リング

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
10%
44%
37%
7%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

呪いのビデオを巡って展開する恐怖を描いたモダン・ホラー。監督は「暗殺の街」の中田秀夫。鈴木光司による同名ベストセラー小説を、「暗殺の街」の高橋洋が脚色。撮影を同じく「暗殺の街」の林淳一郎が担当している。主演は「恋と花火と観覧車」の松嶋菜々子と、「緊急呼出しエマージェンシーコール」の真田広之。

1998年製作/95分/日本
配給:東宝

ストーリー

「見ると一週間後に死ぬ」──子供たちの間で噂の広まる呪いのビデオの取材をしていたTVディレクター・玲子の親戚の娘・智子が、そのビデオを見て死んだ。しかも、一緒にビデオを見た3人のクラスメイトも、同日の同時刻に死んでいたのだ。真相を探るべく、智子たちがビデオを見た伊豆の貸別荘へ赴いた玲子は、そこでビデオを発見。自らもそのビデオを見て、死の予告を受けてしまう。呪いを解く方法はないのか。玲子は、大学で講師をしている離婚した夫・竜司に助けを求めた。彼は、人や物から記憶を読み取る不思議な力を持っているのだ。玲子の持ち帰ったビデオを見た竜司は、ビデオの映像からそれが三原山の噴火に関係があることを掴み、玲子と共に大島へ飛ぶ。そこで彼らは、そのビデオの映像が、千里眼という不思議な力を持っていた為に、人々から恐れられ、気がふれて噴火口へ身を投げて死んだ山村志津子という女性の娘・貞子の怨念が念写されたものであることを突き止める。貞子もまた母の力を受け継いでいたせいで、千里眼を研究していた伊熊博士によって井戸に突き落とされ殺されていたのだ。呪いを解くには、貞子の遺体をビデオに映る井戸からあげてやることだ。その井戸は伊豆の貸別荘の下にあった。蓋のされた井戸に潜り、貞子の死体を探す玲子と竜司。予告された玲子の死まで時間がない。果たして、玲子たちは貞子の亡骸を探しだし、死を免れることに成功する。ところが、東京へ戻った竜司が謎の死を遂げてしまう。呪いはまだ解けていなかったのだ。では何故自分は死ななかったのだろう。呪いを解くには、ビデオを見てから一週間以内に別の誰かに見せることだと気づいた玲子は、ビデオを見てしまっていた息子の陽一を助ける為、ビデオを持って実父の元へ車を走らせるのであった…。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
脚色
高橋洋
原作
鈴木光司
エクゼクティブ・プロデューサー
原正人
プロデューサー
河井真也
一瀬隆重
仙頭武則
撮影
林淳一郎
美術
斉藤岩男
音楽
川井憲次
音楽プロデューサー
長岡和弘
主題歌
HIIH
モジュレーション録音
小原善哉
整音
愼次実
音響効果
柴崎憲治
照明
前原信雄
編集
高橋信之
衣裳
杉山敦子
スタイリスト
谷口みゆき
篠塚奈美
ポストプロ・コーディネーター
小林広司
ポストプロ・スーパーバイザイ
掛須秀一
アソシエイト・プロデューサー
石原真
ライン・プロデューサー
磯村達也
製作担当
中村哲也
助監督
李相國
スクリプター
工藤みずほ
スチール
遠藤秀司
ビジュアル・エフェクト・スーパーバイザー
松本肇
スペシャル・メイクアップ・コーディネート
和田卓也
スペシャル・メイクアップ
松井祐一
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第22回 日本アカデミー賞(1999年)

ノミネート

主演女優賞 松嶋菜々子
話題賞 作品部門/俳優部門  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5伝説の始まり

アキ爺さん
2019年5月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
アキ爺

2.5竹内結子と佐藤仁美でてたんだな知らなかった。 こんな若い二人を見る...

ハルさん
2019年5月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

竹内結子と佐藤仁美でてたんだな知らなかった。
こんな若い二人を見るのはなんか斬新。

すごくストーリー重視で貞子なんて最後だけ。
それでも十分怖い。
中島!見習え!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ハル

4.0怖すぎ

2019年4月29日
iPhoneアプリから投稿

最初見た時の衝撃は凄まじいものがあったが、貞子が有名になりすぎてしまって、もうあの時の恐怖は二度と感じられないだろう。残念。
高橋克典のテレビドラマ版も気味が悪くて良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マルボロマン

4.0((((;゜Д゜)))

光陽さん
2019年3月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

怖い

大ブームを巻き起こした日本を代表するホラー映画ですね。
いや~怖かった((((;゜Д゜)))

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
光陽
すべての映画レビューを見る(全30件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る