リング

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

呪いのビデオが巻き起こす惨劇を描いた鈴木光司のベストセラー小説を、「女優霊」の中田秀夫監督&高橋洋脚本で映画化し大ヒットを記録したホラー映画。ジャパニーズホラーブームの火付け役となり、2002年にはハリウッドでリメイクされた。テレビディレクターの浅川玲子は、「見ると一週間後に死ぬ」と巷で噂されるビデオテープの存在を知る。親戚の娘も犠牲になったことを知り調査を開始するが、玲子自身もそのビデオを見てしまう。玲子は元夫である大学講師・高山竜司に相談し、ビデオの映像を分析。三原山の噴火に関係があることを突き止めた彼らは、大島へ向かう。

1998年製作/95分/日本
配給:東宝
劇場公開日:1998年1月31日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第22回 日本アカデミー賞(1999年)

ノミネート

主演女優賞 松嶋菜々子
話題賞 作品部門/俳優部門  
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)1998「リング」「らせん」製作委員会

映画レビュー

3.5因果系ホラーのはしりに思わず感嘆

2024年4月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

のんびりおうちデートで彼女に『NOPE』や『牛首村』を提案してみた所、一周回ってここに辿り着いた(笑)。意外と観たこと無かったのだが、Jホラーの突然出てくる系、というより怨念と因果系Jホラーのはしりだったのね。

序盤の変死を遂げる役どころが竹内結子さんだったり、その友達が佐藤仁美さんだったり、TVマンに松重豊さんだったり…。語り継がれる作品だけあって出てくる人が豪華。演出はこの25年で使い古された感じは否めない。ただ、呪いのビデオをフックにシリアスな雰囲気で謎の輪郭が見えてくる様は緊張感があり、作品の重厚さが伺える。やはり怖いモノにも由来が必要。

ホラーのベクトルで言うと、怖がらせる要素は比較的薄め。むしろ怪奇現象に触れるミステリー要素が強く、呪いにかかったことに対する緊張と共に巡る謎の解明が面白さを引き立てる。ツッコミ所はいつの時代も健在だが、それも良く思えてしまう出来だった。

主演は松嶋菜々子さん。いやいや、錚々たるメンツの中でも華が出すぎなのよ。もう美しいしまさか主演をこの作品で務めてたなんて知らなかったし。そして真田広之さん!えぇ!ジョンウィックじゃないよ!?と思いながら、今作でもキレキレだったのが印象的。そういう発見もあり…って柴咲コウさんも出てるのね。ガリ○オみたいなシーンもあって良かったっす。

ちなみに彼女は「もっと怖いかと思ってたけどそうでもなかった。」だそうです。きっと来る〜だったけど、ピンとくるでは無かった様で。笑

コメントする (0件)
共感した! 0件)
たいよーさん。

5.0日本ホラー随一の恐怖

2023年12月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
Ito

5.0謎解き系ホラー金字塔

2023年12月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
GMKゴースト

5.0リング

2023年11月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

知的

テレビから貞子が出てくるシーンは怖かった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Y&M
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る