E.T.20周年アニバーサリー特別版

劇場公開日

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

数々の映画に影響を与え、本作以前と以後では映画の歴史が変わったと言われるほどエポック・メイキングな傑作「E.T.」が、公開から20周年を記念して特別版に。数々の未公開映像や、最新CG技術によるVFX、最高音質のデジタル・リマスター・サウンドとなって甦る。

あらすじ

郊外で母と兄のマイケル、妹のガーティと暮らす少年エリオット。彼はある夜、庭で“怪物”を見るが、家族はだれも信じてくれない。実は家の近くの森に、300万光年の彼方から宇宙船が着陸し、乗組員のひとりが離陸に間に合わず置いてきぼりにされていたのだった。“怪物”を誘い出したエリオットは、E.T. と名前をつけ、マイケルとガーティにだけ E.T. のことを打ち明け、3人は彼を守ろうと結束する。しかしNASA の科学者たちは、すでに E.T. の存在を嗅ぎ付けていた……。

2002年製作/120分/アメリカ
原題:E.T. the Extra-Terrestrial The 20th Anniversary
配給:UIP

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0恥ずかしながら初めて鑑賞

みなさん
2019年7月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

怖い

興奮

ビジュアルなかなか厳しくて個人的にセミホラー的位置付けだったけど慣れると可愛いですね。音楽が良すぎる。スティーヴン・スピルバーグの描くファンタジー流石の一言。末っ子役のドリュー・バリモアが可愛くて調べたら壮絶すぎる人生歩んでて引いた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
みな

4.5夢がつまってます、溢れてます。 我々世代が子ども時代、大ヒットした...

2017年1月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

夢がつまってます、溢れてます。

我々世代が子ども時代、大ヒットした作品です。みんな人差し指を突き立てたものです(笑)
今、何十年ぶりかに見て、そりゃこれはヒットするはず。
子どもの頃が懐かしく、子どもでありたい、子どもごころを失いたくない、そう思えました。ラストシーンは不覚にも涙をこぼしてしまいました。

我々と世代が違う大人には、ひょっとしたらたいしたことない作品に思えるのかもしれません。
この作品はぜひ子どもに見て欲しい。純粋な目と心でその感動を味わって欲しい、そう思いました。

女の子、ドリューバリモアだったんですね、やっぱ存在感ありますね。超名作認定です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
はむひろみ

4.0出会いと別れ。

Noriさん
2014年12月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

幸せ

新宿ミラノ座 LAST SHOW 初日一発目に鑑賞。実は初鑑賞でした。

大きなスクリーン、大きな劇場で、皆のクスクス笑う声や啜り泣きが聴こえる中、むかえるエンディング。

子供たちの無邪気さ、好奇心、真っ直ぐさ。そして、出会いと別れの描き方。
こうやって少しずつ大人になっていくんだよなぁ。

子供には子供なりの、大人には大人なりの楽しみ方ができる作品でした。
こんなに泣けるなんて。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Nori

2.5ようやく見た有名作品だが、やはり子供向けだろう

Cape Godさん
2013年3月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

幸せ

総合:50点
ストーリー:50
キャスト:65
演出:65
ビジュアル:70
音楽:80

 「トワイライト・ゾーン」「1941」などのスピルバーグ映画に度々登場する、子供は全面的に善良で愛らしい存在という概念にどうも辟易して、なかなか見ることをためらっていた作品。以前は全面的に悪な巨大ホオジロザメを登場させ、次から次へと人々を襲わせて食い殺させていた監督とは思えないほどの対照的な作品になっている。地球に太古から住む鮫は悪だが、子供とはるばる宇宙から地球にやってきた生物は善らしい。「激突」などでも描かれた、なんでも絶対的な善と悪とに物事を白黒つけて分けたがる彼のこんな単純な思考が嫌いで、映画界に絶対的な名声を確立していった彼のこのころの作品がどうにも好きになれなかった。だがテレビ放送をしていたので遂に見ることにした。
 やっぱり予想した範囲を超えることのない、良くも悪くも子供たちの活躍する心温まる空想映画だった。音楽にのって自転車が空を舞いあがる場面だけは素晴らしかったですよ。でも子供が見ればよい作品なのだろうが、いい大人が見て感動したり楽しいものではなかった。もし子供のころに公開されていて、それを見ていれば全く違った感想を持ったかもしれない。でも少なくともいい歳した今の自分には幼稚に思えた。見るべき適切な時期を逃したのかもしれない。だが自分がどう思ったかは別にして、とりあえず映画史に残る有名作品をようやく見ることが出来たという満足感は得ることが出来た。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る