13ウォリアーズ

劇場公開日

9%
27%
37%
9%
18%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

人々の生活を脅かす、謎の魔物に立ち向かう13人の戦士の姿を描くスペクタクル・アクション。マイケル・クライトンの『北人伝説』を原作に、「トーマス・クラウン・アフェアー」のジョン・マクティアナンが監督。出演は「マイ スウィート ガイズ」のアントニオ・バンデラス、「ミステリーズ・オブ・エジプト」のオマー・シャリフほか。

1999年製作/102分/アメリカ
原題:The 13th Warrior
配給:ギャガ=ヒューマックス

ストーリー

アラブの詩人イブンは人妻に恋をしたために、辺境の地での大使の任を命じられ、国を追われた身。従者メルチシデクと共に旅をする途中立ち寄った国は、伝説の魔物が襲ってくるとのお告げが下り、国中がパニックに陥っていた。さらに巫女は異国人を含めた13人の戦士が国の危機を救うと言葉を次いだことから、イブンは戦士の一員として、魔物に挑むのだった…。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

2.5良くも悪くも普通

隣国からの助けに応じて、13人の戦士が戦う話。戦争のシーンがメイン。

内容は、良くも悪くも普通。ありがちな戦争映画。主人公に、あまり感情移入できなかった。映画の序盤で、もう少し主人公の紹介を入れたほうが、感情移入しやすかったのでは ないだろうか。派手なCGなどを入れないのなら、人間性をアピールするしかないのだから。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要です

1.0よくわかんなかった。

2017年9月5日
Androidアプリから投稿

よくわかんなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もふもふ

4.0玄人好みの戦闘と統制

Cape Godさん
2013年3月8日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル

興奮

総合:80点
ストーリー: 75
キャスト: 75
演出: 80
ビジュアル: 75
音楽: 65

 マイケル・クライトンの「北人伝説」というのが原作です。興行収入的にはこけたみたいですが、でもなかなか迫力がある映画です。
 一部では「七人の侍」に影響されている映画だという話もあるそうです。ですが大昔の北欧を舞台にしていて、物語もそれなりに違っていてあまり「七人の侍」という感じはしません。実際、原作は10世紀に書かれた実在の人物による彼の経験した手記が基になっており、「七人の侍」と同様にたまたま戦士が救援依頼を受けて命懸けで村を守るという状況が似ているだけで、映画としては関係がないように思えます。風景も北国の森林で雰囲気が違うし、兵士の戦いも生々しく残酷だし、敵は明らかに北欧のバイキングとは違う者たちだし、「七人の侍」とは全く違う雰囲気。

 救援に行った村には村のやり方があったり彼らなりに誇りを持った地元の戦士がいたりして、敵と戦う前にまず味方であるはずの彼らを統制する必要がある。そこでそうするために戦士達が取った残酷で実践的なやり方が真に迫っていた。いきなり暗闇で不意打ちを受けるしCGなど使わず斧を振り回していく戦闘場面もなかなかの迫力だった。夜襲を受けて敵の姿すら確認出来ないことに批判も多かったようだが、それがかえって本当の夜襲らしいし敵がわからないことが不気味に感じる。そのような物語の組み立て方と戦闘が現実に即していて真に迫り玄人好み。
 そしてまだまだ科学もなくて神秘の支配する時代に、化け物なのか何なのか正体もはっきりわからない敵。それが実はこんな相手だった、というのもちょっと衝撃的だが、まだ未開の時代の未開の地というのだから似たようなことはあり得そうと思わせる(原作ではネアンデルタール人をほのめかしている)。こんなに寂しい何もないものなのかと最初はちょっと驚いたみすぼらしい村も、よく考えれば当時の社会の経済力と技術力ではこんなものかと思えばむしろ現実に忠実かもしれない(原作では立派な城になっている)。
 それぞれの戦士の背景があまり語られないからどのような戦士がいたかということが印象に残らないし、見ていて深く思い入れをすることが出来ないというのはちょっと減点要因。それに最後はちょっと結論が急に来たという感じは受ける。それでも戦いの統制と過程・戦闘場面がけっこう良く出来ていて、そのあたりをけっこう納得させてくれる作品になっているのではないかと思います。でもその戦闘の描写の生臭さのため故に、女の人には向いていない映画かもしれません。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
Cape God

4.0よくぞ、男に生まれけり。

Takapyさん
2012年1月31日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館、DVD/BD

楽しい

怖い

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Takapy
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る