キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

スティーブン・スピルバーグ監督が、レオナルド・ディカプリオとトム・ハンクスの共演で描いたクライムドラマ。実在の詐欺師フランク・アバグネイルをモデルに、パイロットや医師になりすまして巨額の詐欺を働いた若き天才詐欺師と、彼を追うFBI捜査官が繰り広げる追跡劇を軽妙なタッチで描く。1960年代。高校生のフランクは両親の離婚をきっかけに家を飛び出し、生活のため小切手詐欺に手を染めるがなかなか上手くいかない。ある時、パイロットになりすませば簡単に人を騙せることに気づいた彼は、各地を飛び回りながら小切手の偽造を繰り返すように。やがて、FBIのベテラン捜査官ハンラティが捜査に乗り出す。フランクの父をクリストファー・ウォーケンが演じ、アカデミー助演男優賞にノミネートされた。

2002年製作/141分/アメリカ
原題:Catch Me If You Can
配給:UIP
劇場公開日:2003年3月21日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第60回 ゴールデングローブ賞(2003年)

ノミネート

最優秀主演男優賞(ドラマ) レオナルド・ディカプリオ
詳細情報を表示

インタビュー

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

写真:Everett Collection/アフロ

映画レビュー

不快!!鑑賞者の皆様騙されるな。こんな映画に。

2024年7月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 4件)
マサシ

4.0実話をもとにした天才小切手詐欺師の仰天ストーリー

2024年5月17日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

知的

実話をもとにした映画だったとは衝撃でした。
スティーブン・スピルバーグ監督によるレオナルド・ディカプリオとトム・ハンクスのW共演で描いた映画で、一言で言うと面白かったです。

FBI捜査官カール(トム・ハンクス)と巨額詐欺事件を犯した天才小切手詐欺師の主人公のフランク(レオナルド・ディカプリオ)のアメリカをメインの舞台として展開する鬼ごっこ。
その中で、奇想天外な発想力と行動力で次々、姿を変えて行方をくらましながら展開するストーリに目が離せません。

主人公のフランクが幼少期に経験した両親の離婚の経験が楔となって、愛情を渇望し、本当は人を信頼したいけどまた傷ついてしまうのではという恐怖や寂しさといった感情の機微を安定の演技で表現しています。

最終的には、フランクとカールがお互いの約束を守り、誠実な態度で信頼関係を紡ぎ続けたことで素敵な関係に収まっていったのがよかったです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
鈴木七緒

3.570点

2024年4月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

萌える

映画評価:70点

傑作です!

天才詐欺師と、その天才を愛した捜査官の群像劇。

実話を元にしている為か、
若干無理やり繋げている所や、
唐突な展開が見られるものの
概ね面白いです。

とても実話とは思えない発想に
所々度肝を抜かれますが
詐欺師がちゃんと子どもらしいってのが
伺えてニンマリします。

意外性はそんなにないけど、
ハートフルな作品で私は好きでした。

ご興味あったら是非ご覧下さい!

【2024.4.18観賞】

コメントする (0件)
共感した! 1件)
まぁと@名作探検家

5.0タイトルなし

2024年4月12日
Androidアプリから投稿

笑える

楽しい

興奮

とにかく面白い

コメントする (0件)
共感した! 1件)
さささ