フィフス・エレメント

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
フィフス・エレメント
15%
43%
33%
7%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「グラン・ブルー」「レオン」のリュック・ベッソン監督による、制作費100億円のSFアクション大作。2214年、地球に5千年に1度の危機が迫っていた。タクシードライバーコーベンと、地球を救うというモンドシャワン星人の細胞から生まれた美女リールーは宇宙へと旅立つ。主演はブルース・ウィリス 、共演はスーパーモデルとして活躍していたミラ・ジョボビッチほかゲイリー・オールドマン、イアン・ホルムなど。

1997年製作/126分/フランス・アメリカ合作
原題:The Fifth Element
配給:ヘラルド

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第70回 アカデミー賞(1998年)

ノミネート

音響効果編集賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.5完璧な女性

n.yamadaさん
2020年5月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

興奮

萌える

『レオン』で大成功を収めた、リュック・ベッソンのSFアクション(コメディ)。

まぁ、この作品はミラ・ジョヴォヴィッチに尽きる。ミラの出世作となった本作は、とにかくミラの美しさが際立つ。ただ、完璧と言うには、もうちょい胸が欲しい(^_^;)

本作は、アメリカ人が作るSFとは少し違った未来世界と、楽しいコメディ要素、そして激しいアクションが、バランス良く詰め込まれてて、最初から最後まで楽しく見れる(^^)b
『レオン』とは、また違った強烈な悪役で魅せてくれたゲイリー・オールドマンも良かった(^^)b

とりあえず、ブルース・ウィリスの銃の持ち方は、
相変わらずカッコイイ(^^)b

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
n.yamada

3.5問題なくまとまっている良作

2020年5月15日
PCから投稿

リュックベッソンはやはり優れた監督であると同時に優れた脚本家である.多分優れたオリジナル脚本を5、6本を書いているんじゃないだろうか?これもそんな中の一つでとてもそつなくまとまっている良い脚本だと思った。. まあいつものパターンと言えばパターンで追い詰められてしまったおっさんと追い詰められてしまった若い女の子との絡みなのだが。よくできた話なら毎回に大部分があってもそれは問題ないと思った.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KIDO LOHKEN

4.5勇敢で傷付きやすい

ワンコさん
2020年5月7日
iPhoneアプリから投稿

リールーが気を失いつつ言う…、

Wind blows、
Fire burns、
Rain falls…ガクッ、

えっ、Earthは何?
第五のエレメント以外のエレメント達だ。

コーベンが結局謎を解くが、その時のセリフが、

Water for water
Fire for fire
Earth for earth

…関係なかった。

リールーが言おうとしていた、Earthに続く動詞は何だったのか。

昔、映画で観た時の疑問が引き続き残ってしまった。

ネットで海外を検索すると、3つだけ言ったのだとするものや、本当は、
Earth covers
だったはずというものもあって…、分からずじまい。

この作品を初めて鑑賞する人は、是非、プロローグの壁画や遺跡の彫像なんかを覚えておくと、きちんと回収されるので楽しめると思います。

僕は、このリュック・ベッソンの描く未来や宇宙の世界観が好きで、新しいとか古いとか云う評価とは一線を画したデザイン・アプローチは、今でも十分通用するんじゃないかと思います。

ストーリーはシンプルで、謎ってほどの謎はないし、5000年ごとに地球に来襲する悪魔って…、こいつ?ブッサイクなあいつら?、あっ、それのことかー!ってのも、ちょっと安直な感じはするけど、ブルース・ウィルス演じるコーベンが、ダイハードのマクレーンにしか見えない場面があったり、この作品でブレイクしたミラ・ジョヴォヴィッチが初々しいわーと思ったり、そんなところもリラックスして楽しめる作品だと思います。

僕は、エンディングの前に、コーベンがリールーに、

「『V』で始まることばには良いものがあるよ」

と言って、言葉を並べる場面がキーじゃないかと思っています。

「Valiant (勇敢で)、
Vulnerable (傷付きやすく)、
そして、
Very beautiful 」

勇敢で傷付きやすいものは美しいと…、それこそ、フィフス・エレメントのこと、そして、つまりは、実は人間も同じなのだと言っているのではないかと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ワンコ

4.0何回も見た

2020年4月29日
iPhoneアプリから投稿

何回も見た作品の1つ

いつもは吹き替えでルビーのリアクションを楽しんだが
今回は字幕で鑑賞。

コアな世界観を描いたSF
ストーリーとしてはわかりやすくて,
ゲイリーオールドマンの変人ぶりが見える作品

今度はまた吹き替えで見たくなる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
walkindude
すべての映画レビューを見る(全43件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「フィフス・エレメント」以外にこんな作品をCheck-inしています。