百万人の大合唱

劇場公開日

0%
0%
100%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

市民の力によって東北のシカゴと呼ばれていた暴力の街から東北のウィーンと呼ばれるようになった福島県郡山市で実際にあった、音楽で暴力を追放した事実をもとに、音楽のもつエモーショナルな力と、人間の内在されたエネルギーの凱歌を歌いあげる。秋吉茂の原作を「銭ゲバ」の高畠久が脚本化した。監督は須川栄三。撮影は「喜劇 男の顔は人生よ」の高村倉太郎がそれぞれ担当。

1972年製作/95分/日本
配給:東宝

ストーリー

郡山市の高校音楽教師新田司、レコード店の娘渡部昭子、病院長の宮原、国鉄郡山工場に勤める楠たちのグループが主催する音楽会は、地元の暴力団橋本組に挨拶しなかったことを理由にいやがらせを受け、計画は流れてしまう。同じ頃、新田が顧問をする高校の音楽部員が手にしていたトランペットとホルンが不良少年太田圭介に奪い取られるという事件が起きた。一方、郡山警察署の暴力坦当の黒住、矢部刑事は、東京の大暴力団一心会が郡山に進出するとの情報を掴み、これを阻止することと、地元暴力団橋本組を撲滅する為に、行動を開始した。橋本組も一心会進出に対抗すべく兵力温存と、警察の追求から逃れる為に、圭介に高校生の楽器を返しにやらせた。その頃、大幅な赤字をだした音楽会の反省会が開かれ、新田、昭子宮原、楠らは前回の赤字を埋めるために、より大規模な音楽会を催すことを決定した。数日後新田は研修会に出席するため上京したが、歩行者天国で賑わう池袋の街頭で、山本直純の指揮による合唱と吹奏楽の大合唱に通行人も加わっているのを目撃し、感動した。彼はその足で山本直純に郡山での企画を申し入れ、快諾してもらった。この知らせを受けた昭子たちは喜んだが、それは同時に一心会の郡山進出の口実を与え、橋本組を刺激することになった。やがて山本直純が郡山にやってきたが、橋本組は一心会に殴り込みをかけ、音楽会へのいやがらせも激しさを増してきた。橋本組の手先である圭介は、一度は合唱によって立ち直るかに見えたが、説得する昭子に襲いかかり、これを目撃した街の人たちに追いつめられ、断崖から落ちて死んでしまう。火葬場からの帰り道、新田は、骨箱を持った風俗娘のユカリが“生きているなら”を歌うのを聞いて驚く。生前圭介がよく歌っていたのを聞いて憶えたという。何か新田の心に音楽会への灯が再燃するものがあった。しかし、この事件を境に昭子、宮原、楠も各々の理由で脱落していった。新田は孤立奮闘した。その新田の行動に、朝日新聞郡山支局の茂山記者は、今こそ全市民を挙げて暴力団と対決すべきたというキャンペーンを起こした。“暴力か音楽か。東北のシカゴから東北のウィーンへ”の見出しの記事で街の人たちは立ち上った。昭子も宮原も楠も再び帰ってきた。どの職場でもどの工場でもコーラスが流れ始めた。その頃、一心会は東京から郡山に大量の組員を派遣。橋本組との対決も頂点に達した。黒住、矢部の奔走も空しく市街戦が演じられ、善良な市民が死亡した。郡山市長は、この事態に暴力追放都市を宣言、福山県警の応援を求めて二つの暴力団員を根こそぎ捕縛した。そして音楽会の公民館会場は人で溢ふれた。山本直純の指揮のもと新田も、昭子も、宮原も、男も女も、老人も子供も“生きているなら”を歌う。大合唱は、晴れ渡った秋空に広がっていく。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

映画レビュー

3.0吉田拓郎と山本直純

kossyさん
2018年12月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 いきなり吉田拓郎の登場。「今日までそして明日から」を歌う。この頃はまだギャラも高くなかったのかもしれないし、知名度もイマイチだったのか??

 山本直純の指揮を見て感動した新田は次の音楽会を山本に頼むことにしたのだ。ストーリーの最初から絡んでくる、音楽好きのチンピラ太田圭介(峰岸徹)がかなりの中心になっている。学生からカツアゲで楽器を奪ったり、新田に暴行を加えたりしたが、それでも新田は彼の素直な心を信じ、音楽会に参加させようとしていた。渡部(酒井)も説得しようとしていたが、暴力を加えられそうになり、助けを呼んだ。多くの市民が助けてくれるのだが、加熱しすぎて、逃げようとした太田は転落死してしまう。

 “東北のシカゴ”とまで言われたほど暴力団の抗争が絶えなかった恐怖の町、郡山。それが実際“東北のウィーン”とまで言われるほどになっていく過程を描いた映画で、実話を元にしたストーリーだ。

 最後には大成功を収める市民音楽会。暴力団がやってきても大きな手拍子で追い払ってしまう。それでも、音楽会間近に殺されてしまった町村邦子がうかばれるわけではない・・・というか、余計なエピソードのせいで、どうも盛り上がりに欠けてしまう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る