まことちゃん

劇場公開日:

解説

『週刊少年サンデー』昭和51年16号よりスタートした楳図かずお原作の同名の人気漫画のアニメーション。脚本は城山昇、監督は「がんばれ!! タブチくん!!  激闘ペナントレース」の芝山努、撮影は高橋宏固がそれぞれ担当。

1980年製作/75分/日本
配給:東宝

ストーリー

“よいこ大賞”を取ろうと決意したまことちゃんが、いろいろなことをやるが、それが全て裏目に出て、人々を悩ますハメになる。しかし、最後にはまことちゃんの努力のカイがあって大賞を受賞。天衣無縫のまことちゃんが大人の世界に首をっっこんで引きおこす数々のエピソードをつづる。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

1.5当時はとんだカップルと同時上映だった

2019年12月9日
Androidアプリから投稿

内容はマンガ原作以上でも以下でもなかった。
公開時はまだTVアニメ化もされてなかったと記憶している。
沢田家のまことちゃんをストレートに表現したものの、過度の下品さは抑えられており、アニメ映画化した事でマンガの独特の表現も薄まって、毒にも薬にもならないものだった。
背景だけが妙に凝っていたような気がする。

作品に出てくるビチグソカップとか売ってたが、マグカップの底部分にとぐろを巻いたウ◯チがくっついており、洗う際には大変邪魔な逸品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
うにたん♪(コロナが当たり前の世界)
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る