炎と掟

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「赤い鷹」の井上梅次と立花明が共同でシナリオを執筆、井上梅次が自ら監督した“掟”シリーズ第四作目。撮影は「素敵な今晩わ」の川又昂。

1966年製作/90分/日本
原題:Flame and the Code
配給:松竹

ストーリー

繁華街の駅をはさんで、二組のやくざが対立していた。南口の権田組は観光センターを建設中であり、北口の庄司はエス・エス興業という名のもとに拳闘クラブ、ナイトクラブ等を資金源とする新興やくざ。ある夜、権田観光センターの建設工事現場が何者かによって爆破された。権田をはじめとする、権田組の組員大津や若島らは、これを庄司の仕業とにらみ、殴り込みをかけようといきりたった。が、そこへ権田組でも兄貴株の南条が止めに入った。そしてことの荒立つのを恐れた南条は単身エスエス拳闘ジムへ乗りこむと、庄司の子分野村をしめあげ、爆破が彼の仕業であることを確かめると、その足で庄司の経営するクラブ“白夜”へ出かけた。“白夜”では庄司が、名門の資産家と自称する生活無能力者の宝積にへつらい、娯楽センター建設に一枚かませようとしていた。その前で、南条は野村からとった証文をたてに、庄司につめよった。だが、これを予期していたかのような庄司の好計にかかり、南条は宝積を人質に命からがら“白夜”を脱出した。宝積の邸へ着いた南条は、そこで、宝積の妻小夜子に逢った。意外にも小夜子は、南条の初恋の人であった。心の動揺を押しかくして、南条は逃げるように宝積の邸を去った。が、一方権田の娘ゆかりは、そんな南条に激しい恋情をよせていた。それから数日、権田組に弱味をにぎられた庄司は、仕方なくことの仲裁を関東卍組組長立花に頼んだ。立花は、南条を旅立たせることを条件に、庄司に工事の邪魔をさせない事を誓わせた。南条はことのおさまることを喜び、自ら権田組を出た。それから一年余、賭場から賭場を渡り歩いていた南条は東京に舞いもどった。彼が留守の間に事故死した親分権田の初七日に参列するためにやって来たのだ。が、帰って権田が死んだ情況を探っていく内、南条は、権田は事故死ではなく、庄司に殺されたことを知った。四十九日の権田の法要の日、南条は、庄司や庄司の後で暗躍する立花らと対決した。そして手練の拳銃で二人を倒した南条は、今は金のために結婚した宝積と別れ、新しい恋人有馬と新生活を欧州で送るのを夢見る小夜子の幸福を祈りつつ、かけつけた警官に連れられていくのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る