感想・評価

メニュー

戦争と一人の女

劇場公開日 2013年4月27日
6件を表示 映画レビューを書く

堕落とは

「堕落」とは人間から自由を奪い、身体・こころを管理しようとする者からの「距離」のことか。国家・天皇を上位・上方と位置付け国民の視線・精神をそこへ収奪する。その構図にまれに感知してしまった個人がその追っ手から逃れる先は下方しかあるまい。「堕落」するのである。横は無いのか。人間は地に縛り付けられて生きる。戦前・戦中ならなおさら移動(海外渡航・国籍の変更)の自由は制度的にも経済的にもかなり制限されていたであろう。一般庶民に横への逃亡は不可能であったに違いない。自由である為に唯一残された道が堕ちる事だと安吾は言ったのか。
 しかし物理的落下が人間に死をもたらすのと同様、「堕ちる」ことは個人にとって限りない死への接近でもある。意志して堕ちるとは命がけなのだ。
 今この時代に作られた事の意味は大きいと思う。製作陣の気概をひしひしと感じた。

シン
シンさん / 2018年1月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

男女の性(サガ)と戦争の本質を突きつけている

 すみません、海賊版?(韓国版)の「YouTubu」で鑑賞しました。
最近つくられた映画だと知って感激いたしました。子供のころ(55年以上前)は、この種の映画はよく鑑賞していたし、大人たちからは戦争体験をよく聞かされていた。また、天皇の戦争責任や日本軍の残虐行為については、よく議論されていた時代です。
 いままで忘れていた戦争の本質、人間のサガを突きつけられる思いがした。欧米系のハーフ風の顔立ちとことなり。江口のりこ役に魅力を強く感じた。
 私の心には、深く浸みこみ考えさせられる映画でした。

yuto
yutoさん / 2014年8月21日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 知的
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

村上淳よかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 江口のりこに比べて永瀬正敏のぬぎっぷりが悪かった。あの感じでは服を着たまま挿入しているようで、せめてもうちょっと性器を取り出すような動作をして欲しかった。ぽろっと涙をこぼす場面はすごくよかった。

 村上淳が片腕の連続強かん魔の役で、大変複雑な内面が表情に滲み出しているようで素晴らしかった。襲われる女たちが絶妙なリアリティ溢れるキャスティングだった。

 空襲の焼け野原の美術がかなりスケールを感じさせてよかった。

 変なカクカクしたズームのカメラワーク、あれはよかったのかな?

古泉智浩
古泉智浩さん / 2013年8月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

戦時中映画の傑作 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 R18映画なのでエローすな描写多めです。ヘア見えもかなりのカット有ります。

 坂口安吾の原作をうまく映画にしています。
原作は戦争中に、どうせ戦争で無茶苦茶になるならと、作家が娼婦と共に暮らして○○三昧という話。
 映画はこれを虚無的に捕らえているところが何とも詩的です。
セックスしても絶頂に達しないヒロインを江口のりこさんが好演しています。

 終戦末期、生存ギリギリの段階で性に執着する男女というのがメインストーリーですが、この映画は実在した強○絞殺魔の物語が並行します。
愛と官能と快楽と性欲、どれかでありどれでもないセックスが入り乱れて描写されるところが圧巻です。

 坂口安吾ファンは必見ですし、戦争を今一度考えるためにも、見ておくべき映画だと思います。

 カメラワークに不満を漏らすレビューがありましたが、あれは「のぞき見」的な効果を狙ったものだと思います。
 視点が不安定だからこそ、時代の空気が出ているのではないでしょうか。

げんこつまんじゅう
げんこつまんじゅうさん / 2013年5月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

お金損します。おすすめできません

劇場で公開する映画の体をなしていない。
役者に失礼
お父さんが運動会とったようなカメラワーク
あとからとってつけたような反日が、説明口調で
あまりにも不自然、低レベル。
残念です。

Schönenwerd
Schönenwerdさん / 2013年5月4日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  悲しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

カメラが雑? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

面白かった。ストーリーもいい。安吾の雰囲気がよく出ていたと思う。
しかし、カメラワークが最悪だ。カメラの台数が少ないのか?手持ちのカメラで撮影したのか?ぐらんぐらん揺れていた。また、たまにピントもぼけていた。
こんなカメラワークでは、演技している役者に失礼だ。
これがほんとうに残念。
もっと細かいカット割ではなしを進めないと。今回のように、1つのカメラでダラダラ撮るから、少し時間が長く感じた。
予算の関係かな?
映画そのものは本当に良かったから、とても残念。

すぎたぽん
すぎたぽんさん / 2013年4月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

6件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi